甲田光雄医師のご意見に対する礒谷公良先生のご意見。

posted in: 礒谷療法・MBM | 0

甲田光雄 磯谷公良

 断食先生、青汁先生として今も、多くの信奉者に敬愛されている甲田光雄医師も、その著書で礒谷療法を何回となく紹介されていらっしゃいます。

 今回は、その甲田先生の本の文章を受けて礒谷公良先生がコメントをしている「予防医学」(鳩の森書房刊 昭和51年版)から要約して紹介します。

『断食療法の科学』(春秋社)で甲田光雄医師が”骨盤矯正法”という項で、礒谷式力学療法を23ページにわたって紹介された。

背骨の局所を処置しても、背骨を支える骨盤、骨盤を支える脚を治してなければ、帰る時には元どうりになっている。
脊柱を支える骨盤を矯正しない限り治療の意味が無い。
さらに、骨盤を支える脚の角度が大切である。

と甲田先生のお話を書かれた後に、礒谷公良先生は、 人体を一つの有機体として(重力下)力学的な視野より、ほとんどの病気の根本原因は、一切究明されているのであるから、この研究を80~90%として、これに対処療法が10~20%総合され研究が進展すれば、難病は一気に解決されて、医学は飛躍的に進展するものと信じている。

 極端に言ってしまえば

『体を整えるのに脚を整えなければ、背骨の矯正も骨盤の矯正も意味が無い』と言うことを言われているのです。

 これは考えてみれば当然なのです。

 傾いた家の屋根や部屋だけ治して、傾いた原因の土台を治さなければ、すぐに元どうりに屋根も部屋も傾いてしまいますよね。

 ただ人間の身体の場合、体の歪みの原因が体を支えている脚⇒股関節と気が付いていない人がほとんどだという事なのです。

礒谷療法は股関節矯正として知られていますが、股関節の角度を矯正するとは、言い方を変えれば脚の筋肉を矯正しているということでもありますから『土台(脚・股関節)を真っ直ぐにして基礎にあたる骨盤を真っ直ぐにして、大黒柱である背骨を垂直にするから根本療法なのです』

 したがって礒谷療法の適応は、すべての痛みや疾患になるのですが、特に当所では体に起こる左右差の問題、側弯症等の体の歪みはもちろん、偏頭痛や硬めの視力低下、斜視、片側に起こるしつこい肩こり、また歩行の問題、麻痺歩行、原因不明の歩きにくさには特に力を入れて取り組んでいます。

 是非、体の不調を根本から治しましょう。

 礒谷式力学療法を日々研究、臨床している整体院  杉並区・西荻窪  鴨下療法所

Even after he died as a fasting teacher and aojiru teacher, he is still loved by many followers Dr. Mitsuo Koda has also introduced Isogai therapy several times in his book.

This time, I will introduce a summary from “Preventive Medicine” (published by Hatonomori Shobo, 1976 edition), which Dr. Kimiyoshi Isogai commented on in response to the text of Dr. Koda’s book.

In “Science of Fasting Therapy” (Shunjusha Publishing), Dr. Mitsuo Koda introduced Isotani-style mechanics therapy over 23 pages in the section “Pelvic correction method”.

Even if the local area of ​​the spine is treated, if the pelvis that supports the spine and the legs that support the pelvis are not healed, it will be restored when returning.
There is no point in treatment unless the pelvis that supports the spinal column is corrected.
In addition, the angle of the legs that support the pelvis is important.

After writing the story of Dr. Koda, Dr. Kimiyoshi Isogai has investigated the root causes of most diseases from a mechanical perspective (under gravity) with the human body as one organism. I believe that if this research is 80 to 90% and symptomatic treatment is integrated by 10 to 20% and the research progresses, intractable diseases will be solved at once and medicine will progress dramatically.

To put it in the extreme

It is said that if you do not prepare your legs to prepare your body, there is no point in correcting your spine or pelvis.

This is natural when you think about it.

If you do not cure only the roof and room of the tilted house and the foundation of the root cause, the roof and room will soon tilt as before.

Isogai therapy is known as hip joint correction, but correcting the angle of the hip joint is, in other words, correcting the muscles of the legs, so it is a radical therapy.

Therefore, the indication of Isogai therapy is for all pains and illnesses, but especially in our place, not only the problem of laterality that occurs in the body, body distortion such as scoliosis, but also migraine, stiff vision loss, strabismus, etc. We are particularly focused on persistent stiff shoulders that occur on one side, walking problems, paralyzed walking, and unexplained difficulty walking.

By all means, let’s cure the physical condition from the ground up.

A manipulative clinic that conducts daily research and clinical practice of Isogai-type mechanics therapy Kamoshita Therapy Center, Nishiogikubo, Suginami-ku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。