その痛みや病気は年のせいではありません。 不調には理由が有ります!! 健康で楽しく暮らすことが出来る2つの重要なポイント!!  ①バランスがいいこと・・・左右の脚の長さがそろい骨盤が水平で背骨が垂直であること。 このことにより血流がよくなり、神経の圧迫が取り除かれます。  ②脚の筋肉が強いこと・・・骨盤の水平を支えるためには、脚の筋肉がしっかりしていること。  『老化は脚から』、『転んで何日か寝ていたら痴呆が始まってしまった』よく聞きませんか? これは本当のことです。 脚の筋肉をバランスよく鍛えることは体温を上げて、免疫力も高めます。 70年の歴史が有るイソガイ療法をベースにした当院ではこの健康で暮らす2大ポイントを手に入れてきちんとした歩きを手に入れることが出来ます!  

エキテンにも掲載中です。

診療時間      月~土曜  AM9:00~PM7:00
定休日  日曜・祝日

8月1,2,3日は夏季休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

 

TEL 03-5938-7713

たいへん申し訳ありませんが、施術中など、お電話にでれない時があります、少し長く呼び出していただきますか、少しお時間をずらしておかけくださいますようにお願いいたします。

スライドショーには JavaScript が必要です。

『脚に長短差や痛みがある、麻痺が有る、歩行を改善したい・びっこを矯正したい(不適当な表現申し訳ありませんが、跛行・はこうという言葉自体が一般的に使われないもので)』

『 変形性股関節症・臼蓋形成不全・ペルテス氏病・先天性股関節脱臼を手術しないで一生保存したい、そのために痛みを取りたい。 歩行を改善したい。 長短差を少しでも解消したい』

『その場限り痛みを取り除く、一時的に症状を軽くするなどではなく、問題を根本から解消したい』

『側弯症を根本から治したい。 コルセット治療に疑問がある。 手術はしたくない。』

ピンピンころり、を理想とされている方。 寝たきりになりたくない方。 歩きが大事なのはわかるから、きちんとした歩き方を学びたい』

『病院や整骨院に通っても、薬を飲んでも変わらない痛みや症状・年齢のせいだからと言われた症状。 また、痛い時に通うのではなく、痛みが出ない体にしたい方』

『身体のあっちこっちに症状が有り、どこへ相談していいのか分からない・原因がわからない慢性的な症状を改善したい』

 歩行困難、背骨の側弯は股関節の角度の左右差が大きいという共通の問題点があります。
その差は身体の使い方のクセや歩き方などで、ますます大きくなってしまいます。

ですから、股関節を整えることにより骨盤を水平に背骨を垂直にし、身体の使い方を修正していく事で、痛み、疾患を根本から解決いたします。

当院で行う調整は根本療法・股関節矯正として70年200万例の歴史と実績がある 世界一の礒谷式力学療法(イソガイシキリキガクリョウホウ)を中心にしておりますので、部分的なその場しのぎの治療ではなく、お身体全体を根本から整える調整をお一人お一人の症状に合わせて行い、健康の維持の仕方まで一貫してご指導させていただきます。

イソガイ療法の適応はすべての疾患に及びますが、当院では特に変形性股関節症、臼蓋形成不全、股関節先天脱臼、ペルテス氏病などの股関節疾患、ビッコ(跛行)、側弯症などの矯正治療に特に力を入れております。

2013年には早稲田大学人間科学科の鈴木秀司先生研究室にて共同研究を行い、理論の科学的証明にも力を入れて、国内の仲間やドイツの治療家とともにより良い治療を研究しています。

院長は上記のイソガイ療法を礒谷療法総本部で12年以上経験を積み、薬の登録販売者の資格も取得しておりますので、薬やサプリメント、栄養学、様々な民間療法などのアドバイスも調整と合わせてさせて頂いております。
 色々な治療を続けてもその時だけしか変化しない症状、検査をしても原因が分からない、いわゆる不定愁訴のお悩み、慢性的な症状等も根本から改善したい。 問題の原因を理解して自分で自分の健康を管理できるようになりたい。そういう方々にもお奨めの療法です。 

ご家族様・ご友人2名様、3名様でも同時に矯正させて頂けます。  右の方はマットによるストレッチ中、左の方は股関節の矯正をお受けいただいている所です。

ご家族様・ご友人2名様、3名様でも同時に矯正させて頂けます。  右の方はマットによるストレッチ中、左の方は股関節の矯正をお受けいただいている所です。

吉祥寺での健康セミナーの風景です。 座り方のレクチャー中

吉祥寺での健康セミナーの風景です。 座り方のレチャー中

早稲田大学人間科学科での研究協力で、背骨の湾曲度をスパイナルマウスでチェックを受けるイエンツ先生

早稲田大学人間科学科での研究協力で、背骨の湾曲度をスパイナルマウスでチェックを受けるイエンツ先生

早稲田大学人間科学科鈴木教授の研究室で、中央は鈴木教授、その右となりドイツで治療院をやられている友人のイエンツ先生、右はし私です。

早稲田大学人間科学科鈴木教授の研究室で、中央は鈴木教授、その右となりドイツで治療院をやられている友人のイエンツ先生、右は私です。

脚の開きすぎにご注意を! 開きすぎにお勧めの4大運動

私はこのブログでも再三この脚の開きすぎ、股関節の開きすぎの弊害を書いてきました。
ヨガや自彊術が始まった当時の人たちに比べて、現代の私たちは脚力特に内モモの筋肉が弱っていますから、開いてしまった股関節を支えきれなくなりどうしても猫背になり様々な問題が出てしまうのです。

そして、これを言い表している名文を見つけました。

『脚のつけ根のぐらぐらしたテーブルは、そのゆるみ度に比例して机上の水平保持が困難である』

続きを読む

今明かされる院長の過去?…・飲尿療法

私は自分が体験しないと物事を信じれないたちなので、色々な治療法などを実体験してきましたが、その中からのご紹介となります。

もうずいぶん前のことですが、私がネパールに行った時のことです。

オーストラリアでお世話になったパディントンマーケットで有名な日本人、ケンタ師匠にネパールに行ったら自分の義兄弟がいるから尋ねるといいよと紹介された方のところによらさせてもらいました。 続きを読む

先天性股関節脱臼だったら、痛み無くとも今から是非!!

股関節

生まれた時に股関節が脱臼している状態を先天性股関節脱臼と呼びます。
生後3か月検診頃に、赤ちゃんの股関節と膝の間のしわなどを見たり、動きを見て股関節がきちんとはまっているかを確認しますが、その時に発見されることが多く、この時期の発見ですと装具を付けて股関節を開く状態を続けて整復します。

この脱臼は、脚を無理に引っ張ったり、寝かせ方が悪かったり、先天的に臼蓋形成不全があったりすることにより起こります。 続きを読む

腱鞘炎、ばね指、へバーデン結節などの原因と治療。

手の指の第一関節に起こります。 

手の指の第一関節に起こります。

腱鞘炎、ばね指、へバーデン結節、プジャール結節、握力減退これらは肩関節の前方転移、つまり前肩から起こってきます。

そして前肩は多くの場合猫背とセットになっています。 続きを読む

Q&A ある整体の先生が、背骨はねじらないと元に戻らないと言っていたけどどう思います?

 確かに、体が歪んだなと思うときに、体全体にねじりを加えるヨガのポーズなどは気持ちがいいし、背骨がポキッと言うと整った感もあり気持ちいいですよね。

 しかし、考えてみてください。

 背骨はなぜねじれたのでしょう?

 体をねじって使ったからですか? 自然にねじれてしまったんでしょうか? 続きを読む

さる腕の矯正方法

典型的なさる腕です。

典型的なさる腕です。

 『さる腕』!!
 これは腕を前方に伸ばした時に両腕と体でできる二等辺三角形が崩れて肘がくっついている状態の腕のことですが、この『さる腕』は多くの場合、前肩により肘から上の上腕が内にねじれ、肘から下の前腕に外ねじれがある状態なのです。

 最近は若い女子に多くみられますよね。
 これはあまり重たいものを運ぶなどの労働をしなくなっていることと、姿勢が悪くなっていることによるのではないでしょうか。

 一度なってしまうと完全に治すというのは難しいのですが、少なくとも状態が悪くならないようにするのは、特に若い方には大事だと思います。

 その理由①

 例えばテニスをした時に、フラットな面を作るために肘を持ち上げないといけないために、肘でねじるような打ち方をしてテニス肘になってしまうのですが、これはゴルフ肘、野球肘でも同様です。

その理由②

 肘の先、前腕を曲げるために使う筋肉に常に引っ張られた緊張が有るために、そのつながりである指を曲げる筋肉などにも緊張が生じることにより、腱鞘炎、手根管症候群、ばね指、へバーデン結節、プジャール結節が起こりやすい。

特に授乳中のお母さんは重たい赤ちゃんを胸の前で抱っこする時に肩は前に出るし、手のひらが上を向くので、ねじれがよりきつくなり腱鞘炎を起こしやすくなってしまう。

また高齢者の方は指を曲げる緊張が強くなり、親指が手のひら側にひきつけられるように盛り上がり動きが悪くなる。

 その理由③

 握力が弱くなるのでビンの蓋を開けたりする生活の仕事に支障が出てしまう。

さる腕のねじれを取り除いていくためには、肩を引くこと、肩を引くためには背筋を伸ばすこと、背筋を伸ばすためには股関節を開かないように習慣付け、当院指導の体操などに取り組むことです。

 

腰枕大臣!?

バスタオルやシーツなど使わなくなったきれを丸めて、いっちょ上がり!!

バスタオルやシーツなど使わなくなったきれを丸めて、いっちょ上がり!!

中〇式より、効きますよ~。 瀬戸物正で4面使えるので、1面当たりかなりお得(笑)

中〇式より、効きますよ~。 瀬戸物正で4面使えるので、1面当たりかなりお得(笑)

先日、変形性股関節症の保存療法をく続けていらっしゃる患者様が、「私は家では腰枕大臣って呼ばれているのよ」と面白いことを言われますので
「どうしてですか?」とお尋ねすると・・・

「私、古いおタオルを丸めた腰枕たくさん作って、リビング、ダイニング、寝室、車とおいてるから、家族からそう呼ばれるの」との事でした。

さすが!!

長く続けているので姿勢が悪くなる=股関節の調子が悪くなる、と言う法則をきちんとご理解されて、実践されているんですね。 続きを読む