『脚・足は万病の元』・『老化は脚から』と『骨盤・背骨の歪み』この両方を根本解決できるのは股関節のみ!!股関節・骨盤矯正、それを維持する為の体操、生活習慣のアドバイス、歩行指導をトータルサポート。 股関節、膝関節、ビッコのトラブルお任せください。 

・脚や足の問題。 とくに股関節、鼠蹊部、膝に、痛み、麻痺が有る、歩行を改善したい・びっこ(不適当な表現で大変申し訳ありませんが、跛行・はこうという言葉自体が一般的に使われないもので)を矯正したい方。

問題はあるのに原因不明と言われ、色々な治療も効果が無いという方。

 変形性股関節症・臼蓋形成不全・ペルテス氏病・先天性股関節脱臼・尖足を手術しないで一生保存したい、そのために痛みを取りたい。 脳梗塞の後遺障害である歩行を改善したい、長短差を少しでも解消したい方に特にお勧めいたします。

今までどこに通っても改善しなかった症状・痛みを根本から改善するためのプログラムと理論が有ります。

脚の痛みや症状は将来寝たきりになってしまうのでは無いかと言う心配が起こります。

『老化は脚から』、『転んで少し寝ていたら痴呆が始まってしまった』よく聞く話ですが、これは事実です。

70年の歴史がある股関節療法であるイソガイ療法をベースにしたオリジナル治療でこの健康で暮らす2大ポイントを手に入れて、きちんとした歩きを手に入れましょう。

エキテンにも掲載中です。

診療時間      月~土曜  AM9:00~PM7:00
定休日  日曜・祝日

 
続きを読む

脊柱管狭窄症に見る、その問題を作ったのは・・・②

がに股ソトマタ

右の人は『がに股(がに股)』城嶋リーダー、さまぁーずのお二人など。 左の人はそと股(ソトマタ)女性やスポーツマンに多いですね。 足先は開いているが膝は開いていません。

前回は、脊柱管狭窄症の問題を作ったのは姿勢であると書きましたが、その姿勢とも密接な関係があるのが歩行です。

姿勢と歩行は、鶏と卵どちらが先か?と同様な関係にあります。 続きを読む

脊柱管狭窄症に見る、その問題を作ったのは・・・ ①

2脊柱管狭窄
病気や痛みを作ってしまった根本的な問題は何でしょう?

脊柱管狭窄症を例にとってみましょう。 続きを読む

ランニング

10410000203
ランニングをする方はどんどん増えている感じですね。
私が通勤で通り抜けてくる公園でも週末となるとたくさんのランナーが走っています。
ただ、当院でもそうしたランニングで体にダメージを受けていらっしゃる方々が絶えません。
続きを読む

城嶋リ~ダ~!!早く来て~!!

城嶋リーダー

私は長年の『鉄腕ダッシュ』ファンです。
自給自足にあこがれもあるので、ダッシュ村、ダッシュ島は大変楽しみにしています。

そこで気になるのが、城嶋リーダーのふけっぷりです。 続きを読む

変形性椎間疾患・・・・原因は加齢?

腰痛
一般的に背骨の腰周辺の椎間板関連の故障による痛みを発症する、と言われている変形性椎間疾患。
お医者さんでは、まず「加齢によるものですね、治ることはないのでうまく付き合っていきましょう」等と言われるようですね。 続きを読む

暑くて外を歩けない~、と言う時こそ室内で屈伸!

P1010567
熱中症には、水だけ取っていればいい、と言うわけではないと何回も書いてきましたが、その問題の本質は代謝の異常なのですから、やはり食事、水分、睡眠等と同時に運動も必要です。

とは言え、この暑さの中でご高齢の方など無理に歩いたりしたら、それこそ熱中症になってしまいかねませんよね。

しかし、老化は脚からと言う通り、歩かないとてきめんに足の筋肉は弱くなってしまうのもまた事実なのです。

ではどうすればいいのか? 続きを読む

姿勢と疾患との関係・・・夏目漱石の場合

夏目

皆がしっいる文豪、夏目漱石の、これまた有名な写真ですね。
右を見てます。

多分この格好が、ご自分で一番リラックスできる格好ではなかったのかな?と推測されますが、バランス的に見ると、思いっきり右重心なのがお分かりになりますか? 続きを読む