その痛みや病気は年のせいではありません。 不調には理由が有ります!! 健康で楽しく暮らすことが出来る2つの重要なポイント!!  ①バランスがいいこと・・・左右の脚の長さがそろい骨盤が水平で背骨が垂直であること。 このことにより血流がよくなり、神経の圧迫が取り除かれます。  ②脚の筋肉が強いこと・・・骨盤の水平を支えるためには、脚の筋肉がしっかりしていること。  『老化は脚から』、『転んで何日か寝ていたら痴呆が始まってしまった』よく聞きませんか? これは本当のことです。 脚の筋肉をバランスよく鍛えることは体温を上げて、免疫力も高めます。 70年の歴史が有るイソガイ療法をベースにした当院ではこの健康で暮らす2大ポイントを手に入れてきちんとした歩きを手に入れることが出来ます!  

エキテンにも掲載中です。

診療時間      月~土曜  AM9:00~PM7:00
定休日  日曜・祝日

 

TEL 03-5938-7713

たいへん申し訳ありませんが、施術中など、お電話にでれない時があります、少し長く呼び出していただきますか、少しお時間をずらしておかけくださいますようにお願いいたします。

スライドショーには JavaScript が必要です。

『脚に長短差や痛みがある、麻痺が有る、歩行を改善したい・びっこを矯正したい(不適当な表現申し訳ありませんが、跛行・はこうという言葉自体が一般的に使われないもので)』

『 変形性股関節症・臼蓋形成不全・ペルテス氏病・先天性股関節脱臼を手術しないで一生保存したい、そのために痛みを取りたい。 歩行を改善したい。 長短差を少しでも解消したい』

『その場限り痛みを取り除く、一時的に症状を軽くするなどではなく、問題を根本から解消したい』

『側弯症を根本から治したい。 コルセット治療に疑問がある。 手術はしたくない。』

ピンピンころり、を理想とされている方。 寝たきりになりたくない方。 歩きが大事なのはわかるから、きちんとした歩き方を学びたい』

『病院や整骨院に通っても、薬を飲んでも変わらない痛みや症状・年齢のせいだからと言われた症状。 また、痛い時に通うのではなく、痛みが出ない体にしたい方』

『身体のあっちこっちに症状が有り、どこへ相談していいのか分からない・原因がわからない慢性的な症状を改善したい』

 歩行困難、背骨の側弯は股関節の角度の左右差が大きいという共通の問題点があります。
その差は身体の使い方のクセや歩き方などで、ますます大きくなってしまいます。

ですから、股関節を整えることにより骨盤を水平に背骨を垂直にし、身体の使い方を修正していく事で、痛み、疾患を根本から解決いたします。

当院で行う調整は根本療法・股関節矯正として70年200万例の歴史と実績がある 世界一の礒谷式力学療法(イソガイシキリキガクリョウホウ)を中心にしておりますので、部分的なその場しのぎの治療ではなく、お身体全体を根本から整える調整をお一人お一人の症状に合わせて行い、健康の維持の仕方まで一貫してご指導させていただきます。

イソガイ療法の適応はすべての疾患に及びますが、当院では特に変形性股関節症、臼蓋形成不全、股関節先天脱臼、ペルテス氏病などの股関節疾患、ビッコ(跛行)、側弯症などの矯正治療に特に力を入れております。

2013年には早稲田大学人間科学科の鈴木秀司先生研究室にて共同研究を行い、理論の科学的証明にも力を入れて、国内の仲間やドイツの治療家とともにより良い治療を研究しています。

院長は上記のイソガイ療法を礒谷療法総本部で12年以上経験を積み、薬の登録販売者の資格も取得しておりますので、薬やサプリメント、栄養学、様々な民間療法などのアドバイスも調整と合わせてさせて頂いております。
 色々な治療を続けてもその時だけしか変化しない症状、検査をしても原因が分からない、いわゆる不定愁訴のお悩み、慢性的な症状等も根本から改善したい。 問題の原因を理解して自分で自分の健康を管理できるようになりたい。そういう方々にもお奨めの療法です。 

P1010320
半月板損傷の痛みが少しづつやわらいでいらっしゃる、T様
ゴルフから帰ってきたら膝が痛くてたまらなくなりお医者さんに行くと、半月板損傷と診断されました。 治療は痛み止めの薬と湿布の処方、3万円のサポーターを勧められたけどあまり意味を感じなかったので、こちらで治療をしてもらうことに。 現在3回目で痛みはかなり軽減してきました。 一時は手術を考えましたが、手術なしで何とかいけそうです。
P1010321
臼蓋形成不全、変形性股関節症の保存治療中のR・T様 障害手術なしで保存するおつもりです。
毎日きちんと体操、日常生活のルールを守り痛み無く生活しております。
調子がいいと脚の長短差も全く感じずに過ごしておりますが、時々長短を感じてしまいますので、これからもしっかりと続けていくつもりです。
こちらのR・T様の歩行を動画でご覧になれます。

ご家族様・ご友人2名様、3名様でも同時に矯正させて頂けます。  右の方はマットによるストレッチ中、左の方は股関節の矯正をお受けいただいている所です。

ご家族様・ご友人2名様、3名様でも同時に矯正させて頂けます。  右の方はマットによるストレッチ中、左の方は股関節の矯正をお受けいただいている所です。

吉祥寺での健康セミナーの風景です。 座り方のレクチャー中

吉祥寺での健康セミナーの風景です。 座り方のレチャー中

早稲田大学人間科学科での研究協力で、背骨の湾曲度をスパイナルマウスでチェックを受けるイエンツ先生

早稲田大学人間科学科での研究協力で、背骨の湾曲度をスパイナルマウスでチェックを受けるイエンツ先生

早稲田大学人間科学科鈴木教授の研究室で、中央は鈴木教授、その右となりドイツで治療院をやられている友人のイエンツ先生、右はし私です。

早稲田大学人間科学科鈴木教授の研究室で、中央は鈴木教授、その右となりドイツで治療院をやられている友人のイエンツ先生、右は私です。

仰向けで寝て、自分の頭が持ち上げられない。

このように仰向けで寝て、自分の頭を持ち上げる事ができますか?

このように仰向けで寝て、自分の頭を持ち上げる事ができますか?

筋肉の働きの大事な特徴として、『今、休んでいる筋肉が次の瞬間に使える』と言うものが有ります。
ですから、普段から身体のすみずみの筋肉までしっかり緩めておくことが身体の動きにとって非常に大事になるのです。 続きを読む

噛むことの必要性。

よく噛まなくちゃと思うんですが、なくなっちゃうんですよね~ (-_-;) 

よく噛まなくちゃと思うんですが、なくなっちゃうんですよね~ (-_-;)

先日オーストラリアの友人から聞いた話ですが、「オーストラリアで虫歯になって歯医者さんに行ったら、日本人は顎が弱すぎる! 豆腐や刺身しか食べないからじゃないか?もっと硬いものも噛むように!」と言われたそうです。

歯を抑える歯茎が弱いから歯周病なども多くなってしまうということらしいです。 続きを読む

開脚ダイエット…これは危ないです。

 

きれいな開脚ですね。 でもそれだけではなく内転筋を鍛えましょう。

きれいな開脚ですね。 でもそれだけではなく内転筋を鍛えましょう。

最近開脚をすると痩せるという危ない方法が紹介されています。

 何が危ないのか?

 開脚をすればするほど猫背になるからです。

 以前習いに行ったヨガの先生も、アーサナ(ポーズ)を行っているときはとても柔軟で美しいのですが休み時間おしゃべりをしている時には骨盤が寝て、思いっきり猫背でした。 続きを読む

ドイツの方の宴会は立ちッパ?

 

コンビニの前とか、道とかとにかく座ってしまう。 脚力が弱いんですね。

コンビニの前とか、道とかとにかく座ってしまう。 脚力が弱いんですね。

これも先日患者様からお伺いしたお話です。

 会社関係でドイツ系の会社の宴会(と言うよりパーティーでしょうか)に行かれた時に、ほとんど一晩中座らずに立って歓談されていてビックリした、とお聞きしました。 続きを読む

年齢とともに広がる股関節!?

どちらの国の方でしょう? さすがに筋肉がしっかりしていらっしゃいますね。 でも一番左の方以外はみなさん骨盤後傾です。 スカートで脚が開くのがガードされていますね。

どちらの国の方でしょう? さすがに筋肉がしっかりしていらっしゃいますね。 でも一番左の方以外はみなさん骨盤後傾です。 スカートで脚が開くのがガードされていますね。

 先日ある患者様が「私は通勤に女性専用車両使うんだけど、いつも座っている前の人の座り方が気になって見ていて気が付いたんだけど、高齢になるほど、肥満になるほど脚は開いてくるもんですね」とお話しくださいました。

 これは、確かにその通りです。 続きを読む

下に落ちたものを拾うときに膝が開くように・・・・(T_T)

O脚無料写真で検索していたら、衝撃的な写真が! 真ん中の子がO脚の進んだ状態です。 良く見かけますよね?

O脚無料写真で検索していたら、衝撃的な写真が! 真ん中の子がO脚の進んだ状態です。 良く見かけますよね?

先日患者様の若い女性の方に、「モモの外側の筋肉が内側の筋肉より強い人を内ではO脚って呼ぶんですよ」と股関節の説明をさせていただいていたところ、「あ! 最近下のものを取ろうと思って身をかがめた時に膝が開いていて、お母さんやおばちゃんと同じになっちゃったと思った。 かっこ悪いな~と思ってたのに自分も同じになってると気がついた」と言われました。

そうなんです。
それがO脚なんです。 続きを読む

脊柱管狭窄症の治療。

 脊柱管とは背骨の中にある神経の通り道の空洞のことで、その空洞が狭まり神経を圧迫する症状を脊柱管狭窄症と言います。

 神経が圧迫されますから痛み、しびれが歩いていると出てきて、少し休むと治りまた歩けることから間欠歩行がその特徴と言われています。

 結局、ヘルニアやぎっくり腰などと同様に股関節がずれ、骨盤が歪み、背骨が曲がった結果であるというところにあまり差は無いように私は思いますが・・・・ 続きを読む