あきらめていた健康問題を解決できるのは、あなただけ。

posted in: 礒谷療法・MBM | 0

礒谷式力学療法 西荻窪 整体院 根本療法 リュウマチ 変形性股関節症 股関節脱臼 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア 
 私は疾患、特に慢性的な疾患に関しては基本的には生活習慣を改める必要があると思います。

 その生活習慣も様々ありますが、まずは体の歪みが大問題ですが、歪みは椅子の座り方や歩き方の習慣により筋肉の偏りが生じるのです。

 そして歪んだ体は悪い姿勢を作ります。
 その最たるものが猫背ですが、猫背は腰痛、肩こりから始まり、呼吸も浅くなりますし、血流も悪くなり、体をコントロールしている神経の圧迫はあらゆる病気の根本原因となるのですから、まず体を整える必要があります。

 私が施術の中心にしている礒谷式力学療法は、まさにこの体を整えるという事を根本から行うわけですが、礒谷公良先生の本を見ると「え、こんな症状や疾患まで良くなっちゃうの!?」と驚きを禁じえません。

 昭和52年には鳩の森書房から刊行された「難病克服への道という本には患者様ご本人の手記とともに紹介されている症例では・・・

 腰の病・・・・・・・激痛に耐えかね死をも覚悟     椎間板ヘルニア
           一生治らないと宣告されたが    腰椎分離症
           駅の階段も楽に昇降        腰椎分離症

 消化器系の病気・・・・便秘と下痢の毎日         胃腸障害 不眠症 変形性腰痛症
            重症も矯正運動で克服       糖尿病 肝臓病 腎臓病
            一日中爽快な気分         痔 膀胱炎 冷え性

 小児マヒや喘息など・・歩行に心配なくなる        脳性小児まひ 外反足 独歩不能
            毎晩眠れぬ夜の繰り返し      小児喘息 呼吸器疾患
            早産で生まれた未熟児だったが   脳性小児まひ 両足内反足・尖足 アキレス腱の緊張

 股関節の病・・・・・・生まれつきの脱臼だった      先天性股関節脱臼
            真夏でも冬の靴下が必要      両側変形性股関節症 股関節脱臼
            運動会で無事完走         左ペルテス氏病
            出歩くことが楽しくなった     股関節人工骨頭 変形性膝関節症

 足の病・・・・・・・・膝に水がたまり始めた       左膝関節炎 
            突然のしびれから腰がのびず    坐骨神経痛
            腰に大きなこぶができ       坐骨神経痛

 全身の病・・・・・・・口がもつれるようになって     脳溢血による左半身不随 歩行障害 高血圧症
            耳鳴りから心臓発作へ      心筋梗塞 肩こり 頭痛 耳鳴り 眼精疲労 歯槽膿漏
            お茶碗も持てなく苦痛の日々    多発性リュウマチ(膠原病)
            家事仕事が苦も無く出来るように  更年期障害 子宮筋腫 卵巣嚢腫
            廃人同様からよみがえる      低血圧症 発汗不能 不定愁訴
            病院の検査では異常なかったが   むち打ち後遺症 自律神経失調症

左側の見出しの文章は患者様がご自分で書かれた手記の表題と、右側が良くなった症状ですが、本ではこの手記に対して先生が「治療日誌」としてコメントを書かれています。

 なぜ、その問題が起きてしまったのか?
 それをどのように改善させたか。

 簡単に言ってしまえば、『股関節角度を調節し骨盤を水平にすることにより、背骨を真っすぐにした』これに尽きるのです。

 そして、どの症例でも患者様も必死に努力した結果だと分かります。

 つまり股関節が安定するまで、しっかりと座り方、歩き方に気を付けて生活習慣を改め、矯正体操などに努めて初めてこうした重度な症状も改善するのです。

 言ってみれば矯正を行う施術者と患者様との二人左脚で改善していくのです。
 体を壊すも治すも自分次第!というわけです。
 
 だって、想像してみてください。
 施術者に骨盤を水平にしてもらっても、帰りの電車で足を組んで1時間座っていたら・・・。

 自分で問題が解決できる礒谷式力学療法ベースの整体院    杉並区・西荻窪  鴨下療法所

 
 

 
       

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。