陸上競技と心臓トラブルの深い関係・・・解説編①

心臓発作 狭心症 不整脈 陸上競技 西荻窪 整体
 前回、陸上競技でトラックを左回りに回ると内輪差、外輪差の関係で右骨盤が前方へ出てしまい右脚が長くなることにより背骨が左に弯曲し、心臓が右によるという説明をしました。

 今回は、これらに少し補足説明をいたします。

 『トラックを左回りに回り右の骨盤が前に出る』これは話としては理解しやすいと思いますが、右骨盤が前に出るという概念は一般の方にはあまりなじみがないかもしれませんが、陸上競技をされている、されていた女性ならこんな経験はないでしょうか?

 『スカートが左に回る』
 スカートが回る スカートが左に回る 陸上競技 心臓病 西荻窪 整体院

 どうですか?

 ズボンだと固定されて回ることはありませんが、スカートは回ります!

 これも骨盤の右前方転移により引き起こされる現象です。

 

 もう一つ。
 『シャツを着る時、リュックを肩にかける時、左腕から腕を入れないとやりずらい』
陸上競技 循環器疾患 西荻窪 整体院

 これも、右骨盤が前方に出ることにより背骨が捻じれた結果左肩が前に出ているから、シャツなど先に右腕から着てしまうと左腕を後ろに回す事が難儀になってしまっている状態なのです。

 
 さらに、右脚が長くなる右骨盤高位により起こる背骨の側弯では右肩が下がりやすいので、肩掛けかばんを右の肩にかけるとずり落ちるという事が同時に起こっているという状態ですと背骨の側弯+捻じれが起こっている状態となるので体の歪みが進んだ状態と言えます。

 また単純に椅子に座った時に右の膝が前に出る、無意識で立っているときに右足が前に出ている、という状態も左右差の表れです。

 まずはご自分の動作など上記のようなポイントで確認してみてください。

陸上競技 心臓 野球 西荻窪 整体院

 長くなりましたので今回はここまでです、次回をお楽しみに。
  

 背骨の捻じれを元から治せる礒谷式力学療法の整体院  杉並区・西荻窪  鴨下療法所

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。