コルセット、腰痛ベルト、姿勢矯正器具、ちょっと待った!!

posted in: 腰痛 | 0

腰痛ベルト コルセット 姿勢矯正器具 腰痛 側弯症 
 私も以前は腰痛持ちでしたので、仕事に行く時、家庭菜園をやる時に腰痛ベルトを使用していた時もありました。

 痛い個所は、骨がずれたり筋肉が痛んでいる箇所ですから、そこを動かなくすれば痛みは無くなるか、軽くなります。

 痛くてもどうしても行わなければいけない仕事、運ばなくてはいけない荷物、そうした時に腰痛ベルトなど一次的に使用する事には何の問題もありません、と言うか使った方が良い時もあると思います。

 

しかし、腰痛ベルトなどを恒常的に、ずっと使う事は大変危険です。

 それは、忘れがちですが、私たちは重力の中で生活しているからなのです。

 重力の中で自分の体を支えて生活する為には骨格を支える骨格筋が必要になるのですが、コルセット、腰痛ベルト、一部の姿勢矯正具の使用は、その骨格筋の働きを奪い、筋肉を弱めてしまうからです。

 そしてさらに、骨盤に左右の高低差があれば、背骨にも当然左右の弯曲が生じるのですが、その弯曲が起きている箇所をコルセットなどでそこだけ真っ直ぐにすれば、そこで起こるべき歪みはコルセットのかかっていない箇所でつじつまを合わせるために弯曲はひどくなってしまいます。

 

結論は・・・

 腰痛ベルト、コルセット、姿勢矯正の一部の器具の使用は、痛いけど動かなくてはいけない一時的なものにとどめる事!

 腰痛などのトラブルは対処療法ではなく、きちんと根本から治す事!

 ですね。

 腰痛、側弯症を根本から治せる礒谷式力学療法ベースの整体院 杉並区・西荻窪 鴨下療法所 
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。