見切り千両・・・治療を続けるかどうかはいつ決める?

posted in: お知らせ | 0

 治療の止め時 治療の効果 西荻窪整体
 ギャンブルなどではよく「見切り千両」などと言います。

 調子がいい時はいいのですが、不調の時には熱くなり止め時を逃し負けを大きくしてしまう戒めの格言ですよね。

体の不調に対する治療に関しても、この言葉は当てはまると思います。

 歩行麻痺で現在も通院中の方は、当所に来られる前に整形外科のリハビリに1年、接骨院に2年通われて、だんだんと悪化をしてから来ていただいています。

 あと2年早く来ていただいていたらいや1年でも・・・、回復も早かったのにと思いますが、後の祭りで言っても仕方がないことではありますが・・。

 しかし、反対に1回、2回の治療で自分には向かないやと思ってしまうことも反対にチャンスを逃がすことになりかねません。

 慢性化した状態、体がひどくゆがんだ状態で長く過ごされた方は、1~数回の治療ではかばかしい変化が出るケースばかりではありません。

 都度の変化は微々たるものかもしれませんが、なるべくセンシティビティーを上げ、ちょっとの変化も見逃さないように気を付けて、少し楽になったかな?少し痛みが減ったかな?なんとなく気分がいいかな?というようなプラスの感じが少しでも有れば様子を見ながら続けてもいいのではないかと思います。

 もしくは、その治療の理論に納得がいっている場合は少なくても3回は様子を見てみるといいと思います。

 そして、その3回での変化がさらにいいようであれば10回ぐらいは、なるべく間を開けずに様子を見るのがいいのではないかと思います。

 慢性的な症状でも10回続ければ、メインで困っている症状の改善がなくても、何等か体にいい変化が出てくると思います。ただ、10回でも日時に長く間が空きすぎると積み上げができないので、特に慢性症状の方には変化が出なくなる恐れがあると思います。

 また、状態に対するきちんとした説明もない、変化も感じないのであれば1回で十分だと思います。

まとめてみますね。

  1.   問題の原因や治療法の理論・説明や方法、結果に全くぴんと来ない・・・  1回でやめ 
  2.   自身の問題が慢性的で①をクリアーしていれば・・・3~10回あまり治療の間隔を開けずに通い判断
  3.   少しづつでも改善が積み上がる感じがあれば・・・続ける

 こんな感じではないでしょうか?効果がないだけならまだしも悪化させてしまうような治療を続けると、その後のフォローも非常に困難になることさえありますから、ぜひ注意して最適な治療法をお選びください。

根本的に体のゆがみを取り除ける磯谷式力学療法ベースの整体院 杉並区・西荻窪 鴨下療法所 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。