サーフィンで胃腸が丈夫に?

サーフィン 波待ち 股関節開く 礒谷式力学療法  
 私は子供の頃から消化器が弱く、よくお腹を壊していました。

 中学時代はバスケット部で、1年生の時などはそれなりに厳しくて、ボールに触らさせてもらえずひたすら走っていました。

 

そして、疲れて家に帰ると食欲もなくなり、寝てしまうことがありました。

 こうしたことは消化器が弱いから起こっていました。
 もっと食べれていたら体も一回りは大きくなって背も伸びたのではないかと残念に思います。

 しかし、18才からサーフィンを始めてからたくさん食べられるようになりました。
 当時はサーフィンの運動量がハンパないから、食欲も出たのかな?と思っていましたが、実はそうではなかったのです。

 それは、右の股関節を開いたから起こった体の変化だったのです。
 
 と、言っても何のことか分かりませんよね。

 私の研究、臨床している礒谷式力学療法は体が歪む原因は股関節であるとしていますが、特に左股関節は消化器に関係しているとしています。

 確かに、胃腸、肝臓に疾患がある人は左股関節が開いています。

 

サーフィンでは波を待つ間にサーフボードにまたがっているのですが、その姿勢により右の股関節も開き、板を脚の内側の筋肉で締め付けるようにバランスを取るので、股関節角度の左右差が無くなったことが消化器が強くなった原因だったのでだと分かります。

 何が幸いするか分からないものですが、私の場合は右の股関節を開くことが結果オーライでした。

 しかし、人によっては反対に自分のクセを助長させてしまい痛みや病気を作ってしまうこともあります。

 体の状態は、自分が行った行為の結果が現れてくるものですから、何か不調がある場合はそうした視点で自分の行動を見てみると良いのです。

 「今日は妙に食欲旺盛だな~」と感じるなら、前日にゴルフや野球で右の股関節を開いた可能性があり、そういう状態が悪化してくると心臓や呼吸器に問題が生じます。

 「今日は食欲が無くて、胃がむかむかするな~」なら、お酒の飲み過ぎでなければ、テニスで右打ちのバックハンドの練習が多すぎて左の股関節がズレたのかもしれません。

 

スポーツ障害と言うと、外傷的なものだけをイメージしますが、実はこうした股関節を起点にした体の歪みが内科的な疾患も生じさせることを是非ご理解ください。

 そして、体に気を付けてスポーツを楽しみましょう!!

 そしてスポーツでダメージが残ったら根本から修正できる礒谷式力学療法ベースの整体院 杉並区・西荻窪 鴨下療法所 
 
 

 Since I was a kid, my digestive system was weak and I was often hungry.

When I was in junior high school, I was in the basketball club, and when I was in the first grade, it was rather tough, and I just ran without being able to touch the ball.
And when I got tired and went home, I lost my appetite and sometimes fell asleep.
This happened because the digestive system was weak.
I regret that if I had eaten more, my body would have grown and I would have grown taller.

However, since I started surfing at the age of 18, I have been able to eat a lot.
At that time, I didn’t have enough surfing exercise, so I wonder if I had an appetite? I thought, but it wasn’t.

It was a change in the body that occurred because the right hip joint was opened.

Even if you say that, you don’t know what it is.

My research and clinical Isogai-type mechanics therapy states that the cause of body distortion is the hip joint, but especially the left hip joint is related to the digestive system.

Certainly, people with gastrointestinal and liver diseases have an open left hip joint.

In surfing, I straddle the surfboard while waiting for the waves, but due to that posture, the right hip joint also opens, and the balance is balanced so that the board is tightened with the muscles inside the leg, so the difference between the left and right hip joint angles has disappeared. It turns out that was the cause of the stronger digestive system.

I don’t know what is fortunate, but in my case it was all right to open the right hip joint.

However, depending on the person, on the contrary, it may promote one’s habit and cause pain or illness.

The physical condition is the result of the actions you have taken, so if you have any problems, it is a good idea to look at your actions from that perspective.

If you feel that you have a strange appetite today, you may have opened your right hip joint in golf or baseball the day before, and if that condition worsens, you will have heart and respiratory problems.

If you don’t have an appetite and your stomach feels sick today, then if you didn’t drink too much, you might have practiced too much right-handed backhand in tennis and your left hip joint was misaligned. ..

When we think of sports injuries, we only think of traumatic ones, but please understand that the strain of the body that originates from the hip joint also causes medical illness.

And be careful of your body and enjoy sports! !!

And if damage remains in sports, it can be corrected from the ground up. Suginami-ku, Nishiogikubo Kamoshita Therapy Center

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。