体が硬い!腰が痛い!・・肝臓をいたわる季節到来

posted in: 礒谷療法・MBM | 0

 最近は急に寒くなったり、又暑くなったり雨が続いたり天候が不安定ですね。

 こうした、寒暖差や湿度は体にとって大きなストレスです。

 また、動物である人間はこれから訪れる冬に向けて体に脂肪などをため込む必要があるために「食欲の秋」とよく言われるように食欲が増してきます。

食欲の秋 肝臓 西荻窪 整体 ぎっくり腰 腰痛

 それでなくても、秋は食べ物がおいしくて、危険な季節なのに・・・(*_*;

 季節の変わり目でも、春は体にためていたものを排泄するために肝臓に負担がかかりますが、秋はこの食べ過ぎにより肝臓に負担がかかるのです。

 そして東洋医学では、肝臓は筋肉や腱の硬さと関係があると説明していますが、これは肝臓は血をきれいにしてくれる器官ですから、肝臓が疲れて働きが悪くなり血がきれいでなくなれば、老廃物のお掃除などもできないので筋肉が疲れて硬くなる、という理由はよく理解できますよね。

 実は、これが季節の変わり目にぎっくり腰が増える大きな理由の一つです。
ぎっくり腰 腰痛 肝臓 姿勢 猫背 西荻窪 整体

 先日の患者様でも、妙に体が硬くなっている方がいらっしゃいましたが、CS60で肝臓のあたりをこすると非常に痛がっていらっしゃいました。

 やはり肝臓!!

 特に運動をしたわけでもないのに、体が痛む、体が硬い、関節が痛むという方は少し肝臓をいたわると良いと思います。

 お酒を飲む方は休肝日を設ける。

 甘いものを少し控える。

 軽い運動と睡眠でストレスを軽減させるなどで肝臓を休ませることも意識して生活してください。

 肝臓の機能向上も体全体から行える礒谷式力学療法×CS60の整体院  杉並区・西荻窪 鴨下療法所

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。