変形性股関節症を引き起こした原因が消失。手術をキャンセルされた方も。

変形性股関節症 鴨下療法所 礒谷式力学療法""

 変形股関節症など股関節の疾患と言うと、大腿骨=太ももの骨の先端部分をイメージして、骨盤を考えないこともあるようですが、股関節とは骨盤と大腿骨の接合部ですから、骨盤の状態にも注目してください。

 上のレントゲン写真は、当所の患者様の変形性股関節の状態を映したもので、左のAが2011年撮影のもの、右のBが一年前のものになります。

 この方はお医者さんに「昨年と変わりが有りませんね」と言われたという事でしたので、痛みも無くなっているのに変化が無いわけはないと思い2枚の写真を写メで送っていただきました。

 確かに、この方の右変形性股関節における関節の隙間はまだ変化していないように見えますが、骨盤には好ましい変化がしっかりと表れていると思います。
 写真に記した線は・・

  •  赤線・・・坐骨の高さが水平になった    
  •  黄線・・・恥骨結合部における恥骨の捻じれによる幅の違いが揃った    
  •  緑線・・・寛骨の曲りが均等になった

 私は1年間での、この変化に「よく頑張りましたね」と拍手を送りました。
 Bの昨年時は骨盤の右坐骨が下になっていて、寛骨も大きく傾いていますから、体重が左脚にかかっていたことが想像できますが、Aの今年には坐骨の左右高低差が揃っていますから、両脚にかかる重さのバランスの不均一も揃っていると思います。

 変形性股関節症はこの重心の偏りにより股関節角度が変化して軟骨を削ってしまう事により発症しますから、この骨盤の状態であれば変形性を引き起こした原因が消失したと言ってもいいわけです。

 骨盤は人体で最大の骨ですから、その骨がこれだけ変化すれば、あとの部分はおのずと変化していきます。

 実際、この患者様においては右股関節の痛み、違和感は軽減しているのです。

 あとはしっかりと体操などを続けて関節の隙間をしっかりと作り、軟骨が再生するのを促していけばいいのです。

変形性股関節症などで、人工関節への置換手術をご検討の方!

 手術の前に一度、この矯正をご検討されてはいかがでしょうか?

 手術をキャンセルする方も多数いらっしゃる礒谷療法ベースの整体院 杉並区・西荻窪 鴨下療法所 

 
 

When it comes to hip joint diseases such as hip osteoarthritis, it seems that the pelvis may not be considered by imagining the tip of the thigh bone, but since the hip joint is the junction between the pelvis and the thigh bone, the pelvis You also have to pay attention to the condition.

The above roentgen photograph shows the condition of the hip joint of our patient, A on the left is taken in 2011, and B on the right is one year ago.

This person was told by the doctor that it was the same as last year, so I thought there was no difference and sent me two photos.

It is true that the joint gap in this person’s right osteoarthritis hip joint does not seem to have changed yet, but the pelvis shows a positive change.
The line in the photo is …

Red line ・ ・ ・ The height of the sciatica became horizontal
Yellow line: Differences in width due to twisting of the pubis at the pubic symphysis
Green line ・ ・ ・ The bending of the hip bone became even

It will be.

I think it would be quite good if this changed in a year.

At the time of B, the right ischium of the pelvis is down and the hip bone is also greatly tilted, so you can imagine that the weight was on the left leg.

The pelvis is the largest bone in the human body, so if that bone changes this much, the rest will naturally change.

In fact, the pain and discomfort in the right hip joint was alleviated in this patient.

After that, you should continue to do gymnastics etc. firmly to make a gap between the joints and encourage the cartilage to regenerate.

Those who are considering replacement surgery for artificial joints!
Why don’t you consider this correction once before surgery?

Isogai therapy-based manipulative clinic, where many people cancel surgery Suginami-ku, Nishiogikubo Kamoshita Therapy Center

  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。