脚・足の痛みは、なぜ放置してはいけないのか?

posted in: 歩行 | 0

脚の痛み 膝痛 股関節痛 磯谷式力学療法 西荻窪整体 変形性股関節症 歩くと痛い 
 脚の痛みの代表的なものは、股関節痛、膝痛、オスグッドなど様々な痛みを伴う疾患があります。
 足部も、外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎、捻挫、痛風、モルトン氏病など実に様々。

 脚・足の痛みを伴う病気は実にたくさんありますが、そのほとんどは股関節の矯正で良くなることから、その原因も股関節が大きく関与していることは間違いのない事実です。

 そして、こうした脚・足の痛みが危険なわけは大きく分けて二つあります。

 まず、一つ目は・・・

 痛みをかばうために、安静にしてしまったり、体重をかけないようにして筋肉を弱くしたり、歪みを助長させてしまいまう事があることです。

 脚の筋肉が体重を支えてくれて二足歩行を可能にしてくれていること以上に、脚の筋肉を弱らせるという事は致命的なことなんです。
 しっかり脚を使うことで、体温も上がり免疫力が向上し、食欲が出て、睡眠が深くなる、そういう良いリズムがくるってしまうリスクは計り知れないのです。

 二つ目は・・・

 痛みがあるという事は股関節の歪みがあるケースが95%はあると思います。

 股関節は太ももの大腿骨と骨盤のつなぎ目ですから、筋肉もその二つの骨をまたいでいるわけですが、偏った筋肉の緊張は、その骨を歪めてしまうのです。
 分かりやすい例では脚の長さに差が出来るのもこれが原因です。
 この顕著な例は、股関節そのものの疾患である変形性股関節症やペルテス氏病、股関節脱臼で、左右の脚長差が最大で10㌢近くにもなるケースもあります。

 脚長差は、二足直立した時に脚の長さの差は骨盤の左右高低差を生じさせ、そこから脊柱の弯曲が生じさせます。

 そして弯曲を起こすぐらい背中の筋肉に緊張があるわけですから、その緊張が神経や血管を圧迫するのが病気の原因になるのです。

 つまり、脚・足の痛みを放置していると、寿命、命のかかわる病気の火種を作っているという事になってしまうのです。

 ですから、痛みを感じなくさせるような処置ではなく、痛みが起こった原因からきちんと手当てをしてくださいね。

 脚・足の痛みの根本から解決できる礒谷式力学療法ベースの整体院 杉並区・西荻窪 鴨下療法所 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。