あるけば歩くほど痛くなる~。

posted in: 歩行 | 0

 せっかく健康のために歩いているのに、膝や腰が痛くなる。

 すると、年だから無理しすぎた、とあまり歩かなくなってしまう。

 もったいないです。

 

それは、歩きの量の問題では無く、質の問題です。

 この写真のように膝が外に開くように動くのは典型的なO脚です!!

 この様なる歩き方をしていれば体調はどんどん悪くなります。

 O脚は猫背を作り、脚への負荷を間違った状況にするので、膝痛や腰痛から始まり、骨格のずれはそのうちに内臓の疾患にまでつながります。

 最近はやりの大また歩きも、このO脚を助長させるので、全く間違った考え方なので注意してください。

 まずは、股関節を正しい状態にして、正しく歩く事をお勧めいたします。

 正しい歩き方もマスターできる礒谷療法ベースの整体院  杉並区・西荻窪 小金井 鴨下療法所

”I have a pain in my knees and lower back even though I am walking for my health.”

Then, the habit of taking a walk disappears, saying that it was too difficult because it was a year.

This is not a matter of quantity of walks, but of quality.

It is a typical O-leg that the knee moves to open outward as shown in this photo! !!

The O-leg creates a stoop and puts the load on the leg in the wrong situation, so it starts with knee pain and back pain, and skeletal displacement eventually leads to diseases of internal organs.

Recently, even walking a lot of spear encourages this O-leg, so please be careful because it is a completely wrong idea.

First of all, it is recommended to keep the hip joint in the correct state and walk correctly.

Isogai therapy-based manipulative clinic that can master the correct way of walking Suginami Ward・ Nishi-Ogikubo Koganei Kamoshita Therapy Center
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。