正しい歩きこそ最高の筋トレ!!

posted in: スポーツ, 歩行 | 0

 
コロナ蔓延の影響で運動不足になりがちだったところに、長い梅雨、暑い夏となかなか散歩もやりにくい状況ではありますが、やはり歩きは基本ですから、涼しい朝晩など時間を選んでなるべく歩きたいですね。

 特にご高齢の方では、寝たきりにならない様に歩かなくては、との思いを持たれている方も多いと思います。

 

しかし、歩き方を間違えると折角のウォーキングもマイナスに作用してしまいます。

 それは、私たちが行う歩きも含めたすべての動作は、私たちの筋肉の状態そのままの反映だからなのです。

 登山の下りで膝が痛くなる方が多くいらっしゃいますが、これなどは筋肉のバランスが崩れた一番の例となります。

 登山では重い荷物などで体重以上の負荷が膝にかかるので、それだけでも膝に負担にはなっていますが、膝痛を起こす方はそれ以上にモモの外側の筋肉を多く使う事によって股関節が開き、結果腿の前面の筋肉に負担をかけることにより膝に負担を大きくかける為に膝痛が起こっているのです。

 したがって、歩く時には少し意識的に歩き方を工夫する事が非常に大事です。

 この具体的な部分は個人差が有りますからここでは、だれにでも当てはまる簡単なポイントを2つご紹介します。

 ①まず、両足先が常に平行になっている事です。 

 足先が開いて外股になっていると膝痛、腸脛靭帯炎、外反母趾、オスグッド等のトラブルが起こり易くなります。
 また、足先が内に向く内またですと、膝の内側痛、ふくらはぎのこむら返り等を起こし易くなります。

 ②良い靴を選ぶ事。

 良い靴とは、自分の筋肉でしっかり歩ける靴だと思います。
 具体的には、踵とつま先に高低差の無いもの・・・踵が高いと前荷重になり結果的に自分の筋肉によってではなく体重移動を行ってしまうからです。 
 脚の筋肉を鍛えたアスリートが更に結果を出すために踵が有る靴を履くのと、それほど筋肉も強くない私たち一般の人間では靴を選ぶ意味や基準はまるで違うので注意が必要です。
 そして,足の形に靴が合っていて踵がしっかりホールドされるものがお勧めです。
 以前にもご紹介していますがBIMOROシューズは私の一押しです。

 さらに、靴底は片減りなどしていないことも大事です。
 もし減っていたら補修材などで平らにしましょう。

 歩く事は誰に習う事も無く習慣的に毎日繰り返していますから、そこに意識を介在させるのはなかなか習慣化するのが難しいのですが、一度習慣にしてしまえば『正しい歩きこそ、最高の筋トレ』になるのです!!

 極端に言ってしまえば、正しい歩き方で十分に歩いていれば、そのほかの筋トレはほぼ不要と言ってもいいと思います。

 正しい歩き方が習得できる礒谷療法ベースの整体院 杉並区

Although it is easy to lack exercise due to the spread of corona, it is difficult to take a long walk such as a long rainy season and a hot summer, but walking is basic, so I want to choose a time such as cool mornings and evenings to walk as much as possible. Right.

 Especially for elderly people, I think that many people have the feeling that they have to walk so as not to be bedridden.

However, if you walk in the wrong way, walking will have a negative effect.

 It is because all movements, including the walks we do, reflect the state of our muscles.

There are many people who have a pain in their knees when going down a mountain, but this is the best example of muscle imbalance.

Since the load over the weight is applied to the knee, it is a burden on the knee, but those who suffer from knee pain need to use more muscles on the outside of the peach to increase the burden on the knee. I’m in pain.

Therefore, when walking, it is very important to use a consciously balanced approach to the entire leg muscles.

There are individual differences in this specific part, so here are two points to consider that apply to everyone.

③ First, both toes are always parallel.
 If your toes are open and your legs are out, your knees, iliotibialitis, hallux valgus, and Osgood are more likely to cause problems.
 In addition, if the tip of the foot is directed inward, it may be more likely to cause inner pain in the knee, cramping of the calf, etc.

② Choose good shoes.

 I think good shoes are shoes that allow you to walk firmly with your muscles.
Specifically, there is no difference in height between the heel and the toes… If the heel is high, the front load will be applied, and as a result, you will move your weight rather than your own muscles. ‥
 Athletes who have trained the muscles of their legs should wear shoes with heels in order to achieve even better results, and the meaning and criteria of choosing shoes are generally different for us general humans who are not so muscular.
And, it is recommended that the shoes fit the shape of the foot and the heel is firmly held.
As I introduced before, BIMORO shoes are my favorite.

Furthermore, it is also important that the soles are not worn down.
If it is low, flatten it with a repair material.

Walking is a routine practice that no one learns, so it’s difficult to make it habitual, but once you make a habit, it’s the best way to walk. It becomes muscle training! !!

 Extremely speaking, if you walk enough in the correct way, you can say that other muscle training is almost unnecessary.

Suginami Ward, an Isotani therapy-based manipulative clinic where you can learn how to walk correctly

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。