タグ別アーカイブ: First

老化予防の筋トレ!! 当院のスクワット①

141209_uchi_s01
老化予防に筋トレが良いとよく言われるようになっています。
そして、そのためにスクワットが良いとも。

でも、そのやり方を間違えると、せっかく頑張ったのに良い結果が出ないばかりでなく、逆に身体を痛める結果を招きかねません。

続きを読む

広告

肘ついてご飯を食べる人が増えている・・・猫背の影響!

syokuji_gehin
先日、ある患者さんとお話ししている時に私が「若い男性に多くみられるけど、顔が前に突き出しているような猫背の人が増えたね~」と言うと、その方が「あっ!!」

「もしかして、最近特に気になってたんだけど、食事をする時に肘をついている人が増えたな~と思ってたんだけど関係あるかな~?」と言われました。

有りますね、関係。

当院の猫背の定義は、「骨盤が後ろに倒れる事により前後の重さのバランス上、顔や肩が前方に突き出している姿勢」ですから、前顔、前肩では座った時には前方への重さの配分が増えますので、確かに肘をついたり、腕をテーブルにつきたくなります。

maxresdefault (1)

この姿勢もすごいですね。 膝の上に肘載せてますよ!! 前方へ重心がかかっているので筋力で支え切れていない感じですね。

img_eeb395228c98dd29dc15a889e4712278225652
洋食だと、お茶碗を持つ必要もないからますますでしょうかね。

このような事態は、姿勢が悪くて作法さえ守るのがかったるくなっている、とも言えると思いますし、反対に作法を守らないから姿勢が悪くなっている、とも言えると思います。

そして、姿勢が悪くなることはあらゆる痛みや病気の入り口ですから、ただ見た目の問題だけではありません。

まず、肩こり、頭痛、腰痛から始まり、やがて脳梗塞等の怖い病気が起こる下地を作ってしまいます。

また、勉強や仕事の効率も低下するのは、脳への血流が阻害されるからです。

ですから、当院では基本的な座り方、立ち方も学んでいただいております。

いくら、いい治療を受けてもこのような姿勢で過ごしていれば、体が歪むのを防ぐことはできないと考えているからです。

alt = “syokuji_gehin” width = “354” height = “0” “358” />
The other day, when I was talking to a patient, I said “There are many in young men, but the number of people who look like the face sticking out in front has increased,” that person said “There is! ”

“Perhaps, I was particularly concerned about it, but I was thinking that the number of elbowed people increased when I was eating, but is it related?” I was told.

Yes, relationship.

The definition of the back of our hospital is that “the posture that the face and shoulders protrude forward, due to the balance of the front and rear weights due to the pelvis collapsing backwards”, so when sitting, the distribution of weight to the front increases So I certainly want to put on my elbow and get the arm on the table.

This attitude is also amazing. I’m putting my elbow on the knee! ! It is feeling that it is not supported by muscular strength because the center of gravity is applied to the front. [/ caption]

img_eeb395228c98dd29dc15a889e4712278225652
If it is a Western-style food, I do not need to have a tea bowl so it will be increasing.

I think that such a situation can be said to be said that it is difficult to keep even the manners even if the posture is bad, and on the other hand I think that it can be said that the attitude is getting worse because you do not follow the manners.

And since it is the entrance of all kinds of pain and sickness that the posture gets worse, it is not just an apparent problem.

First, it starts with stiff shoulder, headache, back pain, and eventually creates a base that causes scare diseases such as cerebral infarction.

In addition, studying and work efficiency decreases because blood flow to the brain is hindered.

In our hospital, we also learn basic sitting and standing.

It is because I believe that it is impossible to prevent the body from being distorted if it is spared in such a posture even if receiving good treatment.

寒くなってきていますね、冷えとむくみのお話・・2

むくみ
前回のお話の続きです。

まず、脚の筋肉をバランスよくストレッッチして、バランスよく鍛えるのが冷えを根本から治す王道です。
そのためには、夜寝る時に脚の3か所を紐で結んだり、脚をまっすぐにするために工夫をしたスクワットをする事により、正しい座り方もだんだんと自然にできるようになっていきます。

しかし、逆に言うと正しく座れば正しく座る筋肉を鍛えられるという事も大事なポイントです。

とくに冷えやむくみのある方は脚の筋肉にねじれがある方が多いので、椅子に座る時にどうしてもその歪みなりに座ってしまう傾向が有ります。

まず、1番重要なのは骨盤がしっかりと立っているかどうかです。

P10009841

セミナーでの正しい座り方のレクチャー風景です。 左のお母さんの様に骨盤を立てて座る必要が有ります(ちょっと腰に力が入り過ぎですね)
右の御嬢さんにはこの椅子は高すぎて気の毒でしたが、骨盤が寝てしまうとこのように足も開いてしまいます。 最近は小学生でも腰痛や肩こりがある子がいます。 痛いところをもんで治すのできりがありません、正しい座り方や歩き方を教えてあげれば自然に腰痛や肩こりは治るのです。

次にチェックは、座った時に足先が開くかどうか。

P10106572

悪い見本。 この場合は膝が内に向いてますが、膝が外向きでも同様によくありません。 膝を付けて足先を内に向けましょう。

そういう癖がある人なら座る時にはやや内またにして座るとスネの筋肉のストレッチになります。

そしてその時に大事なのは踵を必ず床に着ける事です!!

P10106561

悪い見本! でも長時間座っているとこうなる人は多いですよ。

むくみや冷えのある方は足先が開く癖が無いか、ご自分が自然に座った時に足先をチェックしてみてください。
そして、少し長い時間座っていると踵が浮き上がって座っていないでしょうか

これはふくらはぎに緊張が有る為に自然に起こってしまっているのです。

ふくらはぎモミで健康!と言うのが有りますが、とんでもありません。
多くの場合は、足先が開くからふくらはぎが引っ張られて張っているのですから、揉まなくてはいけないのはスネの筋肉です。

asi

膝から下の赤い側の筋肉の緊張が矢印の方向に足を引っ張ります。 その時に緑色の側は引っ張られているんですよね。 さ~、どちらを緩めるのが正解でしょうか?

とにかく、冷えやむくみを根本から治そうと思ったら、脚に注目しましょう!!

さらに続きます

It is the continuation of the last story.

First, stretch your leg muscles in a well-balanced manner, and train yourself in a well-balanced way is to cure the cold from the root.
To do that, by sleeping three legs at night when sleeping at night, by making a special squat to make the legs straight, we can gradually and properly sit on our way.

In other words, being able to train the sitting muscles properly if sitting correctly is also an important point.

Especially, those with coldness and swelling tend to have twists in the muscles of the legs, so there is a tendency for them to sit in that distortion by themselves when sitting on a chair.

First of all, the most important thing is whether the pelvis is standing firm.

It is a lecture scenery of correct sitting at the seminar. It is necessary to sit with the pelvis standing like a mother on the left, but with this as it is, power is put in too much on the waist. To the right Miss to this chair was sorry to be too expensive, but if the pelvis sleeps it will also open your feet like this. Recently, even elementary school children have back pain and stiff shoulders. Rather than cure a painful place with cure, if you teach the right way of sitting and walking naturally low back pain and stiff shoulder will heal.

Next check is whether the feet will open when you sit.

A bad example. In this case the knee faces inward, but even if the knee is facing outward it is not as good as it is. Let your knees and your feet inward.

For those with such a habit it will become a stretch of sune muscles when sitting somewhat inside when sitting.

And the important thing at that time is to always wear the heel on the floor! !

If you have swelling and cold, do not have a habit of opening your feet, please check your feet when you sit naturally.
And if you are sitting for a while long, will your heel rise and sit down?

This has happened naturally because there is tension in the calf.

Health with calves fir! There is something to say, but nothing.
In many cases, the feet are opened, so the calves are pulled and stretched, so it is muscle of the snake that you have to rub.

The tension on the red side muscle below the knee pulls the leg in the direction of the arrow. At that time the green side is pulled. Well, which one is the correct answer? In case

Anyway, if you think about curing or swelling from the root, let’s focus on your legs! !