タグ別アーカイブ: 礒谷療法 東京

スマホをやる時の姿勢…歪みと不調の関係!!

P1010716
こんな風に右脚に体重を乗せてスマホをやる人で・・・

生理不順
生理痛がきつい

消化器が弱くて・・・
続きを読む

広告

温泉の入り方・・・横尾忠則画伯の本より

6156110a13e251c1697456fa03f07f15
ゴールデンウィークも中盤ですね。
当院は5月5日は営業いたします、普段日曜祝日はお休みですので、お休みの日が合わなかった方も是非ご利用ください。

さて、先日来横尾忠則画伯のほにょりの引用を何回か書いてきましたが、書名が分かりました。 
『病の神様 横尾忠則の超・病気克服術』 横尾忠則著 文春文庫刊 でした。

今日もこの中から一つ。
続きを読む

脊柱すべり症の手術。 

yotu01
先日テレビの特別番組で、専門医による先端の治療法を紹介する番組がありました。

先端治療器具で、切っても血が出ないメスなど、びっくりするようなものも有りました。

腰の手術では、腰の痛みで著しくQOLが落ちていた女性患者さんが痛みから解放されていました。
その方は、すべり症だったのですが、メスで切る部分をなるべく小さくして、最後は叩いて骨を元の位置に戻してボルトで固定と言う様な手術でした。
続きを読む

筋膜リリース。

image

最近は筋膜リリースが整体業界でトレンドになってますね。
テレビでもよく筋膜と聞くようになりました。

確かに筋膜は骨格矯正をする為には緩める必要が有りますが、なぜそこだけ取り出しているのでしょうか?

当院の矯正でも筋膜は緩みますが、取り立てて筋膜、筋膜とは言いません。

筋膜も筋肉や靭帯と同時に緩むからです。

当院の治療のベースになっている礒谷公良先生の体の歪みの関係を記した要図には、筋膜のつながりによるものとしか考えられない体の歪みのメカニズムが書かれていますが、この図が描かれた70年前には筋膜の繋がりと言う概念は無かったでしょうから、先生はひたすら患者様の身体の観察からこの図を作られているのです。

この筋膜の繋がりの図は実際に解剖で確認されている事実ですから、私も患者様のお身体の不調に関してはこの筋膜解剖図で、どうしてその問題が起こっているのかを説明させていただいておりますし、歩行練習時にはやはりこの筋膜の連動を意識した歩き方を説明させていただいております。

right kata.gif

長い脚の反対の方が前に引っ張られる(前肩になる)という事が書かれています。

 

アナトミートレイン|SPL|スパイラル・ライン

筋膜の繋がりを解剖により解明したアナトミートレインの図。 スパイラルラインで脚の外側から繁多の方への繋がりが分かります。

しかし、なぜ筋膜だけをことさら抜き出して問題にするのでしょうか?

肩甲骨を緩めれば・・・

副交感神経を優位にさせれば・・・

呼吸を深くすれば・・・

開脚すれば・・・

炭水化物をやめると・・・

それぞれもちろん大事な事ですが、これだけやれば的な発想には疑問を感じます。

結局は全てバランス良く、が一番大事なのではないでしょうか?

人の身体は十人十色、みんなが同じなわけではないのです。

まず自分の体が現在どうなっているのか?

どうしてそうなったのか?

そして、どうすれば治るのか?

丁寧、丁寧、丁寧に~根本から考えるんだ~。(>_<)
10178200_music_top

Recently my fascia release has become a trend in the regulatory industry.
I began listening to my fascia well on television.

Certainly the fascia need to be loosened to do skeletal correction, why is it taken out there only?

Although my fascia loosens even at our hospital correction, it is not said that it is fascia, fascia.

It is because it relaxes with muscles and ligaments at the same time.

The essential drawing describing the relation of the distortion of the body of Professor Kadaru Usuya, which is the basis of our hospital treatment, describes the mechanism of the distortion of the body that can only be thought of by the connection of the fascia , 70 years ago when this figure was drawn, there was no concept of fascia and normal dissection would not have understood the connection of the fascia, so the teacher would not be able to see this figure from observation of the body of the patient alone It is being made.

Therefore, I am also explaining about this patient’s physical disorder in this fascia dissection diagram, and I will explain why the problem is occurring, and when walking practice I also think that walking with consciousness of this fascia interlocking I will explain to you.

If you scoop your shoulder blades …

If you make parasympathetic nerves superior …

If you loosen the fascia …

If you open your legs …

When you stop carbohydrates …

I do not understand why it is only taking them out.

After all it is not all in balance, is not it the best?

The human body is ten colors, and everyone is not the same.

First of all, what is your body like now?

Why did that happen?

And how do you recover?

Polite, polite, politely ~ draw. (> _ <)

産後の骨盤調整が必要なわけ。1

hoikusi-dakko

結論から言ってしまうと・・・

①お出産後のお休みが当たりないから!!

②脚の筋肉が弱いから!!

町の整体院等で『産後の骨盤調整』を宣伝しているコピーなど良く見かけますよね?

接骨院や整体院が多く出来て、色々なコースの一つとして目につくようになりましたが、一般的になったのはここ10年ぐらいでしょうか?
続きを読む

年頭に当たり股関節の重要性を改めて。

th-at-00177no01nojpg
最近でこそ、股関節の重要性を言う人も多くなってきましたが、やはりまだまだ研究が足りないのが股関節の動きのメカニズムだと思います。

二枚腰、粘り腰、腰を回す、腰を入れる、腰を使う、こうした『腰』と言う名称を使う場合、実はその殆どが股関節の動きの事を表現しているのです。
続きを読む

今年こそ! 身体の不調を根っこから治す!!

tubo08-001
先日もある患者様に生活習慣から起こる体の歪みを説明させていただいていると、「あ~、だから肩こりとかで揉んでもらうと、その後かえって辛くなるんだ~」と言われました。

これなどは対処療法の典型で、お聞きするとこっている肩、首の後ろを揉んでもらったようでした。
この様な対処療法は、その場では硬い筋肉もほぐれて気持ちが良いのですが、肩こりになった原因は確実に悪化しています。
現状維持ではありません、100%悪化させています。 続きを読む