タグ別アーカイブ: 歩行矯正

顎が上がる⇔顎が下がる?

 『顎が上がる』とは、疲れてヘロヘロ~を表す表現ですが、これは文字通りほとんどの人が疲れると顎が上がるのです。
 そもそも、顎が上がるとは、どういう事なのでしょうか?

 まず、股関節が開く→骨盤が後方に引っ張られる→猫背になる→前肩になる→顔が前に突き出して顎が上がる
 
 こうした流れで顎が上がるのですが、ではどうしてスタートの股関節が開くと言う事が起きるのでしょうか? 続きを読む

広告

ワールドカップも終わっちゃいましたね~。 変形性股関節症の方の歩き方②体重をかけるとカクッとなる股関節。

 今朝も4時前に起きて決勝戦応援しました。
 土曜日の夜が少々遅くて日曜の朝が3位決定戦、そして、今朝なので今夜は早く寝るつもりです。

 ドイツが安定した強さを見せた大会でしたね。
 バランスがいいと言うのが、安定した強さになると言ういい見本のチームでした。
 ベテランから若手、守りと攻め、多くの選手の得点能力が高い、うまいキーパーでだめ押しで、抜け目がない、と言う感じでしたね。

 さて、本日の本題です。
 変形性股関節症の方の歩き方は、何回か前にかいたのですが、今回はその中でも特に、体重をかけた時にかくっとなる股関節です。 続きを読む

夏に向けて!! グリーンカーテンとジャック・ジョンソン

P1000579

今年もゴーヤグリーンカーテン! さて今年は何本収穫できるでしょうか?

P1000580

お客様に頂いた、幸福の木。 皆様にも幸多からんことを!

P1000578

ジャック・ジョンソン サーフィンしたくなってきますね。 ハワイにも行きたい~


 ゴールデンウィークもはや終わり、だんだんと夏が近づいてきたかな~と思うと、また寒かったり、体調崩しやすい時期ですから、皆様も体調管理怠りなくお励みください。 続きを読む

ふくらはぎの太さ…解消法?

 ふくらはぎの太さは、女性にとって問題になるようですね。
 やはりスカートを履いたりするときに目立ってしまうと言う事が気になるのでしょうか?
 
 そもそも、ふくらはぎには、ヒラメ筋と腓腹筋と言う筋肉が有りますが、これらの筋肉の働きは膝関節を曲げる働きと、足首を地面の方に曲げる底屈の働きを行っています。 続きを読む

左右の足の太さの違い。 左右のお尻の大きさの違い。

 皆さんの中にも足の太さの違いがある方は多くいらっしゃると思います。
 極端なスポーツでのトレーニングを行った方以外でも、この違いは多くの方に見られます。
 そして、この状態を多くの方が、片方は効き足だから、よく使う事により筋肉が発達していると思われているのではないでしょうか? 続きを読む

変形性股関節症、ヘルニア、狭窄症で手術を考えている方、股関節脱臼、変形性股関節症、原因不明の歩行困難、マヒ等で歩くのがつらい方、根本から治療しましょう!! 『脚・足は万病の元』・『老化は脚から』と『骨盤・背骨の歪み』これらを根本解決できるのは股関節のみ!!股関節・骨盤・骨格矯正、それを維持する為の体操、徹底した生活習慣のアドバイス、歩行指導を含む健康回復・健康維持トータルプログラム。 股関節、膝関節、ビッコのトラブル特にお任せください。 必ず納得していただけます!!   03-5938-7713

鴨下1 ビビアンさんロゴ

営業時間 9:00~19:00
休業日 日曜・祝日

完全予約制の為、お電話にて確実に日時のご確認をお願いいたします。

03-5938-7713

※ 大変申し訳ありませんが、電話に出れない時が有ります。 お手数をおかけしますが、少し長めに呼んでいただくか、時間をずらして再度お願いいたします。

当院からのお願いです。
※ ご来院の際は、脚を締め付けないズボン(スパッツ、ジャージ,スウェットなど)のご用意をお願いいたします。

※ご予約いただくお時間は施術を始めるお時間となりますので、ご用意などにかかるお時間分位、少し余裕を持ってお越しくださいますようにお願いいたします。

私たちは普段意識しませんが、常に重力の影響を受けています。

これは、単純に図式化すると、例えば・・・脚を組む⇒偏った筋肉の緊張が起こる⇒骨が引っ張られる⇒重力の中でバランスをとるために前後左右で身体が歪む⇒筋肉の拘縮で血流が阻害される、神経や臓器が圧迫されると言う悪い連鎖を生じさせます。

『この歪みの連鎖のおおもとが股関節である』と言う発見をされたのが礒谷公良先生ですが、当院はその礒谷療法をベースに歩行方法にまで研究を広げたMUSUBI BODY METHODS(むすび身体理論)にて施術を行っております。

変形性股関節症、先天性股関節脱臼、ペルテス氏病等の股関節疾患が有る方から、そうした原因が無いのに歩きにくい、ビッコ(跛行・はこう と言う呼称が一般的でないものでこの表現をあえて使っております、申し訳ありません)と言う様な問題から、股関節から連動して起こる脊柱の歪み、脊柱側弯症、腰痛、肩こり等や自律神経の圧迫や血行不良から起こる内臓疾患に至るまで問題を根本的に解決します。

色々な治療を試してみたけれど思うような結果が得られないという方は是非お試しください。 きっと問題に対してその原因にアプローチできていないから結果が出ていないのです。
続きを読む