タグ別アーカイブ: 歩行改善

原因不明で歩きにくい方、ぜひお試しください。

歩きずらい
股関節矯正を20年以上行っていると、本当に様々な症状の方がいらっしゃるもんだなと感じます。

整形外科、脳神経外科など大学病院、有名個人病院を受診しても原因が分からず、ある程度年齢が良かれている方だと「老化ですね」「ストレスですね」で治療法も無し、と言う方も多くいらっしゃいます。

確かに、難病と言われる疾患の方にはストレスも多く関係していますが、原因はそれだけではありません。 続きを読む

広告

井之頭公園でウォーキングをしていらっしゃる方々の歩き方。

 今日は昨日とうって変わっていいお天気ですね。
 私はチャリ通勤なので今日も井之頭公園の中を抜けてきました。
 そして、時間に余裕が有ったので、ウォーキングなど歩いている方々を見させてもらおうと思い立ち池の周りをぐるっと1週してきました。
 とろとろとですが自転車ですれ違いざまでのチェックなので正確な数字ではありませんが、骨盤が動いて歩いていらっしゃった方は、おおよそ130人中30人ぐらいでした。 続きを読む

脚やズボンへの雨の日の泥はね。

 雨だけでなく先日降った雪解けのぬかるみなどでも歩くと脚への泥はねがひどい方がいらっしゃいます。
 
ぬかるみを歩くと人より極端に泥をはねてしまう、そんなことが有る方は要注意です。

私の臨床経験でも、変形性股関節症や、臼蓋形成不全の方はこの歩き方をされる方が多くいらっしゃるからです。 続きを読む

跛行(びっこ)・歩行困難どうして起こるの?   股関節角度が原因!

 これは、非常に多くの原因が考えられます。
 先天的な股関節の疾患、後天的な事故や病気によるもの、脳梗塞の後遺障害の様な神経の麻痺、パーキンソンの様な神経伝達物質の問題、筋肉が弱くなってしまう病気、脊柱管狭窄症やヘルニアの様な痛みが強くて歩きをかばってしまう場合や痛みが強くて歩けなくなり筋肉が弱くなってしまう場合。
 礒谷公良先生はこのような問題の根本原因として股関節の角度に着目しました。 続きを読む

脊柱管狭窄症の方の腰の特徴についての私見。

 そもそも脊柱管狭窄症は、骨盤のすぐ上の腰椎と呼ばれる背骨の下の方の骨の周辺の筋肉が非常に硬くなっていて、その筋肉の緊張で骨自体が引っ張られて、背骨の中の神経の通り道である脊柱管が細くなっていることが原因で、神経が圧迫されて歩いていると痛み痺れと表現されるような不快感で歩けなくなり、しばらくお休みすると歩けると言う間欠歩行と言われる症状が特徴の疾患です。 続きを読む

ウォーキング教室を茶散歩の時『西荻窪 ガネーシャガル』さんで開催!?

 昔からの友人が西荻窪でガネーシャガルと言う老舗のインド料理屋さんをやっています。
ご近所の方なら「あーナンが美味しいカレー屋さん」とか、「アド街ック天国で紹介されたよね~」、「善福寺川のほとりでしょ」などの反応が有るお店です。
その友人と昨年からコラボ企画でワイン会をやらさせていただいたり、食と健康に関する意見交換等の交流を『むすび 身体教育・ MUSUBI BODY EDUCATION』として重ねてきましたが、今年の西荻でかなり盛り上がるイベント、茶散歩に歩行に関してのワークショップを、そのガネーシャさんでやらさせてもらえるように準備を開始いたしました。 続きを読む

原因不明の歩行困難

当院は股関節の矯正をメインに施術を行っております関係で、歩行に関する問題をお持ちの方も多くお通い頂いております。
その中の多くの方は股関節に疾患がお有りになる方々で、変形性股関節症、臼蓋形成不全、先天脱臼、ペルテス氏病、リックレンハウンゼン氏病、等の原因が主なものです。
また、礒谷療法中野本部に勤務していた10年以上の間から、小児麻痺等の後遺障害、脳梗塞の後遺障害、パーキンソン病、筋ジストロフィー、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、尖足、O脚、X脚と様々な歩行の問題に取り組んでまいりました。 続きを読む