タグ別アーカイブ: 歩き方

セミナー無事終了。 皆さまありがとうございました。

DSC02485 DSC02489 DSC02490
 9月29日に小金井市西の台集会所でセミナーを開催いたしました。
 つたないお話を聞きに、定員いっぱいの11人の方にお越しいただき楽しい、2時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。 続きを読む

広告

キッチンに立っているのがつらい。

 お客様のお話を聞いていると、この「キッチンで料理の支度をしているのがつらい。 立っているだけで腰や背中がだるくなって座ってしまう」と言うたぐいのお話を良く聞きます。
 しかし、この問題が主訴(主な痛みや問題)になる事はまず有りません。 続きを読む

足育(そくいく)・・・大丈夫かな~?

先日テレビで、『子供の脚が危ない!』と言うニュースをやっていました。
指が全然開かない子や、足の形の変形などが非常に増えているので、足育をテーマに足に良い靴などを開発しよう、と言うような動きを報じていました。 続きを読む

せっかくの手術が・・・リハビリの大切さ。 

 私の友人に、高校時代にバスケットで手の親指の腱を断裂してしまい、手術によりきちんとつなげてもらったのにもかかわらず、リハビリが足りなくて親指の曲りがもともとの可動域からすると多分5分の1ぐらいになってしまった男性がおります。 続きを読む

『健康って?』・・・ よしもとばななさんの本

 よしもとばななさんがプラクティショナー(単純な意味は練習生ですが、色々身体の事を扱う人の事をこうよぶみたいですよ・・もやもやサマーズのナレーション風に)の方々と対談すると言う形式の本です。(冬幻社刊)
 様々な健康に携わる方との対談は、『健康って言っても、定義は様々だな~』と改めて思いました。 続きを読む

動きのなかの工夫

 良く、太極拳の先生に『ここは健常者のためのリハビリ教室だな』と言われました。
 それは、先生の指導どうりに全然動けないからです。 人により身体に対する感じ方は様々です。
 スピードスケートの清水選手などは、トレーナーさんに「~筋の右から何本目の繊維の裏をほぐしてほしい」と言うぐらい繊細に自身の身体を感じれることが出来ると聞いたことが有ります。 続きを読む

Q &A スカートが右に回るのはどうして? 2

以前に書いた、どうしてスカートが右に回るのかの説明が分かりづらいと、ご指摘を頂いておりましたので今回補足説明を加えたいと思います。
 ようは、長い脚側から、短い脚側に回ると言う事なのです。
 今回は簡単にお話することにしますので、前回も書きましたが実際に身体を動かしていただき体感してくださいね。 また、これはスカートだけではなく、ゆるめのスラックスでも同じことです。 続きを読む