タグ別アーカイブ: ビッコ矯正

はじめの一歩の重要性!

images
以前にも書いていると思いますが、最近新しい患者様から頂いたご質問にお答えいたします。

「歩き始めたら右、左と交互に脚を出すんだからどっちの脚から出したって1歩しか変わらないんじゃないですか?」

それはその通りなんですが、何で左脚が長い人が右から1歩目を出さないといけないのか?

それは長い脚側の骨盤は直立2足で起立すると、押し上げられ高くなってしまっているので、体重は自然に低い側にかかってしまっているからなんです。
『水は低きに流れる』物理法則ですね。

そうすると脚の長短差はますます大きくなってしまうのが股関節のメカニズムなのです。

ためしに、自然に立ってそこから1歩踏み出して歩いてみてください。
意識しすぎてわからなければ、靴や靴下をはいてみましょう。
階段等の段差も分かり易いです。

はじめの1歩は、ほとんどの場合長い脚、つまり体重がかかっていなかったからひょいっと1歩目が出てしまうのです。

ですから、1歩目をどちらから出すか?と言う問題は、常に体重をどちらにかければいいか?と言う動作の最重要な基本事項にかかわるのです。

ちなみに坐骨神経痛がある方はそちらの脚に知らず知らずのうちに体重がかかっています。
体重がかかっているから臀筋が硬くなり神経を圧迫しているのです。
ですから1歩目はしびれの無い脚から出す、という事になります。
img_2-8

同様に、消化器、泌尿器、婦人科系でトラブルがある方は左脚から出す事が多く、循環器、呼吸器でトラブルがある方は右から出し易くなっています。

この様に体の歪みは健康状態に密接にかかわってくるのです。

病院で原因不明と言われるトラブルに関しては、この体の歪みを取り除くというアプローチが効果的になります。
まずは自分の身体の歪み、癖を知るところから始めましょう。

広告