タグ別アーカイブ: ビッコ改善

正しい歩行。

  お天気も良くなり、公園で多くの方がウォーキングに励んでいらっしゃいます。

 しかし、そもそもウォーキング、歩行とは何でしょう?
 
 ウィキを引くと・・・歩行(ほこう)とは、足(脚)を持つ動物が行う、足による移動のうち、比較的低速のものをいう。急いで移動する場合は走るという。厳密に区別する場合は、すべての足が同時に地面から離れる瞬間を持たない動作を言う。
 となります。

 では、生き物にとって歩行の本質的な必要性は何かと考えると、捕食、逃避、求愛でしょうか?
 まず生きていくために食べなくてはいけませんから、食べ物を取る、狩る、人間であれば食べるために働くを含めてまず捕食。
 次は自分が食べられないために、逃げる逃避。
 そして子孫を残すために異性を求める求愛活動に必要な移動。
 そして人間にはこのほかに楽しみとしての歩行、お散歩が有りますよね。

 こう考えると、歩行に求められる条件とは、安定性と長距離の移動が出来るという事になるでしょうか。
 

 では、この安定性とは、どういったものでしょう。
 私はこれは骨盤がしっかりと足の骨、つまり股関節に乗っている状態ととらえています。
 そしてこの安定性のある歩き方がそのまま、長距離も歩ける歩行につながっています。
 
 是非周りの方の歩きを見てみてください。
 通勤・通学途中のホーム、階段、公園でウォーキングをされている方、ご両親、お子様、しっかりと骨盤が動いている方は全体の10%未満ではないかと思います。
 走り込みなどを中心にかなり下半身を鍛えた方、太極拳、ヨガなどでいい師匠に恵まれしっかりと練習を積まれた方、先天的に足の筋肉が強く、関節の柔らかい方(多くのアフリカ系の方などはこのケースです。 失礼にならないように歩いていらっしゃるときそのお尻の動きをちょっと見学させてもらってみてください)以外の方は多分残念ながら意識をしないと骨盤は動いてくれていません。
 そしてこの骨盤始動でない歩行ですとつかう筋肉が偏ってしまい、疲労もしやすく長距離を歩くのがしんどくなります。
 公園などで自分のキャパ以上に歩いたり、走ったりしている方は文字通りあごが上がってますが、あごが上がるのは太ももの外側の筋肉に負担をかけすぎたために骨盤が後ろに引っ張られた結果猫背になるからあごが上がっているのです。
 まずはご自分の歩きがどういう風になっているか自覚してみることから歩行改善の第一歩にしてみましょう!

 もし歩くときに痛みが有ったり、帰ってきて特定の筋肉が異常に疲れる、つる、脊柱管狭窄症の間欠歩行のように2分続けて歩けない等は歩き方を改善するだけでずいぶん違ってきますし、合わせて股関節の調整も行えば全く変わってきます。
 せっかく健康のためと思って頑張っている歩行が逆効果ではつまりませんよ。

 

 

 

広告