片脚立ちから分かる左右均等な運動の間違い・・・歩行もしかり!


 写真左側は左片脚立ち、右側が右片脚立ちです。
 体の外側の線と身体の中央を走る黄色の線の幅では、右側の方が広くなっています。
 
 

これは右側の写真の緑色の矢印で記したように、骨盤が右脚により深く乗っていることにより起きた現象で、これは股関節の左右差により起こるのです。

 こうした左右差はほとんどの人に起こっています。

 この方は太極拳のツルの様なポーズで片足立ちの型練習(これだけではないですが、これもきっかけの一つでしょう)で腰痛を起こされていました。

 つまりもともと右脚に体重がかかりやすいのに、さらに片脚立ちにより左右差が大きくなってしまったということです。

 と言うことは、歩くとは片足立ちの連続ですから、歩いているだけでも左右差はどんどん大きくなるということを表しているんですよ。

 歩きだけではありません、ラジオ体操、自彊術等どんな健康法でもトレーニングでも左右均等に行うようなやり方では、かえって左右差を大きくしてしまうリスクが高いと言えます。

 したがって、まずは自分の体のクセを知るところから健康法は始めましょう。

  自分の体の癖をしっかり理解できる自己健康管理法の礒谷療法ベースの整体院 杉並区・西荻窪 鴨下療法所 
 

 
 

The left side of the photo stands on the left and the right side stands on the right.
The width of the outer line of the body and the yellow line running in the center of the body is wider on the right side.

This is a phenomenon caused by the pelvis being deeper on the right leg, as indicated by the green arrow in the photo on the right, and this is due to the difference in the left and right hip joints.

Most people have such left-right difference.

This person was suffering from low back pain in one-leg standing type practice (like this, but this is also one of the triggers) in a pose like a tai chi vine.

――In other words, the weight on the right leg tends to be high from the beginning, but the left-right difference has become larger due to standing on one leg.

By saying, walking means standing on one foot, so even if you walk, the difference in left and right becomes bigger and bigger.

Walking is not the only way to do exercises, such as radio exercises and self-implantation, and even if training is performed evenly on the left and right sides, the risk of increasing the left-right difference is rather high.

Therefore, first of all, let’s start the health method by knowing the habits of your body.

Isotani therapy based manipulative clinic based on a self-health management method that allows you to fully understand your habits Suginami Ward, Nishi-Ogikubo Kamoshita Therapy Center

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。