部屋履き、スリッパは良くないですよ。

posted in: 歩行 | 0


コロナウィルスで部屋で過ごす時間が増え、さらに今まで行っていた通勤、通学での歩行、スポーツなど運動が極端に減り易いので室内で出来る簡単な運動など意識的に取り組むべきです。

 そこで!
室内での歩きも意識的になるべくたくさん歩く必要が有りますから、室内履きにも気をつけたいものです。

腰痛でご来院いただいているある患者様が「娘に部屋で履いているスリッパもいけないんじゃないの?と言われたのよ」と。

「もちろん!!」

よくお気づきになりました。

どうしても、突っ掛け式の履物はかかと着地がしづらくなってしまいますから、つま先から着地をしている、という事と、脚を上げなくなるという事が起こりかねません。

特に変形性股関節症、ペルテス氏病、臼蓋形成不全の方や麻痺のある方は、股関節の内ねじれのクセが有る方が多いので、こうしたつま先歩きは股関節をさらに内に捻じることになるのでさらに痛みが増してしまう原因にもなりかねません。

面倒でも、踵にホールドが有るルームシューズ的なものか、最近は厚手のオーバー靴下的な履物も見かけますので、そうしたものをお履きになり、室内でもきちんと歩く習慣にしていただきたいと思います。

歩行も含めた生活習慣による脚の筋肉のアンバランスは多くの方の問題でもあります。

O脚の人なら大股になり、足先や膝が外に向く、がに股、外股になっていたり、X脚の方ですと足先が内に向いたり、膝が内に向く、内股になっています。

そして、癖のある靴やスリッパがそれに拍車をかけてしまいます。

片ベリしている靴を履くなども、体の歪みを助長しています。

室内履きにも注意を払い、きちんと歩く習慣を作りましょう。

身体を支えるベースである履物には、細心の注意が必要です。

外に出る機会、運動の機会が減っている今だからこそ、室内で歩く事を真剣に考えてみてくださいね。

靴などの指導も併せて健康作りをする磯谷療法ベースの整体院  杉並区・西荻窪  鴨下療法所

The time spent in the room with the coronavirus increases, and furthermore, the commuting, <!-More-> walking, commuting, and sports that you have been doing so far are extremely easy to reduce. You should work on it.

Therefore!
While walking indoors, you need to be as conscious as possible.

A patient who came to our hospital because of back pain said, “I told my daughter that she shouldn’t have to wear slippers in her room.”

“of course!!”

I noticed it well.

In any case, shovel-type footwear makes it difficult to land on the heel, so it may happen that you are landing from your toes and you will not be able to lift your legs.

Especially those with hip osteoarthritis, Perthes’s disease, dysplasia or paralysis have more habit of internal twisting of the hip joint, so such toe walking will twist the hip joint further inward So it can cause even more pain.

Even if it’s troublesome, you’ll see something like room shoes with heels or thick oversocks recently, so I’d like you to wear such things and have a habit of walking properly indoors.

It is very difficult to walk correctly, so most people cannot walk correctly.

Imbalance of leg muscles due to lifestyle such as walking is also a problem for many people.

If you have O-legs, your legs will be thighs, your toes and knees will be outward, your crotch will be your outer crotch, and if you have X legs, your toes will be inward, your knees will be inward, Has become.

And habitual shoes and slippers spur it.

Wearing a piece of slippery shoes also promotes body distortion.

Pay attention to indoor shoes and make a habit of walking properly.

Careful attention is required for footwear, which supports the body.

Isogai therapy-based manipulative institute that provides health guidance with shoes etc. Suginami-ku / Nishiogikubo Kamoshita Therapy Studio

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。