腰枕の効用と正しい使用方法・・・・70年前にこの先進性と効果の高さ!!


 ここ10年位でしょうか、仰向けに寝た状態で腰に枕を入れて身体をストレッチする商品がだんだん増えてきています。

 礒谷公良先生は、その必要性を70年前に研究して商品化されています。

 そもそも腰枕の目的は、脊柱の生理弯曲、柔軟性の回復にあります。

 猫背などの姿勢の狂いのスタートは骨盤の後傾からスタートし、その骨盤の後傾のスタート、根本原因は股関節にあります。

 この根本原理を理解していないと、腰にただ枕を入れて、「あ~気持ちいい~」と言う慰安で終わってしまいます。

 それは、肝心の股関節を見逃がしているからに他なりません!!

 そうです!

腰枕を入れる時は脚を紐で結ぶのです。

 それにより姿勢の崩れの根本原因である股関節まで矯正し、骨盤を起こし、脊柱の生理弯曲を回復させることが出来るのです。

 そして、股関節周りの筋肉のバランスがとれれば、骨盤は水平になり、腰枕などで柔らかくなった上半身は自然に下から整うのです!!

 正しい腰枕の使い方もマスターできる礒谷療法ベースの整体院 杉並区・西荻窪 小金井 鴨下療法所

For the past 10 years or so, the number of products that stretch your body by putting a pillow on your waist while lying on your back is increasing.

Professor Isogai researched the necessity 70 years ago and commercialized it.

In the first place, the purpose of the waist pillow is to restore the physiology and flexibility of the spinal column.

The start of posture disorder such as stooping starts from the backward tilt of the pelvis, and the root cause is the hip joint.

If you do not understand this basic principle, you will end up with the comfort of just putting a pillow on your waist and saying, “Oh, it feels good.”

It is none other than the fact that the hip joint is overlooked! !!

That’s right!

When inserting the waist pillow, tie the legs with a string.

By doing so, it is possible to correct the hip joint, which is the root cause of posture collapse, raise the pelvis, and restore the physiological curvature of the spinal column.

Isogai therapy-based manipulative clinic where you can master how to use the waist pillow correctly

 
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。