本当の骨盤矯正

 整体の中に骨盤の矯正と言うカテゴリーがあります。かくいう当所も骨盤矯正を行うと言っております。しかし当所では股関節を操作、矯正することで二次的に骨盤を動かしている骨盤矯正なのです。股関節矯正で骨盤を動かすのと、骨盤そのものを動かす事の違いを簡単なイラストにしてみました。テーブルの上のリンゴが非常に不安定な状態になっています。この時にテーブルの天板を直しますか?テーブルの脚を直しますか?ということです。
 人間の脚はテーブルの天板にあたる骨盤を支えています。ですから脚の状態を左右均等にすれば骨盤はおのずと整うのです。そして、脚の状態を整えるために必要なのが、そのつなぎ目である股関節矯正になるわけです。骨盤と脚を繋いで安定させている筋肉は必ず股関節を通るので、股関節の角度を良い状態にする事と脚の筋肉のバランスを整える事は同じことなのです。
さらに言えば、「なぜ骨盤が歪んだのか?」という視点の欠如も骨盤のみの矯正にはあります。脚を組んだりしているから骨盤が歪む?確かに歪みますが、それは脚の筋肉に癖がつくからです。(脚を組んだだけで骨盤が歪んでいれば私たちの身体はむちゃくちゃになってしまっているはずです)したがって効率よく骨盤を矯正するには脚の筋肉までも考えた股関節矯正が必要なのです。今まで骨盤矯正を受けて、その時は良いけど、直ぐに元に戻ってしまったという方は当所の股関節矯正=骨盤矯正を是非お試しください。特に歩行に問題がある方は股関節による骨盤矯正が解決の糸口になります。