力を込めていい姿勢?

1

力を込めて、力を入れて良い姿勢。

言葉からして、何か違和感が有りませんか?
しかしこれは現実に多くの方がやられています。

以前にもご紹介しましたが、私は姿勢が悪く小学校時代は剣道と習字を習いました。
watermark

どちらでも正座をしますが、常に「背筋を伸ばしなさい」とばかり言われ続けていました。

そして腰に力を入れて背筋を伸ばすことが良い姿勢と思い込み、22歳頃には再開した剣道で踏み込んだ瞬間に初ぎっくり腰をして以来、何年かに1回以上ぎっくり腰をやり、疲れてくると常に腰に不安を抱いているような状態になっていました。

先日、私と同様な経験をされてきた方がご来院くださいました。

姿勢の悪さから空手を習われたそうです。

そして、腰に力を入れていい姿勢を作られていたようです。(さらに空手は股関節を開きますから体にはきつい状態になってしまっていました)

ではそもそもいい姿勢とはどういうものなのでしょうか?

私は、どこにも筋肉の緊張が無く立つことが出来る、座ることが出来る事こそいい姿勢と定義しています。

生き物として、エネルギーの効率を最高にして生ある限り生き切る、という事は絶対的な至上命題と考えていますから、不必要な筋肉の緊張はエネルギーロスの無いものでもないと思います。

そして、その筋肉の緊張は偏っていれば骨を引っ張ってしまい骨格の歪みを生じます。

緊張とは拘縮ですから、血管を圧迫し血流を阻害します。

そして、骨格の歪みと筋肉の拘縮のダブルで神経を圧迫することにより、臓器などの器官の働きが阻害されます。

さらに言えば、筋肉の拘縮は=体が硬いという事ですから、日常生活の動作で出来ない事が増えるという事ですから、QOL(クオリティー オブ ライフ)が低下するという事です。

歩行に問題が出るなどはその最たるものなわけです。

ではどういう風に良い姿勢を作れば良いのでしょうか?

まず間違えてはいけない事は、骨盤が後傾しているから悪い姿勢になるのに、骨盤を無視して背中の筋肉で背筋を伸ばそうとする事です。

長くなりましたので続きは次回へ。

Put your strength, put your strength in good attitude.

Is there any sense of incompatibility from the words?
But in reality this is being done by many people.

As I mentioned earlier, I learned kendo and calligraphy in elementary school days due to poor posture.

Either way I will sit down, but I was constantly being told that “straighten up my spine.”

And thinking that it is good attitude to put the force on the waist and stretch the spine backwards, since around the age of 22, I first caught on the moment I stepped in with the resumed kendo and since then I caught my eyes a couple of times and tired, I was always in a state that I was feeling anxious about my waist.

Those who have been experiencing similar experiences as me a day ago visited us.

It seems that Karate was learned from bad posture.

And it seems that I was making a good posture to put my power on my back. (In addition, the karate opens the hip joint so it has become tight to the body)

So what is a good attitude in the first place?

I am defining it as a good posture that I can sit down where I can stand without muscle strain anywhere.

I believe that as a living thing, I maximize the efficiency of energy and survive as long as I live, I think that it is an absolute ultimate proposition, so I think that unnecessary muscle tension is nothing without energy loss.

And if the muscle tension is biased, it will pull the bone and cause skeletal distortion.

Tension is a contracture, so it pressures blood vessels and inhibits blood flow.

And by compressing the nerve with double of skeletal distortion and muscle contracture, the function of organs such as organs is hindered.

To put it another way, contracting muscles means that the body is stiff, so that things that can not be done with the actions of daily life increase, so that QOL (Quality of Life) will decline.

Problems such as walking are outstanding.

So how do you make a good attitude?

The first thing you can not make a mistake is trying to stretch your back muscles with your back muscles, ignoring the pelvis, because the pelvis is tilting backwards to become a bad posture.

I’m getting longer so I will continue on next time.

広告

男性トイレで、脚がしびれる。・・・脊柱管狭窄症

ある男性患者様が「変な話だけど、俺さ、男性トイレで用を足している時にだんだん脚がしびれてくるんだよ」と言われました。

「いえいえ、変な話ではありませんよ」

この患者様は70歳代の男性で脊柱管狭窄症でお困りになり、ご来院いただいております。
続きを読む

脚を鍛えなくては! シルバーカーや杖の使い方。

roujinsya_obaasan2

ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたね。
私は府中の大國魂神社の例大祭『暗やみ祭り』に行ってきました。
人ごみに行くと多くの方が杖やシルバーカーを使われているのを目にしました。
そして、多くの方が「まずいな~」と思う使い方をされていらっしゃいました。
続きを読む

新しい靴を履いてコンサートで立っていたら足の甲が痛くなった・・・良い靴なのに合わないのかな~?

4ff3217d9b5bd2b1fe81d4ccb1481dfb_t

「新しい靴を履いてコンサートで立っていたら足の甲が痛くなった・・・良い靴なのに合わないのかな~?」と、おっしゃられた方がいらっしゃいました。

この新しい靴は、踵のホールドがしっかりしていて靴底も割と平らで、私が見てもかなりいい靴だな、と言う感じでしたから、初め?と思いました。

そこで、この方の立ち方を見せてもらいましたら、理由が分かりました。
続きを読む

温泉の入り方・・・横尾忠則画伯の本より

6156110a13e251c1697456fa03f07f15
ゴールデンウィークも中盤ですね。
当院は5月5日は営業いたします、普段日曜祝日はお休みですので、お休みの日が合わなかった方も是非ご利用ください。

さて、先日来横尾忠則画伯のほにょりの引用を何回か書いてきましたが、書名が分かりました。 
『病の神様 横尾忠則の超・病気克服術』 横尾忠則著 文春文庫刊 でした。

今日もこの中から一つ。
続きを読む

脊柱すべり症の手術。 

yotu01
先日テレビの特別番組で、専門医による先端の治療法を紹介する番組がありました。

先端治療器具で、切っても血が出ないメスなど、びっくりするようなものも有りました。

腰の手術では、腰の痛みで著しくQOLが落ちていた女性患者さんが痛みから解放されていました。
その方は、すべり症だったのですが、メスで切る部分をなるべく小さくして、最後は叩いて骨を元の位置に戻してボルトで固定と言う様な手術でした。
続きを読む

筋膜リリース。

image

最近は筋膜リリースが整体業界でトレンドになってますね。
テレビでもよく筋膜と聞くようになりました。

確かに筋膜は骨格矯正をする為には緩める必要が有りますが、なぜそこだけ取り出しているのでしょうか?

当院の矯正でも筋膜は緩みますが、取り立てて筋膜、筋膜とは言いません。

筋膜も筋肉や靭帯と同時に緩むからです。

当院の治療のベースになっている礒谷公良先生の体の歪みの関係を記した要図には、筋膜のつながりによるものとしか考えられない体の歪みのメカニズムが書かれていますが、この図が描かれた70年前には筋膜の繋がりと言う概念は無かったでしょうから、先生はひたすら患者様の身体の観察からこの図を作られているのです。

この筋膜の繋がりの図は実際に解剖で確認されている事実ですから、私も患者様のお身体の不調に関してはこの筋膜解剖図で、どうしてその問題が起こっているのかを説明させていただいておりますし、歩行練習時にはやはりこの筋膜の連動を意識した歩き方を説明させていただいております。

right kata.gif

長い脚の反対の方が前に引っ張られる(前肩になる)という事が書かれています。

 

アナトミートレイン|SPL|スパイラル・ライン

筋膜の繋がりを解剖により解明したアナトミートレインの図。 スパイラルラインで脚の外側から繁多の方への繋がりが分かります。

しかし、なぜ筋膜だけをことさら抜き出して問題にするのでしょうか?

肩甲骨を緩めれば・・・

副交感神経を優位にさせれば・・・

呼吸を深くすれば・・・

開脚すれば・・・

炭水化物をやめると・・・

それぞれもちろん大事な事ですが、これだけやれば的な発想には疑問を感じます。

結局は全てバランス良く、が一番大事なのではないでしょうか?

人の身体は十人十色、みんなが同じなわけではないのです。

まず自分の体が現在どうなっているのか?

どうしてそうなったのか?

そして、どうすれば治るのか?

丁寧、丁寧、丁寧に~根本から考えるんだ~。(>_<)
10178200_music_top

Recently my fascia release has become a trend in the regulatory industry.
I began listening to my fascia well on television.

Certainly the fascia need to be loosened to do skeletal correction, why is it taken out there only?

Although my fascia loosens even at our hospital correction, it is not said that it is fascia, fascia.

It is because it relaxes with muscles and ligaments at the same time.

The essential drawing describing the relation of the distortion of the body of Professor Kadaru Usuya, which is the basis of our hospital treatment, describes the mechanism of the distortion of the body that can only be thought of by the connection of the fascia , 70 years ago when this figure was drawn, there was no concept of fascia and normal dissection would not have understood the connection of the fascia, so the teacher would not be able to see this figure from observation of the body of the patient alone It is being made.

Therefore, I am also explaining about this patient’s physical disorder in this fascia dissection diagram, and I will explain why the problem is occurring, and when walking practice I also think that walking with consciousness of this fascia interlocking I will explain to you.

If you scoop your shoulder blades …

If you make parasympathetic nerves superior …

If you loosen the fascia …

If you open your legs …

When you stop carbohydrates …

I do not understand why it is only taking them out.

After all it is not all in balance, is not it the best?

The human body is ten colors, and everyone is not the same.

First of all, what is your body like now?

Why did that happen?

And how do you recover?

Polite, polite, politely ~ draw. (> _ <)