「顔色が良くなり、艶が増してきたでしょ!」

 これは先日、ある患者様の奥様から頂いたお言葉です。

 ご主人様は変形性股関節症との診断を受けて、手術を勧められていましたが、当所の代替療法を選択されて矯正を始められた70歳代の方です。

 2月末から矯正を始められ、このお顔の変化のお言葉をいただいたのは4回目の矯正時でした。

 

奥様が「何だか最近主人の顔色が変わってきたのよ。前はもっとくすんだ色していたのに顔色も明るくなったし、艶も出てきたのよね」と言われたのですが、私も顔色が良くなったなと思っていたところでした。(そして奥様も「美容にも良いなら私も始めようかしら」と矯正を始められました)(>_<)

 この方の場合、右の股関節に変形がある、左脚が長いタイプでした。

 「礒谷療法の統計では『左脚が長くなると消化器、泌尿器に問題が起きやすくなる』と言いま。顔色が黒くくすんだ感じだったのは東洋医学で言う腎の働きが低下している現れだったと思いますが、股関節矯正で内臓の働きが向上し血行が良くなった証拠ですよ」とご説明しました。

 ちょうど先日の変形性股関節症や先天性股関節脱臼の方は痛みを取り除くだけではなく、脚の長短差を無くすようにと説明したブログの内容どうりの症例でした。

     股関節一筋70年の礒谷療法を20年以上の臨床経験の整体院  杉並区・西荻窪  鴨下療法所
 
 

This is a word I received from a patient’s wife the other day.

My husband had been diagnosed with osteoarthritis and was advised to undergo surgery. Is.

The correction was started from the end of February, and the word of this change of face was received at the fourth correction.

His wife said, “Somehow my husband’s complexion has changed recently. The complexion became brighter and glossy, though it used to be more dull before.” However, I was just thinking that my complexion had improved. (And his wife started to correct, saying, “If I’m good for beauty, I’ll start.”) (> _ <)

In this case, the right hip joint was deformed and the left leg was long.

According to Isogai’s statistics, “If the left leg becomes longer, problems with the digestive and urinary organs are more likely to occur.” He explained that it was evidence that the correction of the hip joint improved the work of internal organs and improved blood circulation.

The other day, for those with hip osteoarthritis or congenital hip dislocation, we explained not only to remove the pain but also to eliminate the difference in leg length.

Isogai therapy for 70 years in the hip joint, manipulative institution for more than 20 years Suginami Ward / Nishiogikubo Kamoshita Therapy Studio

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。