A様 変形性股関節症・脊柱管狭窄症・・股関節・骨盤矯正で歩きも少しづつ良くなってきました。


 A様は60歳代 女性 荒川区在住の方です。
 臼蓋形成不全で、小学5年生から寒いと坐骨神経痛があり、30歳代から股関節にも痛みが出るようになっていたそうです。
 どうしても痛みが有る方は痛みから逃げようと歩きに癖がついてしまうものですが、初めて来ていただいた時には歩き方が独特で足首だけでピッ、ピッと外に蹴るように歩かれていましたし、脚長差から起こる上半身の左右への揺れ、跛行も目立つ状態でした。

 この動画撮影時は矯正開始から1年ぐらいたった時のもので、この骨盤歩行の練習、習得により脊柱管狭窄症による間欠歩行は無くなっている状態でした。

 

  1.  動きにも左右差があり硬い感じですね、右脚に体重が落ちてしまう跛行感もまだ少し残っています。
  2.  左右の足先が開いています。
  3.  骨盤歩行はできてはいるのですが、体幹で腰を回している状態です。
  4.  1歩1歩に骨盤、体重がしっかりと載るという状態ではありません。

 ポールを使い、ゆっくりと歩いていただいていますので上の動画との比較は難しいのですが・・・。

  1.  体幹で無理に骨盤を出すのではなく、自然に骨盤が出るようになっています。
  2.  足先がまっすぐになってきました。
  3.  股関節に緩やかさが出て骨盤が自然に脚に乗ってきました。

 現在は見ていただいても上半身のブレ、跛行は完全に消失し体重移動、脚の運びなど総合的にあと少し、と言うところまで来ていると思います。

 変形性股関節症に関しては手術によらない保存をすると決めていらっしゃいますので、私もしっかりとお力になれるように考えています。

歩く動作には色々な要素がありますので、そうした注意点を全部いっぺんにやろうと思うと混乱して一歩も脚が出なくなってしまいますから、毎回1つづつ課題を設定して練習していただいています。

この動画ではポールを使用して片脚、片脚に骨盤を乗せる課題に取り組んでいただいています。

 この課題により、歩きに安定感が増し、体軸が安定することにより、脚の外側にかかる負荷が減少し脚の外側に起こる痛みや負担が無くなります。
 また骨盤が動くことにより体幹が柔らかく使えるようになると更に良いなと言うのが狙いです。

 ゆっくりと動くことにより、正確に課題を行うという方法は太極拳の練習メソッドを参考にしています。

 コロナウィルスで自宅で過ごすことが多くなっていますから、時間を気にせずゆっくり、じっくりと取り組んでいただけるといいなと思います。

当所では、股関節・骨盤矯正をお受けいただくと同時に自宅での体操、生活習慣の指導、そしてこのような歩行指導をセットで行っています。

変形性股関節症の方の歩行リハビリも確実に行える礒谷療法ベースの整体院  杉並区・西荻窪 鴨下療法所
  

 Mis A is a woman in her 60s living in Arakawa Ward.
Since dysplastic dysplasia, from the 5th grade of elementary school, I had sciatica when it was cold, and from the 30s onward, I had pain in my hip joint.
People who have pain always have a habit of walking to escape from the pain, but when they first came, they walked in a unique way and they walked like they just kicked and kicked outside. , The sway of the upper body to the left and right caused by the difference in leg length, and lameness were also noticeable.

This video was taken about a year after the start of correction, and the intermittent walking due to spinal canal stenosis had disappeared due to the acquisition of pelvic walking.

However, it is not in a state where the weight is firmly placed on each step.

     

  1. It feels stiff because there are left and right movements, and there is still a slight lameness that causes weight loss on the right leg.
     

  2. Left and right toes are open.
     

  3. Pelvic walking is a state in which the waist is completely rotated with the trunk.

    I used a pole to walk slowly, so it’s difficult to compare …

       

    1. The pelvis is designed to come out naturally instead of forcing it out with the trunk.
       

    2. My feet are getting straighter.
       

    3. The looseness of the hip joint has come out, and the weight has naturally fallen on the leg.

      Even if you look at it now, I think that you have come to say that the upper body blurring, lameness have completely disappeared, weight movement, leg transportation etc. are a little more comprehensive.

      I have decided to preserve my hip osteoarthritis without using surgery, so I’m thinking that I can help.

      There are various elements in the walking motion, so if you try to do all these precautions at once, you will be confused and you will not be able to step out even one step, so you should set one exercise each time and practice. It has received.

      In this video, we are working on the task of using a pole to place one leg and the pelvis on one leg.

      Due to this issue, it will be better if the feeling of stability increases while walking, the axis of the body is stabilized, the load on the outside of the leg is reduced, and the pelvis moves to allow the trunk to be used softly. I’m aiming.

      Tai Chi is used as a reference for how to perform tasks accurately by moving slowly.

      I spend more time at home with coronavirus, so I think it would be nice if you could work slowly and carefully without worrying about time.

      At this place, we receive hip and pelvic correction, and at the same time, we do gymnastics at home, lifestyle guidance, and such walking guidance as a set. .
      Isogai therapy-based manipulative clinic that can reliably perform gait rehabilitation for people with osteoarthritis Suginami Ward, Nishi-Ogikubo Kamoshita Therapy Studio

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。