コロナウィルスなどに対して、免疫力を上げる方法は?4

posted in: 礒谷療法・MBM | 0

 さて、コロナウィルス等に対する免疫力を上げる方法もいよいよ最終回!

 

歩くより効果が高い『内転筋スクワット』です。

 最近は、高齢者等に特にスクワットが推奨されていますが、脚を開いて行うやり方ではかえって体を壊すことも多いのです。

 それは、その人の身体の状態がすでにまっすぐではない可能性が非常に高いからです。

 体がまっすぐでないと、脚を腰幅に均等に開きたくても、脚の筋肉の強弱で中心が左右にずれるということが起こり、このずれにより脚の筋肉の左右差がさらに増大してしまうことが起こるのです。

 そして、脚の強い筋肉が動きの主役になり、強い筋肉がさらに強くなりバランスを損なう事になります。

 したがって、前回でも書きましたが、自分の身体のクセを知りそれを修正する脚の位置で運動することが必要になるのです。

 もし今現在、痛みや疾患が無い方であれば、スクワットを行う時につま先を揃えてつけ、踵をそれぞれ5センチほど離して行ってみてください。
 これは健康な方が健康増進に行うための運動なので、痛みが無くても脚の脚長差が大きい方、股関節疾患がある方やX脚の方には違う形になりますのでご注意ください。
 行って痛みなど不調が出るようでしたらただちに中止して礒谷療法施術者に相談してください。

 写真の様な姿勢で行うのですが、この内転筋スクワットはやり方にちょっとしたコツがあり、初めはそれが少々難しいと思いますので、出来ましたら礒谷療法施術者に一度示度をお受けになる事をお勧めいたします。 

 とにかく、この未曾有の出来事コロナウィルスが落ち着くまで、免疫力を高めて健康維持に勤めましょう!!

 
 内転筋スクワットなど一人一人の身体の状態に合わせた運動で体温を上げ免疫力を上げることが出来る礒谷療法ベースの整体院
                       杉並区・西荻窪  鴨下療法所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。