歩くと疲れる~。

posted in: 歩行 | 0

 
 「最近歩くのが億劫になった」

 「最近歩き方が変わってしまったようだ」

 「最近歩くのが遅くなった」

 「最近歩くと疲れが残る」
 
 「最近歩くと痛い」

 これらを老化で片づけていませんか?

 それは、非常にもったいなく、危険でさえあります。

 完全に歩けなくなったのでなければ、努力さえすれば改善するからですし、歩き方の悪化は間違いなく体の歪みが原因だからです。

 もちろん老化による筋力の低下は有りますが、ほぼ100%それだけではありません。

 それなのに!

 それなのに、その体を歪めてしまった歩き方のままで歩数を増やして大丈夫でしょうか?

 体を歪めた歩行=筋トレを多くすれば、体はもっと歪むのです。

 歩き方、自分の体の状態に関しては、一度きちんと専門家の意見を聞いていただく事をお勧めいたします。

50歳過ぎたら正しい歩き方を意識して健康寿命を延ばしましょう 礒谷療法ベースの整体院 杉並区・西荻窪 小金井 鴨下療法所
 
 
  
“Recently walking has become a hassle.”

“It seems that the way of walking has changed recently”

“Recently I’ve been slow to walk”

“I feel tired when I walk recently”

“It hurts when I walk”

Are these being cleaned up by aging?

It’s very wasteful and even dangerous.

Unless you can’t walk completely, it will improve if you make an effort, and the deterioration of the way you walk is definitely a distortion from the beginning.

Of course, there is a decrease in muscle strength due to aging, but it is not only almost 100%.

Even so!

Even so, is it okay to increase the number of steps while keeping the way of walking with the body distorted?

The more muscle training that distorted the body, the more distorted the body.

I recommend that you ask an expert once about your physical condition and how to walk.

If you are over 50 years old, be aware of the correct way to walk and extend your healthy life expectancy. 
 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。