ジムでのバイクの正しい座り方を教えてください

猫背で良くない座り方
足先も膝も開いています。
背筋が伸びた良い座り方。
足先も膝もまっすぐに正面を向いています。

 最近ご来所いただいております患者様から、スポーツジムのバイクの座り方についてラインでご質問いただきました。
 トレーナーさんに写真(上の写真は別のモデルさんのものです)を撮ってもらい、ラインですぐ送れるんですから、便利ですよね。この患者様は遠方にお住まいで月一で東京に来られる時にお寄りいただいておりますから、こうして時々体操などのご質問などを頂いて確認しながら安全に矯正を進めています。

 結果は、残念ながら上の写真のように足先と膝が外に開き骨盤が寝ているダメな座り方でしたから、写真を添付して正しい座り方をご指導いたしました。

今日はその内容、正しいバイク、自転車の座り方をご説明いたします。

 上2枚の写真は、良くない座り方ですが、背中が丸くなってるのがお分かり頂けると思います。骨盤が寝てしまっているので、背骨も猫背がひどくなりますし、膝も開き易くなるので膝痛等の原因にもなります。
 また、骨盤の後傾は内転筋、モモの内側の筋肉が使えなくなるのでこぐパワーも出ません。

 下の2枚の写真は正しい座り方です。骨盤をしっかりと立てているので背筋が伸びています。骨盤が立っていて膝と足先がまっすぐ進行方向を向いているので内転筋がしっかりと使えパワーが出易い状態です。

 O脚の影響は生活すべての動作に影響します。そして、O脚で体を使う事で、ますますO脚は進みます。

 ご高齢の方でX脚の方と言うのはあまり見かけませんよね?
 ほとんどの方はそもそもがO脚でさらにそれが加齢と共に進行するのです。

 したがって若い時から自転車に乗る時もこれぐらい気をつけて乗るように習慣付けてくださいね。

 余談ですが、西荻窪の近所での自転車のトラブルは吉祥寺のシティーサイクル・マツモトさんがお勧め!腕がいいロッカーのお兄さんが丁寧な仕事をしてくれます。

    自転車の正しい座り方など生活習慣全般の基本所作も覚えられる礒谷療法ベースの整体院 杉並・西荻窪  鴨下療法所

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。