『かかと落とし運動』の弊害

 
 以前にも注意を促した、『かかと落とし』は弊害があることにご注意ください。

 骨密度を上げて、認知症予防にも効果的ということで、椅子の背に掴まり踵を上げて、すとんと落とす『かかと落とし体操』。有名な先生が紹介してから、やる方が増えているようです。

 かかとは漢字では、足に重い『踵』と書くように体重がかかる様にデザインされている骨です。

 スネにある2本の骨の太い方、脛骨が股関節から正しいアライメント下では、この踵の骨の真上に乗るために、歩いたりする刺激が踵から脛骨、大腿骨に響き骨の代謝を上げるという働きがあるので、踵を刺激すれば骨の密度が上がると考えるのは、その通りだと思います。

 しかし、その為に『かかとを上げる』と言う運動が加わってしまうのが問題なのです。

 この踵を上げる動作を何回か繰り返すとふくらはぎに疲れを感じますので、このあたりの筋肉を鍛えていることが分かります。

 ふくらはぎの筋肉は背伸びをしたりする働きや、体が前に傾き過ぎないようにする働きを担っているので、高齢者やO脚、筋肉が弱い方などでは、歩行時に前へ進むために自分の体重を前に投げ出すようにして歩いているので、このふくらはぎの筋肉はすでにパンパンになっているところを、この運動でダメ押ししてしまいます。(この運動をやって調子がいいという方は、じゅぶん歩いたりして脚の筋肉がバランスよく鍛えられている方だと思います)

 そもそも、先ほど踵の上に脛骨が乗り…と書きましたが、その為には大腿部の筋肉のバランスが良く正しく歩けることこそが必要な事なので、こうした部分的な筋トレは弊害が出てしまいます。

 それは、つま先立ちの姿勢は股関節に内旋と言う太ももの内へのねじれを誘発してしまうのです。

 これにより、臼蓋形成不全や変形性股関節症、ペルテス病というような股関節の疾患がある方は痛みが増したり、変形が進む可能性も有りますし、膝の内側の痛み、脚の冷えを作ることもあります。

 したがって『踵落とし』などの脚の一部分だけを鍛えてバランスを失調するような体操よりも、踵からきちんと着地する歩き方をこそ習得するべきで、その為には太ももの筋肉のバランスを回復することが必要な体操だと思います。

 正しい歩き方を身につける事が出来る礒谷療法ベースの整体院 杉並区・西荻窪 小金井 鴨下療法所 

 
 Please note that “heel drop”, which I called attention to before, is harmful.

 By increasing bone density and preventing dementia, you can grasp it on the back of your chair, raise your heels, and drop “Heel drop”. It seems that more people are doing it since the famous teacher introduced it.

The heel is a bone that is designed so that it puts a lot of weight on it like writing “heel” on the foot in Kanji.

In the correct alignment of the two bones, the thicker one of the bones and the tibia from the hip joint, the stimulus of walking or walking to reach directly above the bone of this heel affects the metabolism of the bone from the heel to the tibia and femur. It works, so I think it is true that stimulating the heel increases bone density.

However, the first problem is that a movement called “elevating heels” is added for that purpose.

 If you repeat this motion of raising your heels a few times, you will feel tired in the calf, so you can see that you are training the muscles around here.

The calf muscles are responsible for stretching the back and preventing the body from leaning too far forward, but in the elderly, O-legs, and weak muscles, the calf muscles need to move forward when walking. Many people are walking with their weight thrown forward, so those who do not push this calf’s muscles in a cramp with this exercise.

In the first place, I wrote earlier that the tibia lies on the heel, but for that purpose it is necessary to have a good balance of the thigh muscles and to be able to walk correctly, so such partial muscle training has harmful effects. I will end up.

 It means that the posture of standing on the toes induces an inward twist in the hip joint.

As a result, people with hip disorders such as hypoplastic dysplasia, osteoarthritis, and Perthes’ disease may have more pain and may progress to deformity.In addition, pain inside the knee and cold leg may be caused. Sometimes I make it.

Therefore, you should first learn how to walk properly from the heel, rather than doing some gymnastics such as taking out a part of the heel.

Isogai therapy based manipulative clinic where you can learn how to walk correctly Suginami Ward, Nishiogikubo Koganei Kamoshita Therapeutics Center
 
 
 

 
 

 

2 Responses

  1. 室谷 百合子

    背骨は 左に曲がり つぶれています。
    両膝 変形性膝関節 です。
    毎日の仕事で 腰に痛みがでています。
    8月は おやすみでしょうか?
    予約制でしょうか? 

    • kamoshitaryouhou

      コメントありがとうございます。
      背骨が左に側弯と言う事は右脚が長いタイプなのでしょうか。膝の変形も背骨、腰痛も矯正と
      日常生活の改善、体操などで確実に改善できると思います。
      コロナの影響で、ネットからのご予約システムが難しくなってしまいましたので、お手数をお掛けしますが
      メールかお電話でご予約の確認をお願いいたします。
      鴨下

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。