握力減退は脳梗塞のサイン?

posted in: 首・肩・背骨 | 1


 大げさではないんですよ、この関係。

 どういう事かと言うと、握力減退は前肩による屈筋、曲げる筋肉の緊張により筋肉が働かなくなることにより起こります。

 写真のように親指の筋肉が縮んんで盛り上がってきているとこの筋肉がうまく働けなくなっているということです。

 そして、前肩は猫背から起こりますが、肩が前に引っ張られると、首の筋肉も当然引っ張られ頭へ行く血流が阻害されます。

 脳梗塞やくも膜下出血を患われた方は、その前に肩こりや首のコリを訴えられているケースが多いのです。

 「ペットボトルのふたが開けられなくなった」これがまだ60~70歳台ですと筋肉の老化としては、ちょっと早い感じです。

 もし心当たりがあれば、背中が丸くなってないか、肩が前に出ていないか、チェックしてください。

 そして、もし姿勢の悪化が気になれば、まず骨盤をしっかりと起こす座り方を意識しましょう。

   握力減退も改善できる礒谷療法ベースの整体院  杉並区・西荻窪 小金井 鴨下療法所
 
 
 It’s not an exaggeration, this relationship.

What is meant is that grip strength decline occurs because the muscles do not work due to the flexion and flexion of the front shoulder.

 If your thumb muscle contracts and rises as shown in the photo, it means that this muscle cannot work properly.

And the front shoulder comes from the back of the cat, but when the shoulder is pulled forward, the muscles of the neck are naturally pulled and the blood flow to the head is blocked.

 People suffering from cerebral infarction and subarachnoid hemorrhage often have stiff neck and neck stiffness before that.

”I can’t open the lid of the PET bottle” If this is still in the 60s to 70s, it seems a little early for muscle aging.

If you have any idea, check whether your back is curled up and your shoulders are not forward.

Then, if you are worried about the deterioration of posture, first consider how to sit up to firmly raise the pelvis.

Isotani therapy-based manipulative clinic that can also improve grip strength decline Suginami-ku/Nishiogikubo Koganei Kamoshita Therapist 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。