脚のつり・・・芍薬甘草湯 ツムラ68番で大丈夫? 

posted in: スポーツ, 歩行 | 0

 
 整形外科等で「脚が良くつります」「膝が痛いんですけど、漢方薬を処方してほしいのですが」と伝えれば、定番の処方薬が芍薬甘草湯です。

 テニスや登山をやる方なら「68番持ってる?」という位ポピュラーですね。

 かくいう私もサッカーでオーバーワークをしてしまい、次の日にひどい筋肉痛が残りそうだな、と言う時などには飲んでいました。

 甘草と芍薬と言うシンプルな2味による薬ですが、非常にいい薬だと思います。

 しかし、それだけに頼り過ぎはいけません。

 

例えば、ランニングやテニスでもフォームの悪さからくる『脚のつり』は意外に多いのですが、その悪いフォームの改善を行わず、繰り返して悪いフォームで競技を続ければ、そのうちに膝や足首などの関節系、もしくは腸脛靭帯炎、足底筋膜炎などの筋肉系のトラブルが起こってしまうかもしれません。

 また、夏場など多量の発汗でミネラル不足により起こっている『脚のつり』なら、ミネラル補給をしなくては体が参ってしまいます。

 試合等で明らかにオーバーワークをしてしまった時以外でもよく『脚がつる』人は、まずフォームをチェックしてみましょう!!

 一番多いのは足先の開き過ぎが習慣化しているケースです。

 足先が開きニーインしていると股関節が内に捻じれ前重心が引き起こされますので、常にふくらはぎに負担がかかり、ふくらはぎがつり易くなるのです。

 自分が歩いているところを動画で撮影してもらえば一目瞭然でしょうし、意識しないで自然に歩いている時の自分の足先を観察してもも分かると思いますので、心当たりの方はチェックしてみてください。

 ふくらはぎのつりが頻繁に起こるケースも股関節矯正で改善できる礒谷療法ベースの整体院
 杉並・西荻窪  小金井  鴨下療法所

Speaking of orthopedics, etc., “I have a bad leg,” “I have a pain in my knees, but I would like to prescribe herbal medicine.” The standard prescription drug is Shakuyakukanzoto.

 If you are doing tennis or mountain climbing, it’s a popular place, saying “Have you got number 68?”

I was overworked in soccer, and I was drinking it when I said that the next day I might have severe muscle pain.

 It is a simple two-dish medicine called licorice and peony, but I think it is a very good medicine.

However, don’t rely too much on that.

For example, there are surprisingly many “legs hanging” due to bad form even in running and tennis, but if you do not improve the bad form and continue playing with bad form repeatedly, you will soon get knees and knees. Problems may occur in the joint system such as the ankle, or in the muscular system such as iliotibialitis and plantar fasciitis.

Also, if you have “leg fishing” that is caused by a lack of minerals due to a large amount of sweat such as in the summer, you will have to replenish the minerals.

If you’re a “legged” person, even when you’ve obviously overworked in a game, check the form first! !

 The most common case is that the feet are too open.

 If the toes are open and knees in, the hip joint will be twisted inward and the front center of gravity will be caused, so the calf will always be overloaded and the calf will be more prone to hanging.

It will be obvious if you take a video of the place you are walking, or you can understand it by observing your toes when walking naturally without being aware, so check it if you know please try.

─ Isogai therapy-based chiropractic clinic that can improve cases of frequent calf cramps with hip correction
Suginami/Nishi-Ogikubo Koganei Kamoshita Therapy Studio

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。