転倒による体のダメージ

posted in: 礒谷療法・MBM | 0


 先日も転倒による体の不調の話を書きましたが、また新たな事例がありました。

 ある女性の患者様なのですがベランダで洗濯物を干そうと背伸びをしたところバランスを崩して窓のサッシによりかかる様に転倒をしたそうです。
 それまで当所の体操などで快調に過ごされていたので、その後の体調の悪さが際立ったそうですが、打撲をした肘以上に身体が詰まった感じ、右ひざ内側痛、左膝裏痛、肩甲骨周り、おなかのはりが出てきたので、早く受診したいとLINEで連絡をいただきましたので、まずは当日の応急処置で膝の痛みが取れる体操などをやっていただくようにお伝えして、次の日にご来所いただきました。

 所見は、左側に転倒した為に左の骨盤が歪み、左股関節が強烈に内に捻じれていました。股関節矯正で左股関節の内ねじれを取り除き、連動して起こってしまった体のねじれをザブトン矯正等で取り除くと、かなりの違和感がとれたと言われ、1週間後に再びご来所いただいた時には8、9割以上は捻じれ感は取れているとの事でした。

 

転倒は骨盤を打つことにより骨盤が動いてしまうので、股関節もずれるのです。

 
 そして骨盤、股関節の転位は背骨も動いてしまうので、この方のように全身に影響を与えるのです。

 しかし、直接的に股関節に痛みや違和感が出ないとどうしても放置してしまいがちなのですが、それが予想もしていない問題を引き起こすことが多いのです。

 以前読んだお医者さんが書いたもので『パーキンソン病などの難病に罹患した方の多くがひどい転倒の経験者である』という説がありました。

 ぜひ、転倒後、『何だか調子がおかしい』というような方は股関節矯正で元の状態に戻してください。

  股関節の最適角度に矯正できる唯一の礒谷療法ベースの整体院  杉並区・西荻窪 鴨下療法所

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。