椎間板ヘルニアと診断されましたが・・・原因から考えなければ。

 
 昨日の腰痛つながりの話ですが、ある方が病院で「椎間板ヘルニアです」と診断されたそうです。
 
 すると、「とりあえず痛み止めと、シップで様子を見ましょう」と言われておしまい。
 他に何の説明も無く、痛いのに様子を見るだけ?と憤ったと言うことです。

 それでは、そもそもこの椎間板ヘルニアとはどういう病態なのでしょう?

 このように、背骨の骨と骨の間の椎間板が外に飛び出して神経を圧迫することにより痛みやしびれが生じている状態なのです。

 では、何で椎間板が飛び出しているのでしょうか?

 それは図で見ても分かるとおり、背骨が湾曲しているから片側が開くことにより骨と骨の間の椎間板が飛び出しているのです。

 そこで、手術では飛び出している椎間板の部分を切除するのです。

 つまり・・こういう処置です。

 これどうですか?

 治ったと言えると思いますか?

 実際に過去の症例では、手術後約2年で手術をした個所の上下2か所に再発をされた男性の方がいらっしゃいました。↓
 この方は朝、洋式トイレにしゃがむことが出来ないほどの痛み痺れに悩まされておりました。
 (この方は、もう二度と手術はいやだと、必死の屈伸で完治されました)

 これが治ったという状態ではないでしょうか?

 痛みやしびれを、すぐに取り除きたい気持ちは分かりますが、このように根本の原因からアプローチして体を整えることをお勧めいたします!!

 椎間板ヘルニア←背骨の側弯←骨盤の左右高低差←股関節の左右角度差が根本の原因であると見抜いているのは礒谷療法なのです。

 うまくすると、骨盤矯正でも背骨は動きますが、それを長い間持続させるためには股関節を安定させることが必要なのですが、それを実現するためには脚の筋肉のアンバランスを是正する必要が有るのです。

 したがって股関節矯正による骨盤矯正による骨格矯正が根本だと断言できるのです!!

 椎間板ヘルニアも股関節で治すことが出来る礒谷療法ベースの整体院  杉並区・西荻窪 小金井  鴨下療法所 

  
Regarding the back pain related to yesterday, it seems that one person was diagnosed with “disc herniation” at the hospital.
Then, I was told, “Let’s stop the pain and see the situation with the ship for the time being.”
 Nothing else explained, just seeing the situation though it hurts?  He was angry.

Well then, this What is the condition of herniated disc?

 In this way, the intervertebral disc between the bones of the spine jumps out and presses the nerve, causing pain and numbness.

Then, why is the intervertebral disc protruding?

As you can see from the figure, it is because the spine is curved and one side is open, so the intervertebral disc between the bones pops out.

Then, during surgery, the part of the intervertebral disc that is protruding is removed.

That is, this is the kind of treatment.

This will temporarily remove the pain and numbness, but since it has not completely healed, there is a great risk of recurrence. 
 
In fact, in the past case, there was a man who had a recurrence in two places above and below the surgery site about two years after the surgery.
 In the morning, he was suffering from pain and numbness that made him unable to squat in a Western-style toilet.

 Therefore, you can get rid of pain and numbness as soon as possible, and you can understand the feeling of the body, but we recommend that you approach from the root cause and prepare your body! !
The image is like this…

Intervertebral disk hernia ← scoliosis ← pelvic left/right difference ← hip joint left/right angle difference is the root cause of Isogai therapy.

Hopefully, your spine will move with pelvic correction, but you’ll need to stabilize your hips in order to sustain it for a long time, but you’ll need to correct the leg muscle imbalance to achieve that. There is.

Therefore, skeletal correction by pelvic correction by hip correction can be the basis! !

Isogai therapy-based manipulative clinic that can cure disc herniation with hip joints Suginami Ward/Nishi-Ogikubo Koganei Kamoshita Therapist

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。