カテゴリー別アーカイブ: 6 歩行の問題 ビッコ・跛行

インソールによる矯正・・・非常に難しいです。

t02200277_0499062911396487686
このブログでも、靴とかインソールの問題はとくに多くの方に見ていただいています。

私の先輩でも礒谷療法を深く研究された方が、「インソールは小さな副子固定だ!」と言われて研究を進めている方がいました。

副子固定とは、礒谷公良先生が考案された股関節を矯正する為のギプス固定法です。
腰に固定器具を装着して、股関節の角度を矯正する為に腰から足首までの添え木の腰部、膝分、足首部にそれぞれ適正な脚の向きに付けたパッドで脚全体を最適な状態に矯正をするのです。
続きを読む

広告

健康に暮らすために必要な一日の歩数?・・・

gatag-000053622
手軽にできる健康法としてウォーキングは非常に取り組む方が多いと思います。

そこで多くの方が問題にされるのが『一日の歩数』ではないでしょうか?
続きを読む

脚を鍛えなくては! シルバーカーや杖の使い方。

roujinsya_obaasan2

ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたね。
私は府中の大國魂神社の例大祭『暗やみ祭り』に行ってきました。
人ごみに行くと多くの方が杖やシルバーカーを使われているのを目にしました。
そして、多くの方が「まずいな~」と思う使い方をされていらっしゃいました。
続きを読む

補高靴の勘違い…脚の長短差を無くす側弯症の根本療法。

kaiteki2
西式健康法の創始者、西勝造先生の著作全集8巻 姿勢と体貌 柏樹社刊 に補高靴の事が書かれていました。
少々長いですが引用しますと、
「(脊柱)の弯曲は、両脚の長さが相ひひとしくなるまで、一時的に、短い脚の方の靴を高くすれば、これをまったく根絶しうるであろう。 しかし、こうした状態を、いつまでも放置すると、脊椎は、ついには弯曲の凹面側において幾分楔上となり、かつ狭くなるであろう。  続きを読む

患者様の声・・・先天性股関節脱臼、腰痛

018

この方は先天性股関節脱臼で整復はされていらっしゃいますが、脱臼が有った方の脚に股関節の内転、内旋が非常に強くみられ、そのために左右の脚長差が大きい為に、腰痛でお悩みの為にご来院いただきました。
続きを読む

リュックの背負い方+スマホ

mig
若い人を中心に多くの人がリュックをずいぶん下げて背負ってますよね。
山登りの経験がある方にはあり得ない背負い方ですが、どれほど姿勢などにダメージが有るかちょっと実験してみました。
11
リュックの中には10キロの砂袋を入れました。
重心が下がると身体を前傾させて後ろに倒れないようにしないとバランスが保てません。
私の場合は顔を前に突き出すようにしてバランスを取っていますが、かなり疲れと腰の緊張を感じました。 続きを読む

足のハイアーチ、いわゆる甲高! その原因。

14719810_323371251354758_5185506796067880960_n

なかなかのハイアーチですね。 右脚が寝てしまっているのも非常に気になります。

土踏まずが欠落している偏平足の反対がハイアーチと呼ばれる甲高状態です。
一般的に、その原因は先天的なものが多く、家系的な遺伝的な要素が現れる、後天性のものは麻痺等の病気が影響して現れるケースや、靴の影響で起こる事が有る・・などと説明されることが多く、このハイアーチで問題になるのは、足が疲れやすくなったり、タコや魚の目が出来やすい、膝痛や腰痛の原因になる、足底筋膜炎や踵骨棘等の、脚の病気を引き起こす事が有ると言われています。 続きを読む