カテゴリー別アーカイブ: 11 お勧めの本

『スタンフォード式 疲れない体  山田知生著 サンマーク出版刊』を読んで。

51hsBhueawL__SX335_BO1,204,203,200_
この「疲れない体」を購入したのは、スタンフォードという権威に目がくらんだのもそうですが(>_<)、立ち読みした時にパッと目に飛び込んだ一文からです。

それは、将来メジャー入りが有望視されているあるピッチャーが「疲れがたまってくると、まず股関節の動きが今一になって体重移動がしっくりこなくなる。 そのうえ、上半身がうまく回転しないので腕も振れず、早いイニングでボールに勢いがなくなるんだ。・・・」という文章です。
続きを読む

広告

温泉の入り方・・・横尾忠則画伯の本より

6156110a13e251c1697456fa03f07f15
ゴールデンウィークも中盤ですね。
当院は5月5日は営業いたします、普段日曜祝日はお休みですので、お休みの日が合わなかった方も是非ご利用ください。

さて、先日来横尾忠則画伯のほにょりの引用を何回か書いてきましたが、書名が分かりました。 
『病の神様 横尾忠則の超・病気克服術』 横尾忠則著 文春文庫刊 でした。

今日もこの中から一つ。
続きを読む

いろいろな考え方…生食(ローフード)

食事
欧米ではずいぶん前から、生食を実践している方々がいらっしゃいましたし、日本でも西式健康法などでは、生食の必要性を実践しています。
最近では、よくローチョコなども身近に見かけるようになりましたね。

しかし、シュタイナーの『健康と食事 イザラ書房刊』を読んでいると、この生食について書かれています。

「生料理を食べていると、体は大量の力を使わなくてはならないので、体に鞭をあてて酷使しているようなものです。 そんなことをしていれば体は崩壊していきます」と書かれています。 続きを読む

雑誌に紹介されました! 

gallery ids=”6685,6686″ type=”rectangular”]

先日ブログでもご紹介させていただきましたが、歯科衛生士さん向け雑誌『tuft club タフトクラブ』さんの取材を受けましたが、当院が紹介されました号を先日送っていただきました。

そもそも今回このお話がまとまったのは、私の考え方がこの本の趣旨である『セルフケア―・自己管理』と言う点において共通するからと言う理由でした。

今回も私と現在の療法との出会いを語らさせてもらいましたが、もう少し詳しくお話しすると、私が整体の学校を卒業して初めて働いた整体院で行き詰まりを感じた下記の様な出来事がありました。

① O脚を治したい、と言う女性患者さんに対して納得できる矯正が出来なかった。
② 小児マヒの方が体がきついから60分で緩めてほしいというご依頼に満足に答えられなかった。
③ ゴルフで痛めた股関節痛を治せなかった。
④ 生活指導が出来ない。…痛みや病気の原因が分からないという事につながります。

(今は、どれにもばっちり(>_<))

運よく、職場の先輩に礒谷公良先生の名著『奇跡の礒谷療法』をお借りして読むといちいちうなずけました。

痛みや病気を治すという事は、その原因を特定することから、初めて根本治療が可能になると思います。

痛みや病気を作っている原因を繰り返してれば治らないのは当たり前ですよね。

少し前に紹介していただいた「がんが自然に治る生き方」でも、末期のがんを寛解させた方たちは食事や生活習慣などを見直されていました。

予防に勝る治療なし!!

出来れば、健康な時のそれを維持するという意識が有れば理想的です。

そして、何らかの信号が出ているなら、きちんとその信号と向き合わなければ、結局もっとつらい事になる事がほとんどです。
大病の前には、肩こり、首こり、腰痛、頭痛等なんらかのサインがあるはずなんです。

歯も身体も予防が第一!!

予防医学は、自分に対する愛!!

がんが自然に治る生き方・・・いい本です!!

510NSscprzL__SX344_BO1,204,203,200_

この本はドイツの友人イエンツ先生に教えてもらいましたが、良い本でしたので是非皆様にもご一読いただきたいと思います。

筆者のケリー・タナ―さんはハーバードを卒業後に働いていたがん専門病院(カウンセラーをされていたそうです)で、末期がんの劇的完全寛解を目の当たりにして、その事例を集めたそうです。 続きを読む

ポジティブシンキング?

ラメッシ

文中でも引用したラメッシの言葉が書かれている本です。

ポジティブシンキング、前向きな考え方の好例としてよく「コップ半分の水」の話があります。
コップに半分水が入っている状態を見てある人は「もう半分しか入ってないよ~」と嘆き、別のある人は「まだ、半分も入っている」と前向きにとらえるという話です。

話としてはその理屈は分かっても、実際つらい状況になった時にそういう風に考えられるかと言うと、ちょっと自信がぐらつきませんか? 続きを読む

甘酒

%e7%94%98%e9%85%92

刃や、節分も過ぎ、お雛祭りももうすぐですね。 梅の花もきれいに咲いています。 寒さが和らぐのももう少し発酵食品で元気に過ごしましょう!

最近、醗酵ものがますます来てますね。

インフルの流行などや、テレビでの影響もあるのでしょうが、患者様からも良く甘酒を飲んでいる、というお話しを聞くことが大変多くなっています。

私も、2~3年前から『玄米・豆乳ヨーグルト』を愛好しています。
最近たまたま、本屋さんで見つけた「飯山一郎の世界の読み方・・」という本で、この方がこのヨーグルトを考案されたということを知りました。 続きを読む