カテゴリー別アーカイブ: 身体にいいこと

姿勢の大切さ、スクワットの効果…やっと世間に広まり始めましたが・・・・。

undou_squat
先日来、ご紹介していますベストセラーにもなっている『スタンフォード式 疲れない体』でも「良い姿勢は全ての基本である」と最先端の運動科学が証明しています。

そして、「年をとっても寝たきりにならないようにするにはスクワットが一番」「スクワットだけしていれば一生大丈夫」と、極端な題名の本が本屋さんにもずらっと並ぶようになりました。

ただ、どれも中途半端感が否めません。

それは、体の歪みには個人差が有るからです。

続きを読む

広告

悪い姿勢・・筋肉の余分な緊張

18901976

先日はお子さんにこそ良い姿勢教育、と言う内容を書きましたが、少し書き足りない感じでしたので、もう少し詳しく書かさせてください。

私たちは重力の影響下で暮らしていますから、まずは直立2足歩行が運動の原則になります。

ですから、2足に均等に体重が分散された状態が理想的な状態になるのです。
続きを読む

悪い姿勢が良くないわけ!…子供にこそいい姿勢を!!

ダウンロード (2)
暑いですね~。

先日来ご紹介している『スタンフォード式 疲れない体』にもありましたが、疲れない身体にする為にはいいし姿勢が必須であり、いい姿勢は勉強にも良い影響すると書いてありました。

これは何も今に始まった話ではないのですが、やはりスタンフォードでも勉強できる人は姿勢が良い、と聞くと「うん、うん」とうなずいてしまいますね。
続きを読む

腹痛には、体を左に捻じる救命法。

ダウンロード (1)
先日、出先で下の娘が腹痛を起こしました。
便秘もしていないと言いいますし、痛み自体もそれほど強いものではないので、公園のベンチに腰かけていましたので、体を左にぐいっと捻じりました。

背骨がパキ、パキッとなってすぐに痛みが軽減しましたので、しばらく左下を向くように左の股関節に圧を入れさせていると、しばらくして痛みは消失しました。
続きを読む

腹圧呼吸・IAP呼吸と丹田腹の関係?

前回も取り上げました『スタンフォード式 疲れない体』に呼吸法が紹介されていると書きましたが、詳しいやり方やトレーニング法は本を読んでいただくとして、その中身は腹圧を高める『腹圧呼吸』と言うものでした。

私もここ1週間位毎日、トレーニングをして少し呼吸が深くなってきたような感じがしています。

この腹圧呼吸=IAP呼吸は(Intra Abdominal Pressure 腹腔内圧 要は内臓が収まっている横隔膜から下の空間の中の圧力を高めましょうと言う呼吸)、
続きを読む

温冷浴…スタンフォードでも! 熱中症対策にも。

gatag-00012683
皆様、暑中お見舞い申し上げます。
ひどい暑さが続いていますね。
私は、今年も暑さをなめてしまい、家庭菜園で一瞬気分が悪くなってしまいました。
朝8時頃から畑に行ったのですが、ご実家が農家の方に「8時、9時は今は朝じゃないのよ。 5時スタートして8時には終わらなくちゃ」と教えていただき、さっそく昨日は試してみて快適に作業が出来ました。

皆様もどうぞ、ご自愛ください。
続きを読む

手のしびれ・・・根本から治しましょう!

6f22bed648ad939224849ad7e9556120_w
当院にも、手にしびれが有るという患者様が多くいらっしゃいます。

そして、皆様、それが主訴では無い事が多くあります。

例えば、脊柱管狭窄症の治療のたまに通っていただいている方が、ずいぶん時間が経過した時に「そう言えば、朝起きた時に手がしびれているんだけど、これも姿勢と関係あるのかね?」等と言う様にメインの症状ではなく、あまり気もしてないけど…と言う風です。

続きを読む