カテゴリー別アーカイブ: 臨床例

インソールによる矯正・・・非常に難しいです。

t02200277_0499062911396487686
このブログでも、靴とかインソールの問題はとくに多くの方に見ていただいています。

私の先輩でも礒谷療法を深く研究された方が、「インソールは小さな副子固定だ!」と言われて研究を進めている方がいました。

副子固定とは、礒谷公良先生が考案された股関節を矯正する為のギプス固定法です。
腰に固定器具を装着して、股関節の角度を矯正する為に腰から足首までの添え木の腰部、膝分、足首部にそれぞれ適正な脚の向きに付けたパッドで脚全体を最適な状態に矯正をするのです。
続きを読む

広告

蓄膿症・・・・その発症理由と解決法!!

th-ji-00056no05
蓄膿症と一般的に言われる鼻の奥の副鼻腔に膿がたまってしまう副鼻腔炎、その潜在的な状態の方も含めるとかなり多くの方が、お困りの疾患です。

少し昔の臨床事例ですが、中学生の男の子がサッカーゴールを運んでいる時に負荷がかかり過ぎて腰がグキッとなり、診断結果は椎間板ヘルニアとなったそうです。

30分、座る、立つの同じ動作を続けるとしびれ痛みが来てしまい学校にも行けない状態でしたので、礒谷療法の本部に毎日のように通い、屈伸運動に熱心に取り組み、3か月後には完治して、運動会で100メートル走が走れたそうです。
続きを読む

患者様の声・・・膝痛、肩こり

001

主訴は膝痛という事でご来院いただきました。
膝痛は2~3年前から始まり整体やカイロに通われていたそうです。

また問診票には、その他に肩こりからくる頭痛は社会人になったころから続いている、ここ5年ぐらい脚にむくみが起こる、冷え症とご記入いただきました。
続きを読む

患者様の声・・・先天性股関節脱臼、腰痛

018

この方は先天性股関節脱臼で整復はされていらっしゃいますが、脱臼が有った方の脚に股関節の内転、内旋が非常に強くみられ、そのために左右の脚長差が大きい為に、腰痛でお悩みの為にご来院いただきました。
続きを読む

患者様の声・・・脚のだるさ、むくみ、冷え

P1010682

この患者様は、25年以上前から脚とくに膝裏、ふくらはぎ、足の裏に常にだるさを感じていらっしゃったそうです。
そして、O脚と姿勢を改善したいという事でご来院いただきました。

お手紙にもありますように『冷え』は1週間、1カ月で『むくみ、だるさ』が半減したとお書きいただいておりますが、この間の通院は昨年9月29日、10月14日、11月21日、1月23日、2月22日のわずか5回の通院で初めの主訴は完治しました。
続きを読む

反射痛とは?

1178101
wikiでは、反射痛を関連痛として『痛みとなる原因が生じた部位と異なる部位に感じる痛みのことであり、関連痛が起こるメカニズムとしては収束投射説が有力である。内臓から疼痛を伝えてきた神経が、脊髄で皮膚といった他部位から痛みを伝えてくる神経とまとめられて脳に投射されるためとされている』と説明しています。

以前にもご紹介しましたが、ある医師の方が異常に長く続く右肩こりから、消化器の疾患を疑い、検査をしたところ胃がんのごく初期であったために、簡単な手術で事なきを得たと直接お話しくださった事が有りました。

特に痛みで左右にはっきりとした差があるケースとして一般に言われているのは、

狭心症・・・左腕
胆石発作・・・右肩
胆道疾患・・・右肩、右肩甲部 などでしょうか。

当院での治療のベースになる礒谷公良先生の発見による図式ですと
left

この様に左の足が長ければ、平面に2足直立した場合、左骨盤が押し上げられ、背骨は全体にそのバランスを保つために右に側弯を起こします事が70年前に発見されています。

そして内臓疾患との因果関係も膨大な臨床例から導かれて判明していますから、この反射痛もこの図を見れば理解できるのです。

身体は私たちに不調をいろいろな方法で教えてくれます。

そして、体の歪みからその不調が体の歪みから来ていると理解できれば、今度は反対にからの歪みを治すことにより、その内臓疾患も治すことが出来る、という事になるのです。

普段から自分の身体の状態を観察、感じるような習慣をつけて、何かサインが有れば原因を探し修整する習慣が有れば大きく健康を損なうリスクはかなり防げるのではないでしょうか?

当院の健康管理システムはそうしたお手伝いが出来るのです。

In wiki, reflex pain is related pain, “It is a pain that is felt in a site different from the part causing the pain, and the convergent projection theory is effective as a mechanism to cause related pain. It is said that the nerve which transmitted the pain from the viscera is gathered together with the nerve which transmits pain from other parts such as the skin in the spinal cord and is projected to the brain. ”

As I mentioned earlier, a doctor suspected of gastrointestinal disorder from the right shoulder which lasts abnormally for a long time, I got an examination and it was the very early stage of stomach cancer, so if I got a story by simple surgery directly There was a thing I told you.

It is generally said that there are distinct differences on the left and right, especially with pain,

Angina pectoris … Left arm
Gallstone attack … … right shoulder
Biliary tract disease · · · right shoulder, right shoulder part etc?

If it is the figure by discovery of Professor Koayoshi Ushidani which becomes the base of treatment at our hospital

If the left foot is long like this, it is discovered 70 years ago that the left pelvis is pushed up when the two feet stand upright on the plane, and the spine causes side curvature to the right to keep the balance in the whole I will.

And since the causal relationship with visceral disease has been found guided by enormous clinical cases, this reflex pain can also be understood by looking at this figure.

And if we can understand that disorder comes from the distortion of the body from the distortion of the body, this means that by curing the distortion from the opposite it will be able to cure the visceral disease.

The body tells us something in a variety of ways.

If you have customs to observe and remediate the cause if there is something signs if you have customs like observing and feeling the condition of your body from the usual, is not it possible to pretty much prevent the risk of damaging the health considerably?

寒くなってきていますね、冷えとむくみのお話・・1

12866864
雨が多かったりして、いつの間にか秋深しと言う感じですね。

寒くなってくると当院にも冷えを治したいという患者様が増えてきます。

靴下を履いたり、ホカロンを張ったり、ある患者様は会社が冷える為に段ボール箱に足を入れてお仕事をされているそうですが、大変ですね。
続きを読む