カテゴリー別アーカイブ: 脚のトラブル

山本キッド、神の子も逝く。 ご冥福を祈ります。

o0300040010213037271
デビューした時は、本当にキッドの強さにしびれました。
全身、これバネ、これ運動神経の塊!!

ふてぶてしくて、強い!
そんな山本さんもガンでお亡くなりになってしまいました。

樹木さんの記事を書いたばかりでなのですが、体の歪みと病気との関係を皆さんにご理解いただきたくて書いています。 続きを読む

広告

年齢を重ねるごとにO脚になる理由。

 猫背2
「加齢とともにX脚になって背筋が伸びてきた!!」
と言うお話はあまり聞きませんね。

反対に、
「年々背中が丸くなってきた」
「膝がどんどん離れて、O脚になってきた」
続きを読む

Q&A 床にはどう座ったらいいですか?

このご質問は良くあります。

答えは、正座!!

P1010739

少しあごを引き過ぎですね(>_<)そして二重あご!ダイエットしなければ・・・・(T_T)

正座とは、正しく座る、と書きますが、まさに字のごとくです。

それではほかの座り方を検証しましょう。

①あぐら・・・股関節を両方開いてしまいます。 多くの方はすでに股関節開き過ぎですから、ますます開いてしまい、猫背、前肩と問題は広がります。 更に長い脚を内側にあぐらを組み易いので、それを繰りかすと左右差も大きくなります。
また、長い脚が組んだ内側に来るのもあぐらのまずいところです。 これは股関節角度の左右差が大きくなり、脚長差も大きくなるからです。
P1010732

②体育座り・・・骨盤が後傾して背中が丸くなりやすいですよね? ですから、いい座り方ではありません。 骨盤の後傾はイコールO脚ですから。
P1010731

③横座り・・・左右の股関節の差が大きくなるために、どちら側にも良くありません。
モモが内に向く脚、この写真ですと向かって右側、左足が内に向いてしまいます。そして反対の脚は外に向いてしまっていますよね。 これにより右脚が長くなるために喘息、風邪をひき易い、不整脈、狭心症などのトラブルが起こり易くなってしまいます。
P1010733
④横座りのトンビ座り・・・③の横座りに片足にトンビが加わった状態ですから、左右差はマックスになります。 左脚のすねは外ねじれ、モモは内ねじれ、右脚のモモは外ねじれとなります。
P1010734

⑤トンビ座り・・・両スネが外ねじれ、両モモが内ねじれになります。 極端に進むとX脚になります。
X脚の方は腰が反り腰となりますが、反対に骨盤が寝ているO脚とX脚の中間の様な癖のある脚の方が若い女性に増えてきていますが、こうした子供のころからの座り方の習慣や、運動不足での筋力の不足が問題だと思います。
P1010736

⑥割り坐・・・⑤のトンビほど極端ではありませんが、両腿の内ねじれがきつくなります。 またこの写真では、左重心になり、右腰が高くなっていますね。 そして背骨は左側弯して右肩が下がっています。 踵の外への出方の差はこうして身体に歪みを作るのです。
P1010737

子供のころに正しい座り方の習慣を作ることは長い人生を健康で生きるためには本当に大事な事です。
また、大人の方でも、健康診断などでどこが悪いというのではないけど、体調がすぐれない、膝や腰など、どこかが痛い、と言う様な方はこうした座り方を修正してみましょう!!

病気や痛みのトラブルは、ある年齢が来た時に急に起こったように感じるので「年のせい」と勘違いされやすいのですが、姿勢の狂いはこうした座り方の悪癖から少しづつ進行して、体のキャパを超えた時に急に感じるものなのです。

普段の座り方から問題意識を持ってみましょう!!

This question is many tomes happen.

The answer is sitting right! !
P1010739

I’m writing it as sitting properly, but it is just like a letter.

Let’s examine other sitting methods.

① Agula · · · I open both hip joints. Many people are already too wide of the hip, so they will open more and more, the problem is spreading with the back, the front shoulders. Longer legs can be easily assembled on the inside, so if you repeat it, the left and right difference also increases.
Also, it is not easy for Agura to come inside the long legs. This is because the difference between the left and right hip joints increases and the leg length difference also increases.
P1010732

② Sports sitting · · · It is easy for the pelvis to tilt back and the back is rounded? Therefore, it is not a good way to sit. Because the backward inclination of the pelvis is equal O leg.
P1010731

③ Landscape · · · Because the difference between the left and right hip joints becomes large, it is not good on either side.
When the peach is facing inwards, this picture turns to the right side, the left foot turns inward. And the opposite leg has turned out. This makes the right leg longer, making it easier for troubles such as asthma, easy to catch colds, arrhythmias, angina pectoris.
P1010733
④ Sitting on a sidewalk umbrella · · · It is a state that a kitten has been added to a foot in the sideways of ③, so the left and right difference becomes Max. Outer twist of the left leg shank, inner peeling of the peach and exterior twist of the right leg peach.
P1010734

⑤ Thongby sitting … Both snakes are twisted out, both peaches are twisted inside. If it goes to the extreme it will become the X leg.
Although the waist is warped and waisted towards X legs, on the contrary the legs with habit such as the middle between the O leg and the X leg where the pelvis is sleeping are increasing to young women, but when these childhood I think that the habit of sitting from and the shortage of muscular strength due to lack of exercise is a problem.
P1010736

⑥ Sitting · · · It is not as extreme as the ivy of ⑤, but the inner twist of both thighs becomes tight.

Moreover, in this picture, it becomes left center of gravity, right waist is getting high. And the backbone is curved to the left side and the right shoulder is down. The difference in the way he goes out of the heels thus creates distortion in the body.
P1010737

Making a correct sitting habit in childhood is really important for living a long life with health.
Also, even for adults, who is not saying something wrong with health examination etc, but something hurts, such as knees and waist, who are not feeling well, let’s fix such a way of sitting ! !

Trouble in illness and pain is felt as if it happened suddenly when a certain age came, so it is easy to be misunderstood as “because of the year”, but the madness of posture progresses little by little from the bad habits of such sitting, It felt suddenly when exceeding the capacity of the body.

Let’s have problem consciousness from how to sit normally! !

歩いているだけでも分かる、その人の身体のクセ。

_L6C3031-w1280

この写真は、その一瞬だけの事ですが、それでもこの方の身体のクセと言うものは、これだけ分かるものだという一例です。

まず、荷物を右に持ち、右肩にかけていらっしゃるのは、右脚が長い方の特徴です。

これは、右脚が長いと右の骨盤が押し上げられ、左脚荷重になります。
続きを読む

膝痛はやっかいですよね。

a18b01e80742fcb21bd48fa97a4a9571_t
整形外科的に治りにくい痛みのトップランキングに膝痛が有ります。

常に体重がかかってしまう膝関節には色々なトラブルが起こります。

靭帯の損傷。

半月板の損傷。

その痛みの部位により様々な疾患名も付きます。

では、なぜ膝の痛みはなかなか改善しないのでしょうか? 続きを読む

新しい靴を履いてコンサートで立っていたら足の甲が痛くなった・・・良い靴なのに合わないのかな~?

4ff3217d9b5bd2b1fe81d4ccb1481dfb_t

「新しい靴を履いてコンサートで立っていたら足の甲が痛くなった・・・良い靴なのに合わないのかな~?」と、おっしゃられた方がいらっしゃいました。

この新しい靴は、踵のホールドがしっかりしていて靴底も割と平らで、私が見てもかなりいい靴だな、と言う感じでしたから、初め?と思いました。

そこで、この方の立ち方を見せてもらいましたら、理由が分かりました。
続きを読む

坂道を登って膝痛が消えた!

95908761

画伯の作品!楽しいですよね。

前回に引き続き、横尾忠則画の本にあったお話を思い出しました。

ざっとしたあらすじですが・・・

『もう何カ月も膝が痛くて、京都の名治療家の所に治療を受ける事になり京都に行くと、無性に山の上にあるような茶店のぜんざいが食べたくなり、周りの反対を押して坂道を無理して登りぜんざいを食べた帰りに道に迷い腰膝地蔵のお札をもらいホテルに戻ると、その夜に膝は激痛になってしまったが、そのお札で膝をこすり眠ると翌朝には膝の痛みはすっかり消えていた。 治療をキャンセルして帰ってきたがもう膝は痛まない』

不思議なお話ですよね。

こんなお札が有るなら整体院いりませんね(T_T)

世の中には不思議な事も有りますし、信心による治癒の例はいろいろ知っていますし、私も信じています。

ただ、私はこの話を別の角度から読み解くことも出来ると思います。

そもそも膝痛の多くは股関節の開き過ぎに原因が起こります。

ご高齢の方で膝痛の方はO脚も進んでますよね?
 猫背2

そして、登山において坂道を上ることは、内転筋を多く使いますから、この股関節の開き過ぎの矯正には最適と言えるのです。

ですから、うまく下山さえできれば登山は膝痛の人にはとてもいい矯正になるわけです。

しかし、下山だけではなく気を付けなくてはいけないのは、やはり歩き方です。
c41f29f487ebe39897e6b560efbeb745_t

せっかくつらい思いをして山道を登っても歩き方によっては逆効果になる事も有ります。
(山道は木の根っこや石など障害物も有りますし、勾配等の条件もいろいろですから、どなたにもいいかどうかは難しいのです)

ただ、この時に画伯がなぜ無性に山の上の茶屋のぜんざいが食べたくなったのかは、やはり『お導き』と言えますよね~。

This story is also the thing which was in book of Tadanori Yokoo’s painter.

“My knee hurts for months, and when I go to Kyoto where I get treatment for Kyoto’s name therapist, I want to eat tea ceremony spirit that is on the top of the mountain quietly, pushing the opposition and pushing the opposite slope I forced to climb and eat zenzai and get lost in the way after getting back on the way back when I got a bill from the waist kneecan and returned to the hotel, my knee became intense during that night, but when I slept my knees with that bill, when I slept the next day my knees The pain of her was completely gone. I canceled treatment and came home, but my knee no longer hurts. ”

It is a mysterious story.

If there are such bills, I do not need a body campus (T_T)

There are strange things in the world, I know many examples of cure due to beliefs, I also believe.

However, I think that I can also read this story from another angle.

In the first place most of the knee pain is due to excessive opening of the hip joint.

If you are an elderly person with knee pain, O legs are also proceeding, right?

And as you climb up the slope in climbing, you use a lot of adductors, so it is perfect for rectifying this hip joint too much.

Therefore, climbing can be a very good correction for people with knee pain if it can successfully descend.

However, not only Shimoyama but also we should take care, it is still a way of walking.

Even if you feel hard and have a hard time climbing the mountain path, depending on how you walk it may be counterproductive.
(There are obstacles such as tree root and rock on the mountain road, and conditions such as gradient are various, so it is difficult for anyone whether it is good)

However, why the painter wanted to eat zenzai on the mountain quietly at this time is still “guiding” you can say ~.