カテゴリー別アーカイブ: 外反母趾など脚のトラブル

膝痛はやっかいですよね。

a18b01e80742fcb21bd48fa97a4a9571_t
整形外科的に治りにくい痛みのトップランキングに膝痛が有ります。

常に体重がかかってしまう膝関節には色々なトラブルが起こります。

靭帯の損傷。

半月板の損傷。

その痛みの部位により様々な疾患名も付きます。

では、なぜ膝の痛みはなかなか改善しないのでしょうか? 続きを読む

広告

新しい靴を履いてコンサートで立っていたら足の甲が痛くなった・・・良い靴なのに合わないのかな~?

4ff3217d9b5bd2b1fe81d4ccb1481dfb_t

「新しい靴を履いてコンサートで立っていたら足の甲が痛くなった・・・良い靴なのに合わないのかな~?」と、おっしゃられた方がいらっしゃいました。

この新しい靴は、踵のホールドがしっかりしていて靴底も割と平らで、私が見てもかなりいい靴だな、と言う感じでしたから、初め?と思いました。

そこで、この方の立ち方を見せてもらいましたら、理由が分かりました。
続きを読む

臨床例

t02200277_0499062911396487686
「最近歩くと足の甲の外側が痛い」と言う患者様がいらっしゃいました。
足を拝見すると、足には外反母趾、巻き爪もあり、小指側に足首も曲がり明らかに小指側に体重がかかってしまう外荷重、O脚と判断し、矯正を行いましたが症状の改善は一時的ですぐに元の痛い状態に戻ってしまいました。

何故かと思い、いろいろお話をお聞きすると、病院の勧めでオーダーインソールを靴に入れていらっしゃるのが分かりました。(いつも靴はフラットなものをお勧めしていますので、大丈夫と思いチェックが甘かったです)
続きを読む

足の内くるぶしの下の骨の出っ張り・・足舟状骨

足舟状態「
舟状骨…読めますか?
しょうじょうこつ、と読みます。

足のこの骨は内くるぶしの斜め下に位置しています。
続きを読む

骨盤の歪みの例+O脚

kotubann
某セクシー女優さんの後ろ姿です。
まず、O脚が気になります。
スネの開き具合がもったいない~。

そして、シナを作って腰をくびれさせていらっしゃいますが、明らかに右足が長い特徴が読み取れます。

①右脚が前に出ている
②左足の踵が浮いている
③右骨盤が高い
④右の坐骨が低い
⑤背骨が左側弯スタートで次に右に湾曲している
⑥骨盤全体は左に引っ張られている

如何でしょうか?

この方がこのような体のクセを作られた理由を想像すると・・・

①右の足を上に組んでいる
②立っている時に左足に重心をかけている
③ゴルフなどの右打ちで左回転をよくしている
④フロアーで座る時、足を左に投げ出す横座りをしている
⑤物を右の歯で噛む
⑥後ろを振り向く時左から振り返る

こうした動作は、歪むからやってしまう、やってしまうから歪むという卵と鶏的な関係にあります。

ですから、日々の動作でこうした習慣を改めて行かないと、いくらマッサージや、ヨガ、ピラティスで体を柔らかくしても元通りになってしまいますし、柔らかくなって癖のある動作を繰り返すと、かえって体が歪む原因にもなりかねません。

ですから、当院でお勧めする、柔軟性を増す+弱い筋肉を鍛える、で肉体改造をビルドアップする必要があるのです。

美脚、美骨盤が健康にも大いに必要なのです。

脚の小指の皮のとんがり。

小指と薬指の先端の皮がつまんだ様にとがっています。 私も以前はこうでした(>_<)

小指と薬指の先端の皮がつまんだ様にとがっています。 私も以前はこうでした(>_<)

皆さんの脚の小指はこのような形になっていませんか?

私も以前は小指、薬指、中指の3本が三角▽の指先でした。(私は屈伸頑張って治りましたよ、今は丸いかわいい指先です♡)
 
皮がつままれたようにとんがり指の先端が三角形になっている状態は、脚にかかる重心が外側に偏っているために起こります。

このような状態でいくら体操やヨガ何度体にいい事しても、また体が歪んでしまいますし、こうした指先である以上歩き方にもすでに癖があると思われます。 続きを読む

偏平足と外反母趾・・・・その原因。

 先日テレビで放送していた足のトラブルのケアーについて意見が有ります。

 ◎親指に負担が掛かっているから外反母趾になる。・・・・・×
  外反母趾になる方はみなさんO脚です。
  と言う事は親指より小指に重心がかかっていると言う事です。
  外反母趾の原因は、足先が開いている状態から内に抜けるように足を蹴り出すので親指が巻き込まれる形になり靭帯が弛むから発症してしまうのです。
  これは、巻き爪の原因とも同じです。
  ヒールや細い靴は、それをだめ押ししているのです。 続きを読む