カテゴリー別アーカイブ: 変形性股関節症

股関節のストレッチは正しい姿勢と軽快な歩行に役に立つ?

170123kafun00
毎日、暖かくなったかと思うと寒かったり、着るもののチョイスが難しい季節ですね。
また花粉も今年は多いのでしょうか?
私も先々週あたりから目がかゆく、鼻が垂れる状態になってきましたので、あわてて公園に杉の葉っぱを拾いに行き杉茶を飲み始めています。
4日目で、目のかゆみは取れました、鼻はもう少しかかりそうです。
この減感作療法は毎年紹介していますのでご興味のある方はどうぞご覧下さい。

今日のお題、股関節のストレッチは正しい姿勢と軽快な歩行に役に立つ!!と言うこと自体は全くその通りです!!

実はこの題で前回紹介しましたある女性誌のストレッチ特集の同じトレーナーの方が書かれている部分のものなのですが、内容が・・・・・
続きを読む

広告

部屋履き、スリッパは良くないですよ。

img_1
私は、冬以外はあまり室内履きを履く習慣が有りませんが、皆様は如何でしょうか?

脚を冷やすのは良くありませんから、是非保温に努めていただきたいとは思いますが・・・

最近腰痛でご来院いただいている患者様が「娘に部屋で履いているスリッパもいけないんじゃないの?」と言われた、とお話ししてくださった方がいらっしゃいました。

「もちろん!!」
続きを読む

変形性股関節症などの運動療法、その良し悪し。具体例①

0927_061
当院での運動療法の目的は、股関節の角度を正しい位置に矯正する。
つまり角度を正しくするとは、筋肉のアンバランスを正すという事です。
そして、その結果として痛みが取れて、可動域が確保できる、と言うものです。

しかし、一般的には可動域を広げる結果筋肉もついて…と発想が逆転してしまっているのです。
続きを読む

股関節の痛い方のプールでの水中ウォーキング。

水中ウォーキング

以前にも書いたことがありましたが、最近またご質問いただきましたのでお答えしますが、基本的に必要ありません。
不要です。

理由① まず胸の高さまで水があると体重の30%しか脚に負荷がかからないからです。
水の中で暮らすのではないのですから、自分の体重がきちんと脚にかかっても大丈夫な状態を作っていかなくてはなりません。
そのためには必要な筋肉を一日でも早く作っていきたいのです。 続きを読む

時代はやはり股関節!?  速く走る=うまく歩く?

ボルト

先日、トレールランニングをやられている患者様から、深代千之先生の本を初会していただきました。
こちらの先生は、「世界一受けたい授業」等マスコミにもよく出ている先生で、ご専門はスポーツ・バイオメカニクス、要はスポーツでどのように身体を使うと、パフォーマンスが上がるかの研究者と言えます。

今回読んだのは「日本人は100メートル9秒台で走れるか」(祥伝社刊)と言う本ですが、一般の人にも分かり易くかかれた楽しい本でした。 続きを読む

坂道での足先の向き。 サルが教えてくれる補高靴の間違い。

DSC_0195

矢印は坂の下り傾斜方向です。 3枚の写真はすべて違う個体なんですよ。

先日久しぶりに多摩動物園に行ってきました。
最近の猪やシカの害が、実は二ホンオオカミがいなくなってしまったことにも大きな原因があることを知りました。(昔はオオカミが畑を荒らす害獣を適度に食べていてくれることに感謝して神格化して拝んでいたんですよね)
人間が生態系を壊してしまっている事の問題を改めて考えさせられました。

さて、で、そのサル山で図らずも、サルの股関節の動きも人間と同じなのを発見しました。 続きを読む

股関節痛の悪循環。

食べるのは幸せですけど・・・

食べるのは幸せですけど・・・

変形性股関節症の痛みが強く出ている方は「痛みが脳天まで突き抜けるように痛む」と表現される方もいるほど強い痛みを伴う事が少なくありません。

また変股でなくとも股関節炎やペルテスの様なほかの疾患でも痛みが伴うことがあります。

今日はこの痛みの負の連鎖を紹介したいと思います。 続きを読む