カテゴリー別アーカイブ: 側弯症・後弯症

男性トイレで、脚がしびれる。・・・脊柱管狭窄症

ある男性患者様が「変な話だけど、俺さ、男性トイレで用を足している時にだんだん脚がしびれてくるんだよ」と言われました。

「いえいえ、変な話ではありませんよ」

この患者様は70歳代の男性で脊柱管狭窄症でお困りになり、ご来院いただいております。
続きを読む

広告

補高靴の勘違い…脚の長短差を無くす側弯症の根本療法。

kaiteki2
西式健康法の創始者、西勝造先生の著作全集8巻 姿勢と体貌 柏樹社刊 に補高靴の事が書かれていました。
少々長いですが引用しますと、
「(脊柱)の弯曲は、両脚の長さが相ひひとしくなるまで、一時的に、短い脚の方の靴を高くすれば、これをまったく根絶しうるであろう。 しかし、こうした状態を、いつまでも放置すると、脊椎は、ついには弯曲の凹面側において幾分楔上となり、かつ狭くなるであろう。  続きを読む

鳩胸でっちり?でっちり鳩胸?…良い姿勢とは?

まず、多くの方は内モモの筋肉より外側の筋肉が強くなります。
すると、骨盤が後ろに引っ張られてしまいます(骨盤の後傾)。
P1010671

今回は話をシンプルにするために背骨の弯曲は無視します。

そしてこの状態で、背筋を伸ばそうとしたり、胸を張って鳩胸を作ろうとすると、かえって骨盤は後傾してしまいます。
続きを読む

根本療法とは?…・たとえ話

body_karada_yugami1
先日、体の歪みと胸の大きさや高さ、乳がんの関係をテーマに記事を書きました。

しかし、まだ体の歪みを整える必然性が『良く理解できない』と言うお声を聴きましたので、少し補足を。

そもそも、なぜ体が歪んでいると良くないのでしょうか?

歪んでいるという事は筋肉の緊張が有り、それにより骨が引っ張られ神経や血管を圧迫することにより機能的な障害が起こる、という事が問題点なのです。 続きを読む

右に傾く顔と心臓疾患!

7731631
先日患者様から「先日お亡くなりになった声優さんの写真を見ていて気が付いたんですが、いつも顔が右に傾いてるんですよ。 イソガイの理論通りだと思いました」と言われました。

私もネットで、その方のお写真を何枚か拝見しましたが、この方の言われる通り、常にお顔が右に傾いていらっしゃいました。
続きを読む

日本人は腎臓は弱く、腎臓疾患に罹り易いそうです。

腎臓
2017年10月5日に日豪の研究チームが発表しました。
日本国内の慢性腎臓病患者は1300万人、15年松では32万人が透析を受けているそうです。

「塩分の取り過ぎと肥満に注意を促しています。
続きを読む

スマホ使用時の子供の姿勢の悪さ。

スマホ姿勢の悪さ

骨盤も寝ているし、背中も丸い! 首も顔も前に突っ込んで方も前肩! 子供のころからこういう姿勢をクセにしたら大変です。

今朝の情報番組で、子供のスマホ使用率が高くなっていると言っていました。

確かに、身の回りを見ても、2,3歳の子供に動画を見せると言う様な光景は当たり前になっています。 続きを読む