カテゴリー別アーカイブ: スポーツ

山本キッド、神の子も逝く。 ご冥福を祈ります。

o0300040010213037271
デビューした時は、本当にキッドの強さにしびれました。
全身、これバネ、これ運動神経の塊!!

ふてぶてしくて、強い!
そんな山本さんもガンでお亡くなりになってしまいました。

樹木さんの記事を書いたばかりでなのですが、体の歪みと病気との関係を皆さんにご理解いただきたくて書いています。 続きを読む

広告

老化予防の筋トレ!! 当院のスクワット①

141209_uchi_s01
老化予防に筋トレが良いとよく言われるようになっています。
そして、そのためにスクワットが良いとも。

でも、そのやり方を間違えると、せっかく頑張ったのに良い結果が出ないばかりでなく、逆に身体を痛める結果を招きかねません。

続きを読む

遵法トレーニング!!・・・一石二鳥!!

illust1722

最近、自転車を運転していると感じる事が有ります。

それは、何だか皆せっかちだな~、という事です。

特に感じるのは左側通行してきても(初めから右側通行の人もいますが)右側通行に切り替えてから右折するショートカッターが非常に多いのです。
続きを読む

姿勢の大切さ、スクワットの効果…やっと世間に広まり始めましたが・・・・。

undou_squat
先日来、ご紹介していますベストセラーにもなっている『スタンフォード式 疲れない体』でも「良い姿勢は全ての基本である」と最先端の運動科学が証明しています。

そして、「年をとっても寝たきりにならないようにするにはスクワットが一番」「スクワットだけしていれば一生大丈夫」と、極端な題名の本が本屋さんにもずらっと並ぶようになりました。

ただ、どれも中途半端感が否めません。

それは、体の歪みには個人差が有るからです。

続きを読む

年齢を重ねるごとにO脚になる理由。

 猫背2
「加齢とともにX脚になって背筋が伸びてきた!!」
と言うお話はあまり聞きませんね。

反対に、
「年々背中が丸くなってきた」
「膝がどんどん離れて、O脚になってきた」
続きを読む

腹圧呼吸・IAP呼吸と丹田腹の関係?

前回も取り上げました『スタンフォード式 疲れない体』に呼吸法が紹介されていると書きましたが、詳しいやり方やトレーニング法は本を読んでいただくとして、その中身は腹圧を高める『腹圧呼吸』と言うものでした。

私もここ1週間位毎日、トレーニングをして少し呼吸が深くなってきたような感じがしています。

この腹圧呼吸=IAP呼吸は(Intra Abdominal Pressure 腹腔内圧 要は内臓が収まっている横隔膜から下の空間の中の圧力を高めましょうと言う呼吸)、
続きを読む

弓道に学ぶ・・・・良い姿勢の必要性!

07271853
はじめにお断りしなければいけないのは、私の弓道のキャリアは2年前に家内と参加させていただいた、正法流吉田道場の初級クラス禅10回のみです。

ですから、礼法などの小笠原流が弓道から始まっていたと言う様な事まで、その時に初めて教えていただきました。

そんな私が、「どうして弓道はこれほど、作法に厳しいのだろう?」と素朴に疑問を持ちました。
続きを読む