原因不明の歩行困難 

A様(女性/40歳代)

・8、9年前からだんだんと身体が疲れやすくなり、家族で過ごす休日も一人だけ外出できないような状態になってきた。
・7年前に蜂窩織炎(ほうかしきえん)にて約10日間入院し治療を受け、炎症は治ったものの、足を引きずるようになりリハビリを3~4ヶ月続けて、なんとか日常生活に戻れた。
・しばらくして、人間ドッグの検査でストレス性の不整脈を指摘され、また同じころから咳喘息でも悩まされるようになってきた。
・4年前には左足小指の靴ずれにより1ヶ月以上びっこを引きながら生活していた。
・3年前には引っ越しの際の荷物運びで右腿の裏側に神経的な痛みを感じ、脚をかばってびっこがきつくなってしまった。
・整形外科ではMRIで検査しても特定の原因はわからず坐骨神経痛と診断され、治療は特になかったので、評判のいい整体、カイロ、オステオパシー、と渡り歩いたが症状は改善しなかった。

  
 初めて来所された時は、膝が曲がらず一歩が10cmぐらいしか前に出ないというような痛々しい歩行でしたので、股関節疾患の方かと思いました。
 ご本人が「歩くとふわふわとした感じがします」と表現されているのは、両足とも体重が外側に掛かってしまっているためとわかりました。それは、体重が脚の外側つまり小指側に掛かると甲高で細く長い脚の形になるために、地面をつかむような力の入れ方ができなくなるからです。お話をお聞きするとやはり小さいころから、平均台やスキーと言ったバランス系の運動は不得手だったそうです。
 特に右脚の太ももとスネの捻じれが極端で、これは小さいころからのトンビ横座りが原因だとわかりましたが、さらに蜂窩織炎や靴擦れなどで痛みをかばうような歩行を長期間続けたことが問題を大きくしてしまったようです。
 右足の痛みをかばうために右足に体重を乗せなくなってしまった結果、右脚が長い身体の癖がますます強くなってしまい、右の骨盤が高く押し上げられ、その結果として不整脈と喘息を発症するという礒谷療法の教科書通りの症状が出ていました。
 治療は、脚の捻じれを取り除きつつ股関節・膝関節・足関節の柔軟性の回復と筋力強化、左右の脚の長さの差の解消を目標に通常の運動療法に補助運動、歩行訓練を加えて進めております。
 一回一回の矯正後、右に体重が掛けやすくなり痛みが軽減する一方で、治療の過程で生じる新しい痛み(動かなかった膝が動くようになると固まっていた筋肉が動くことによる痛み等)の変遷を経て歩行がかなりスムーズになってきました。
 ご心配されていた外出やご家族での旅行も楽しまれ、一時は諦めていた症状が大幅に改善し「完治できる気がしてきた」と喜ばれておられます。
 ご本人様からのコメント
 「やはり脚にトラブルがあると世界を狭くして、楽しみからも遠ざかったつらい日々には心も鬱屈させられましたが、最近では気持ちも明るくなりました。初めは駅から治療院までの距離をものすごく遠く感じていましたが、きょうなどはスタスタ来れるようになり夢のようです。また、治療を始めてからぜんそく、不整脈の発作も起こっておりません。とにかく慢性の症状や理由のわからない痛み等にお悩みの方もお奨めします」とのお言葉を頂きました。
 


自己免疫疾患 多発性硬化症

S様(女性/50歳代)

・多発性硬化症

 
 これは自己免疫疾患のひとつで、自分の細胞が自分の神経細胞を攻撃してしまう病気です。
 発症から約1年経過する間に2回入院され、足の筋肉が弱り、坐骨神経痛も発症。まずはつらいその症状を良くしたいという思いで通所していただいておりましたが、最近は神経痛や腰の痛みを訴えられることはなくなりました。この病気の方に共通だと思われる肩と首の緊張も少しづつ取れてきていると思います。また、最初は左足がぶん回し歩行でしたが、それも改善してきております。これからも二人三脚で頑張りましょう。 
 コメントをいただきました。
 「今まで病院のお世話になったことが無い体でしたが、ある日突然、決定的な完治法はないものとされている自己免疫疾患系の厄介な病気になってしまいました。良い健康療法を探していた時、普通の整体と違って根本から治すことが出来ると言う礒谷療法を、友人の紹介で知りました。股関節の歪みが身体に悪いと言う事は知っていましたが、股関節が歪むと背骨が歪み、内臓、特に肝臓腎臓が圧迫され負担がかかり、強い筋肉疲労など色々な症状が出てきたのもこれが原因だったと分かりました。 先生は幅広い知識をお持ちなので、病状に合った説明を分かり易くお話して下さり、具体的に毎日の生活の過ごし方や、病状に良い・悪い食べ物を教えて下さり、それぞれを無理なく取り入れやすくアドバイスしていただいたことも役に立っております。こちらの整体院の礒谷療法を取り入れて生活していき、とても体調が良くなってすっきりした日が多くなってきました」 
 

 
臨床例2<<>>臨床例4 

先天性股関節脱臼 臼蓋形成不全 側弯症

A様(女性/50歳代)

 私は逆子で生まれたのですが、歩きはじめてからも歩行に関してはあまり問題なく過ごせていたこともあり、また私が生まれたのはとても田舎で近所に病院もなかったので、ちゃんと病院で受診したのは11歳になってからのことでした。そこで初めて先天性股関節脱臼だと告げられました。
 その後は、びっこを引くことはあったものの普通に生活し、二人の子供にも恵まれました。しかし、38歳ごろから股関節に痛みがではじめて、歩くのが厳しくなりはじめたので整体などに通い、痛みをやわらげて過ごしておりました。
 43歳の時に久しぶりに整形外科を受診しましたが、この時に初めて臼蓋形成不全であることを知りました。
 それからもしばらくは整体に通い、なんとか過ごしてはいましたが、だんだん整体でも痛みがやわらぐことがなくなり、49歳の時にまた病院を訪れると、脚の左右差を解消するために補高靴の使用を勧められました。
 外では補高靴、室内では補高サンダルを履くという生活は、初めは歩きやすく良いような気がしたのですが、4年ぐらいたつうちに脚の長短差がだんだん大きくなり、自分で足の爪が切ることができなくなり、そしてついに左足が前に出なくなってしまいましたが、病院では痛み止めが処方されるだけでした。

 
 A様は先天性の股関節脱臼のために左右の脚にの長さの差が生じてしまい、脊柱に側弯症があります。この側彎により、歩きのアンバランスがが脚の長短差以上にでている状態でした。
 矯正はもちろん歩行の練習を毎回行い、意識的にびっこを解消するテクニックも身につけていただきました。
 不安がなくなり距離が歩けるようになったのは側弯も少し改善したからと思います。
 体温も35.6℃ぐらいだったのが36.5℃ぐらいまで上昇し、精神的にも安定しているというのが非常にいいと感じています。また、体温が上がることにより身体の代謝が全体的に向上したため、運動により脂肪がうまく燃焼して体重が減ったのだと思います。
 お忙しいようで、ご自宅で矯正の体操の時間が取れず習慣にならないのが残念ですが、それでもこれだけ改善していることに更なる伸びしろを感じています。