安保教授の言うガンの3つの原因。

posted in: 礒谷療法・MBM | 0


 安保先生は2016年にご逝去されましたが、先生は免疫学がご専門で新潟大学の教授をされながら、たくさんの本を出版され、昨今の薬は怖い物であるという警告を発信されていました。

 以前にも紹介しました「クスリは飲んではいけない!?」(船瀬俊介著 安保徹先生推薦 徳間書店刊)にも紹介されている先生の文章を読んで改めて、ガンの3大原因と言う記述をみつけましたが、これはがんだけではなくて多くの他の疾患にも共通ではないでしょうか?

 それは・・

  1. 働き過ぎ
  2. 考えすぎ
  3. 薬の飲み過ぎ

 いかがですか?

 ①は多くの現役世代の殆どの方が該当するのではないかと思いますが・・・。
 ご来所くださる会社勤めの患者様のお話を聞くと、それだけハードで良く生活されているなと思うことがしばしばあります。

 では、この問題をさらに掘り下げてみると、この①働き過ぎによる問題点とはいったい何でしょうか?

 結局『副交感神経優位になる時間が無さすぎる=ストレス過多』という事に行きつくのではないでしょうか?
 
 食事を作ってゆっくり食べる時間が無い。
 散歩をする時間が無い。
 趣味のことをする時間が無い・・・等々。

 そしてそれが、気持ちを切り替えられずに②の考えすぎにもつながっていくし、運動や食事で生活習慣を変えたいけど時間が無いから取りあえず薬、と問題の③にもつながり易くなってしまうのではないでしょうか?

 したがって、問題の解決は『いかに副交感神経を優位にするか』が非常に大事になると思います。

 音楽を聴く、絵を描く、おしゃべりをする、趣味に没頭する、寝るのも大事ですが、そこはバランスで受動的ではなく自分から働きかける何かに時間を使い、楽しい時間を作る事によりリラックスをする、思考にとらわれていない時間を作る事により副交感神経は優位になります。

 温かいお風呂に入る。

 身体を温める事は非常に大事です。
 休日にはぬるめのお風呂で長湯をしてみましょう。
 私は漫画を持ち込んで至福の時を過ごしています。

 軽い運動をする。

 バスの停留所1つ分を歩くなど、忙しくても出来る工夫を見つける。

 そして、体の歪みを取り除く!!

 体の歪みは体へのストレスに他なりません。

 体の歪みは神経の圧迫、血流の阻害など百害あって一利なし!!

 時間が無い人ほど、ベースとなる体をしっかりと整えましょう。
 そして、仕事中の姿勢や体の使い方で体がダメージを受けない様に気を付けて生活できるような習慣作りも非常に大切です。

 

例えば、当所でお勧めしている『紐で脚を結んで寝るストレッチ』などは寝ている時間を有効に活用できるので、忙しい人には最適の健康法です。

 忙しいからこそ、気を付けて元気にお過ごしください。

 がん治療の方も通うのは免疫力を底上げするのは自分の身体だから 礒谷療法ベースの整体院  杉並区・西荻窪 小金井
     鴨下療法所 

 Dr. Abo passed away in 2016, but while he was a professor at Niigata University specializing in immunology, he published many books and warns that medicines these days are scary. Was being sent.

I also read the text of the teacher who was introduced in the previous article, “Don’t drink medicines!?” I found it, but isn’t it common to many other diseases, not just cancer?

that is··

  1. Overworked
  2. I think too much
  3. Drinking too much medicine

How is it?

I think that most of the many active generations are applicable to ①, but …
Listening to the patients who work for us at the office, I often think that they are living so hard and well.

Looking deeper into this problem, what is the problem of (1) overwork?

▽Isn’t it that you end up with “too much time to gain parasympathetic dominance = too much stress”?

I don’t have time to cook and eat slowly.
I don’t have time to take a walk.
 I don’t have time to do hobbies…etc.

And that can lead to over thinking of ② without being able to change my mind, and I want to change my lifestyle by exercising or eating, but since I don’t have time, I can easily connect to problem ③. it might be?

Therefore, “how to make parasympathetic nerve dominant” is very important for solving the problem.

It’s important to listen to music, draw pictures, talk, immerse yourself in your hobbies, and sleep, but it’s not balanced and passive. Yes, parasympathetic nerves dominate by making time out of mind.

Take a warm bath.
 It is very important to warm your body.
 Let’s take a long bath in a lukewarm bath on a holiday.
 I bring manga and have a blissful time.

Do a light exercise.
Find a device that you can do even if you are busy, such as walking one bus stop.

And remove the distortion of the body! !!

 Body distortion is nothing but stress on the body.

 Body distortion has no harm because it causes nerve damage and blood flow obstruction! !!

The more time you have, the better your body should be.
Also, it is very important to make a habit so that you can live with care so that your posture and how you use it during work do not damage your body.

 For example, “Stretch to tie the legs with a string to sleep” that we recommend is a good health method for busy people because it makes effective use of sleeping time.

 Because you are busy, please be careful and have a good time.

It is your body that boosts your immunity even if you are going to treat cancer, because it is your body that is based on Isotani therapy Suginami Ward and Nishi-Ogikubo Koganei
Kamoshita Therapy Center

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。