胸の高さや大きさの左右差・・・乳がんなどとの関係

posted in: 礒谷療法・MBM | 0

胸の高さや大きさの左右差があるという事は、体が歪んでいるという事の一つの現れです。

「身体の左右差は誰にでもあるもの」
 確かに左右差は殆どの人にあります。

 それは、ほとんどの人の身体が歪んでいるから言える事なのであって、必ずしも正しい状態ではないのです。
 私も以前は「おへそが完全に右に寄っていました」

 この療法に出会うまでは、「内臓だって左右対称じゃないんだから、体だって左右対称じゃなくても、普通でしょ」と気楽に考えていました。

 しかし、この療法に出会い、きちんと矯正を受けて、屈伸運動をしていたら、3カ月もたたないうちにおへそが真ん中に移動してきて、それまでの腰痛が楽になりました。
 そしてその後の臨床経験で、おへそは背骨の歪みと連動して動くという事が分かりました。

 この写真の方のケースでは左の胸が下がっています。
 これは緑色の線で記したように、背骨が右に湾曲しているから起こった歪みです。
 したがって、この方のおへそは背骨と同様に右に動いてしまっていると想像できます。
 これをマッサージや下着の補正で治そうと思っても根本的には何の解決にもなりません。
left
 胸の高さから、この写真の方は上の図のように、左脚が長く、左骨盤が高く、背骨が右に湾曲しているという事が見て取れるので、もし乳がんを発症するとすれば、左胸の可能性が高くなります。
 これは、左脚が長い人の場合、上半身のトラブルは右側で起こるのですが、上半身で1か所だけイレギュラーに起こるのが乳房周辺なのです。

 したがって、もし今乳がんの治療を受けている方、疑いが有る方、遺伝的にご心配されている方でこの様な体の状態に心当たりが有れば、是非体の歪みを取り除く事にもお取組み頂きたいと思います。

 すでに治療中の方でも、他の治療と合わせてお取組みいただけます。

 体の歪みを取り除くと、血流が良くなり、神経、乳腺への圧迫が取り除かれ、自己治癒力が最大働いてくれるようになります。

 礒谷先生曰く「身体は本来、万病を治す特効薬の製造工場である!」

 体の歪みから胸の高さ、大きさなどの左右差も解消できる礒谷療法ベースの整体院 杉並区・西荻窪   鴨下療法所
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。