血液がサラサラ流れる3つの条件

posted in: お知らせ | 0

 脳梗塞や心筋梗塞は怖いですよね。そうした疾患が起こらないようにするためには血がサラサラな状態が良い事は皆さんご存知だと思います。今日はその血が流れるためのポイントを3点に絞って書いてみます。

 1、血液循環が良い事・・・私の仕事の部分ですから一番に持ってきました。股関節に左右差があると骨盤が歪み、背骨が歪みますが、この歪みを作っているのが筋肉の緊張です。この筋肉の緊張は血管も圧迫しますから、筋肉が縮んで硬くなればなるほど血流は悪くなります。内臓器官に問題が無く起こる高齢者の高血圧もこれが原因です。したがって、体の歪みを取り除き筋肉の硬いところが無い状態を目指しましょう。肩こり、腰痛は身体からのサインなのです!

 2、血液量が十分である事・・・血液の実に90%が水分です。蒸し暑くてたくさん汗をかいた時などは特にしっかりと水分補給をしましょう。ただ水分を取り過ぎると身体を冷やしてしまいますから適量、それもちょびちょび摂取して体を冷やさないようにすることも大事です。私が患者様にお伝えしているのは西勝造先生の「お小水の色を見て、常に透明になるように水分を取りなさい」と言う目安です。人はそれぞれ年齢も仕事も環境も違いますから「1日2ℓ取らなければいけない」などと言うよりよほど合理的で分かり易いのではないでしょうか?

 3、血液の質が良い事・・・これはやはり食事ですね。バランスがいい食事が何より大切だと思います。最近は肉食の必要性も良く言われていますが問題は脂質です。動物の油は融解温度が高いので人間の体温では油を溶かすことが出来ないので体にとっては完全に異物ですし、血液の粘度が上がってしまいます。対して青魚などに含まれるEPAやDHAは逆に血中のコレステロールを除き、粘度を下げる働きをしてくれます。また、食物繊維を多くとり腸をきれいにすることも血をきれいにすることにつながりますから、しっかり野菜も食べましょう。さらに、砂糖はコレステロール値をグンと引き上げますから控えましょう。
 
 血液がサラサラ流れてくれれば、栄養や酸素が身体のすみずみまで届きます。そうすると体は少々の問題も自分で解決してくれるのです。 蛇足ながら血液で運ばれる酸素も姿勢が悪ければたくさん取り込めなくなるりますから、良い姿勢は健康生活にとても重要なのです。
 
 体の歪みを取り除き暑い夏も健康に過ごせるお手伝いが出来る整体院 杉並区・西荻窪 鴨下療法所