スマホを見る姿勢でストレートネックが起こっている?


少し前のテレビの情報番組の「肩こり」特集で、❓な個所が目につきました。

 まず、そもそもストレートネックになる原因は、スマホなどを顔を突き出して見ているからだ、と説明していました。

 確かに顔を前に突き出すことも原因の一つですが、その起こるメカニズムは単に顔を前に出すからだけではありません。

 

それは、私たちの身体は、重力に負けずにしっかりと直立するために下半身が強く作られているので、その影響が非常に大きく、上半身の歪みはほとんど下半身の歪みに付随して現れるのです。

 脚の筋肉は体の中で一番強いし、骨盤は体の中で最大の骨、股関節は最大の関節、大腿骨は最長の骨と言う具合です。

 骨盤が赤矢印のように後方に寝てしまうO脚猫背、この後ろに引っ張る重さに対して顔が前に出て前後の重さのバランスを取るわけです。

 そして骨盤の後傾により腰椎(腰の背骨)の前側への湾曲がなくなるために、身体全体の生理湾曲がなくなる結果が頸椎のストレートネックと言われる状態を作ってしまうのです。

 決して、首の状態だけでストレートネックが形成されているわけではないのです。

 番組では、この原因の取違いから『首を下に向けないで1日仕事した時と、いつもの悪い姿勢時を筋肉の状態を筋電図で比較していました。 確かに下を向かないように仕事をすれば首の負担は若干減りましたが、背中の筋肉が疲れたそうです』という結果になっていました・・・(@_@)

 これは、原因を取り違えているから、首だけを前に突き出さないために背中の筋肉でいい姿勢を頑張って作っていたためだと思われます。

 行わなければいけないのは『骨盤を立てる事』なのですから。

 さらに、番組では『ハンモックポジション』という、椅子に座っているときに手を頭の後ろで組んで後ろにのけぞる体操も勧めていましたが、これもその時は楽になるでしょうが骨盤の位置の意識が無ければ帰って骨盤を後傾して状況は長い目で見ると悪化してしまいます。

 いい姿勢は骨盤の正しい位置が決定すのです。
 そして、良い骨盤の位置は脚の筋肉が決定するのです。

 良い姿勢を根本から作れる礒谷療法ベースの整体院  杉並区・西荻窪 小金井 鴨下療法所 
 
 
I noticed some ❓ points in a special issue on “stiff shoulders” in an information program on TV a while ago.

First of all, I explained that the reason why I got a straight neck was because I was looking at my smartphone with my face sticking out.

Certainly, pushing the face forward is one of the causes, but the mechanism that causes it is not simply to put the face forward.

 It means that our body has a strong lower body in order to stand upright without losing gravity, so the effect is very large.

 The leg muscles are the strongest in the body, the pelvis is the largest bone in the body, the hip joint is the largest joint, and the femur is the longest bone.

 The pelvis lays backwards as shown by the red arrow, and the O-legged back, and the weight that pulls behind this makes the face appear forward and balances the front and back weight.

And because the lumbar spine (lumbar spine) does not curve to the anterior side due to the backward tilt of the pelvis, the result is that there is no physiological curvature of the entire body, creating a condition called a straight neck of the cervical spine.

 Never, a straight neck is not formed only by the condition of the neck.

In the program, due to the mistake of this cause, “I was comparing the condition of the muscle with the EMG when I worked for one day without turning my neck down and when I was in a bad posture. ▽ Certainly, if you work so that you do not look down, the burden on your neck has decreased slightly, but your back muscles seemed to be tired.”…(@_@)

 This is probably because I was trying to make a good posture with my back muscles so that I couldn’t just stick my neck out, because I was confusing the cause.

What you have to do is to “build your pelvis.”

Furthermore, in the program, I also recommended gymnastics called “hammock position”, which is when you are sitting on a chair, with your hands behind your head and leaning back, but it will be easier at that time, but consciousness of the pelvis position Without it, the pelvis will tilt backwards and the situation will worsen in the long run.

 A good posture is determined by the correct position of the pelvis.
Then, the leg muscles determine the position of the good pelvis.

Isgai therapy-based manipulative clinic that can make a good posture from the ground Suginami Ward, Nishi-Ogikubo Koganei Kamoshita Therapist

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。