左を向いた横向き寝で喘息がひどくなる?

posted in: 礒谷療法・MBM | 1

 今朝も自転車で通勤してくる途中の公園では多くの方がウォーキングやジョギングをされていました。
 コロナウィルスの影響での運動不足解消、ストレス発散が目的と思いますが、上の写真からも、分かるように左向きで寝ると右の股関節が開いてしまいます。

 大また歩きやランジトレーニングを指導など受けずにやられているのではないかな?と言う方を何人かお見かけしました。

 脚を開く事は良い運動に思えますが、バランスを崩し易いのでお勧めできません。
 脚の筋肉において、股関節を開く筋肉の方が閉じる筋肉より強い事と、多くの方に左右脚の筋肉のアンバランスがすでにあることが理由です。
 
 
 

さて本日のお題は、コロナウィルスの症状が重篤化しやすいと言われる喘息ですが、寝方でも症状に影響がある、と言うお話です。

 
 以前、画家の横尾忠則画伯がご自分の健康観について書かれている本を読んでいましたら、私の記憶ですが

『左横向きで寝ると、とてもひどいぜんそくの発作が起きるのを経験から知っていた』

と言う様な事を書いていらっしゃいました。

 さすが、感性が有る方はこの様にご自分の体の状態を観察され、法則にまで導かれるのだと感心いたしました。

 と言うのも、礒谷公良先生は『右脚の股関節が開くと呼吸器、循環器にトラブルが起こる』と身体と疾患の関係まで約70年前に発見されていますが、まさに、この左横向き寝は、上になった右脚が開き、左肩が前に出てしまうので左上半身の緊張が高まるのです。

 
right kata1

 上の写真からも、分かるように左向きで寝ると右の股関節が開いてしまいます。

 つまり横尾画伯が喘息を起こされたのは、右の股関節を開いたからにほかならないのです。

 これと似た事例なのですが・・・。

 礒谷療法中野本部に勤務していた時に、ある勉強に来られていた方が「私はパニック障害が有るのですが、電車に乗っていて進行方向側に右脚が有る状態、つまり進行方向の右の座席に座っていると発作が出ない、と言う法則を発見したのですが、その理由が礒谷療法を勉強して初めてわかりました!!」と喜ばれていらっしゃいました。

 この事例も同様に右脚が開くことにより、体の歪みがきつくなりパニックを起こされたのです。

 簡単に図示しますと・・
 右脚の股関節を開く⇒右脚が長くなる⇒右の骨盤が高くなる⇒右の骨盤が高いので左に体重がかかってしまう⇒ますます右脚が開く⇒ぜんそくやパニックの発作が起きる

 これは、股関節が起点となり重力の影響で起こる体の歪みが、あらゆる健康問題と密接に関係していることの証明なのです。

 したがって、ぜんそくがある方は出来ればあお向け寝、横向きが良いなら右向き寝を習慣にしてみてください。
 また、寝ている間の股関節転位を防ぐには脚の紐結びが最高ですよ!!

 体の歪みと疾患との関係性をこれほどはっきりと説明している療法がほかにあるでしょうか?

 
     体を整えるのは力学的・科学的理論の礒谷療法ベースの整体院  杉並区・西荻窪  鴨下療法所

 When you sleep, your right hip opens.

A lot of people were walking and jogging in the park while commuting to work this morning.
The goal is to eliminate exercise deficits and release stress due to the effects of coronavirus. Isn’t it done without receiving it? I saw some people saying,

Opening your legs seems like a good exercise, but it’s not recommended as it can easily break your balance.
で す In the leg muscles, the muscle that opens the hip joint is stronger than the muscle that closes, and many people already have an imbalance in the muscles of the left and right legs.

Nowadays, the symptoms of coronavirus are said to be more serious, but asthma also affects how to use the body such as how to sleep.

In the past, if painter Tadanori Yokoo had read a book about his view of his health, I remember

“When I slept left sideways, I experienced a very terrible asthma attack.

As expected, those with sensibilities observed their physical condition in this way and were impressed that they were led to the laws.

The reason is that Professor Yoshiyoshi Isotani discovered that the relationship between the body and the disease was about 70 years ago, saying that “opening the hip joint of the right leg causes troubles in the respiratory and circulatory organs”. When lying down sideways, the upper right leg opens and the left shoulder comes forward, increasing the tension in the upper left body.
right kata1

That is, Yokoo’s asthma was caused only by opening his right hip joint.

It’s a similar case, but …

When working at Isogai Therapy Nakano Headquarters, one of the students who came to study said, “I have a panic disorder, but I am on a train and have a right leg on the direction of travel, that is, the direction of travel I discovered that there was no seizure if I was sitting on the left seat of the, but I learned the reason only after studying Isogai therapy! ”

In this case as well, the opening of the right leg caused severe distortion of the body and panic.

Simply illustrated …
Open the hip joint of the right leg ⇒ The right leg becomes longer ⇒ The right pelvis becomes higher ⇒ The right pelvis is high and it takes weight on the left ⇒ The right leg more and more opens ⇒ Asthma and panic attacks occur

This is proof that the body strain caused by gravity from the hip joint is closely related to all health problems.

Therefore, if you have asthma, make it a habit to sleep on your back if possible, and if you are good on the side, make it a habit to sleep right.
Also, tying the legs is the best way to prevent hip dislocation while sleeping! !

Are there any other therapies that explain the relationship between body strain and disease so clearly?

 The body is prepared by the Isogai therapy-based manipulative clinic based on mechanical and scientific theory Suginami-ku / Nishiogikubo Kamoshita Therapy Studio

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。