たいした負荷ではなかったのに前十字靭帯断裂?

posted in: スポーツ, 膝関節 | 0

 前十字靭帯、スポーツ等で事故の多い靭帯です。この靭帯の働きはスネと太ももの骨がずれない様にする事なのですが、サッカーやバスケットなどで急激なターンを行った際やコンタクトなどの外圧による負荷がかかった時に断裂が起こります。
 そして激しいスポーツを続けるためには手術が一般的な治療になります。

 私が今日お話ししたいのは、そうした手術後のリハビリ中の方や、それほど激しく運動をするわけでもないので保存療法を選択した方のなかでも、前十字靭帯断裂をそれほどの負荷でもないのに起こされた方のケースです。
 私はそうした場合の多くは、体の歪みによる少しづつのストレスの蓄積で起こる可能性が高いと考えています。
 したがって通常の脚全体を鍛えるようなリハビリより、そのストレスになった原因の筋肉の影響を弱める事と、それに対抗するための拮抗する筋肉のトレーニングに特化したものが効果が高いのではないでしょうか?

 脚にまつわる事故のほとんどのケースで股関節の転位が関係しますが膝関節がらみでは必ずと言っていい程影響を受けています。それは股関節周りの筋肉は非常に強力で、股関節と膝関節の二つの関節をまたいでいる筋肉も多いからです。こうした筋肉のアンバランスの影響はスポーツの時だけではなく、歩く、座る等日常生活すべての動作にも関係していますから、当所では筋トレ以外にもいろいろうるさく(>_<)指導しております。    スポーツ障害も根本から改善する礒谷療法ベースの整体院 杉並・西荻窪 鴨下療法所